挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
杜坂東の事情 作者:おかつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/23

第2話 後日談

あの一連の件の後。俺は白鳥さんに、銀河は警察に連絡をしてきてもらった。
白鳥さんはグラウンドに来るやいなや、真梨恵の様子を見てほっとした様子で駆け寄り、真梨恵を抱きしめた。
警察は、グラウンドに埋まっていた人骨を見て驚きを隠せない様子だった。
「これ、本当にここに埋められていたのかい?」
「はい。恐らく、昔『人体実験』に使われた子供達の骨だと思います」
「その可能性は大きいだろうね……。鑑識に回して調べてもらうよ。もう遅いから、君達はもう帰りなさい。……あんまり見たくないだろう? 人の骨」
警察からの言葉に、俺は「そうッスね」と返すしかなかった。


家までは、白鳥さんに送ってもらった。その道中、真梨恵は色々と疲れたのか眠っていた。
銀河も相当体力を使ったのだろう。真梨恵と同じく眠っている。
「……『人体実験』の事だけど」
ふと、白鳥さんが話し始めた。
「実は私、『人体実験』が行われていた学校の事、よく知ってるの」
「それは、白鳥さんが『研究員側』だったって事ですか?」
俺がそう聞くと、白鳥さんは「ううん」と首を振った。
「……逆よ」
「逆……?」
「そう。私、あの施設に預けられた『実験体』だったの」
「白鳥さんが!?」
思わず驚いたようにそう言うと、白鳥さんは「後ろの二人が起きちゃうわ」と静止した後、続けた。
「けど9歳の時にね、あの施設が『人体実験』を行うための場所だって知っちゃったの。それで、私何人かを連れて逃げ出す作戦を考えたの。その時、一二三君も誘ったんだけど、一二三君はそれを断った。他の子達を置いていけないからってね。……初恋の相手だったんだけどなあ、一二三君。……結局私は、集まった何人かと一緒に逃亡した。だけど、私以外は皆結局捕まってしまった。……私だけが、生き残ったの」
白鳥さんの話に、俺は黙って聞く事しかできなかった。
すると白鳥さんは続けて言った。
「……ありがとう」
「え? それって、真梨恵の事ですか?」
「それもあるけど。……あの子達を、解放してくれてありがとう」
そう言った白鳥さんの目からは、涙が一粒溢れていた。
「……俺は何もしてませんよ。お礼なら……銀河に言ってください」
「ううん。佐藤君にもお礼を言わなきゃいけないわ。貴方があの世界に行かなければ、あの子達はずっと、報われないままだったんだもの」
白鳥さんのその言葉に、俺は何も返せなくなり、そのまま沈黙だけが残った。

-------------------------------------

「ねえ聞いたー!? うちのグラウンドから、人の骨が出てきたんだってー!」
翌日。『はないちもんめ』の噂を持ち込んできたギャルからそんな事を言われた。
俺は「朝っぱらからその話かよ」と返しつつ言った。
「聞いたも何も、発見者だよ。俺と銀河と真梨恵」
「ハア!? 発見者!? あんたとあの真面目君と霊感少女ちゃんが!?」
「……お前さあ、いい加減銀河や真梨恵の事そう呼ぶのやめねえか?」
俺のその言葉も無視して、そいつは根掘り葉掘り俺に聞いてきた。正直答えるのも面倒臭い。

その日は、グラウンドから人骨が出たという話で持切りだった。
グラウンドは暫くの間使用禁止になり、体育の時間は暫く体育館で行われることになった。
もうすぐ文化祭の時期に入るというのに大丈夫なんだろうか。
ふと銀河の方を見る。銀河は何事もなく平然としていた。
支援クラスの神谷先生から聞いた話だと、真梨恵は今日休んでいるらしい。
無理もない。あんな事があった後なのだから。


――ありがとう。


ふと、グラウンドから一二三の声が聞こえてきた気がした。


【第3話へ続く】
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ