挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
杜坂東の事情 作者:おかつ
14/23

丑満時真梨恵の事情 ~御友達~

【作者より】
このお話は『杜坂東の事情』のサイドストーリー、小話的なものです。
読まなくても大体の話は分かりますが、読んでおくと物語がより楽しめる……かもしれません。

尚、今回は終始丑満時真梨恵視点となります

本文は以下から始まります。

-------------------------

「意外な一面もあるもんだな?」
放課後、一連の行動を終え3人が去った後、下校しようと荷物を持って階段を降りると、佐藤君と松伏さんのクラスの副担任である新見尾登弥先生がホールに立っていた。
「……先生、もしかして全部聞いちゃった感じ?」
「全部聞いちゃった感じなんだよねー」
新見先生はそう答えた。
全部聞かれちゃってたんだなー。誰にも見られずにこっそり作戦実行してたつもりだったのになー。
そんな事を考えていると、新見先生はいつもの笑顔で続けた。
「佐藤や松伏……特に松伏だよな。そいつらの為にやったんだろ? 気持ちは分かるけどさー、ちょっとやり過ぎなんじゃ?」
「ううん。やり過ぎじゃないよ。あれくらいしないと、松伏さんまたいじめられちゃう。それだけじゃない。佐藤君や支援クラスの皆だって、何されるか分かんないもん」
「……なあ丑満時。聞いてもいいか?」
新見先生が真剣な顔をしてそう言った。私が「いいよー」って返事をすると、新見先生はこう聞いた。
「あのさ。なんでそんなに佐藤や松伏を守ろうとするんだ? いつまでも一緒にいられるわけじゃないだろう?」
「……そうなんだけどね」
確かに、佐藤君や松伏さんといつまでも一緒にいれる、というわけじゃない。
進む道はバラバラかもしれない。一緒なのは大学までか。高校までか。……それとも中学卒業したらバラバラになってしまうのか。
……あっ、私は通信制高校に行くことが決まってるから、中学卒業したらバラバラじゃん。
……それでも。
「……進路、バラバラになっちゃうけど。それでも、守りたいの。お友達だから。お友達を守るのって当たり前じゃない? だから」
私がそう答えると、新見先生は「そうか」と返した。
「……まあ、あまりやりすぎるなよ? 後々面倒な事になるからな」
「はーい! 気を付けまーす!」
私がそう手をあげながら返すと、新見先生は「それとあまり帰り遅くなるなよー」と言ってその場を去って行った。

新見先生がその場を去った後、私は少し考えてから、口を開いた。
「……ねえ。『坂杜様』もそう思う?」
すると、私の目の前に『坂杜様』が現れ、「なんだ」と返した。
「貴様、私の存在に気づいておったか」
「佐藤君じゃないもん。『坂杜様』の気配、ちゃんと気づいてるんだよー?」
「ハッハッハ。流石霊感少女だなあ?」
『坂杜様』は笑ってそう言った。
「っていうか、ちゃんと私の質問に答えてよー」
「おっと、すまぬ。……ふむ、そうだな」
『坂杜様』は暫く考えると、再び口を開いた。
「……正直、私も新見と同じだ。そもそも、私にはそこまでして友を守ろうとする貴様の気持ちがわからぬ」
「……『坂杜様』なのに?」
「私がここを守っていたのは、それが私の『使命』だからだ。貴様が友を守ろうとする気持ちとは別物だ」
「……ふーん」
私はそう返して、「じゃ、私帰るね」とホールを後にした。

お友達だから、どんなことをしても守るのは当然。
だけど、中にはそう思わない人もいるんだなー。
……『坂杜様』は仕方ないのかもしれないけど。
「……難しいなあー、人間って」
私は下校しながら、そう呟いた。

【丑満時真梨恵の事情 ~御友達~ 完】
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ