挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名探偵シャルロット=フォームスン物語 ~ミスターカボーチャ現る~ 作者:光太朗
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/3

そして、

「ミスターカボーチャ……特に噂は聞かないわね」
 探偵社にいては、なにも解決しない。
 エリスンはもこもこの毛皮コートを着込んで、ロンドド市民の憩いの場、ロンドド公園へ訪れていた。
 背後には、再び積み上げられたカボチャタワー。荷台を使い、探偵社から運び出したのだ。ここはオーソドックスに、おとり大作戦。
「聞かないな。すでに何人かが被害に遭っているという話だが。そもそもカボチャを盗むカボチャというだけで、十分に噂になると思うがね」
 もちろん、シャルロットも一緒だ。
 しかし彼は、上着を着ていなかった。
 代わりに、装着していた。
 頭と──肩と腰回りと、腕と足に。
 カボチャを。
「……そうね」
 エリスンは半ば悟りを開いて周囲を眺める。ひそひそとささやきながら、明らかに遠巻きに見られている。
 まさに噂になっている真っ最中だ。
「自分がカボチャまみれになる以外に、なにか手はなかったの?」
 無駄な問いだとわかりつつも、聞いてみる。目と口にあたる部分がくり抜かれたカボチャの頭が、小さく揺れた。おそらく笑ったのだろう。
「有名なこの言葉を、知らないのかな、エリスン君。『カボチャはカボチャを呼ぶ』──」
「知らないわ」
 もうホラーの域だ。いまこの場を目撃してしまった人々にとってはすでにホラーだろう。確実に、夢に、出る。
「おとなしく、情報収集しましょうよ、シャルロット」
 ただただ、視線が痛い。大量のカボチャがあればそれですむものを、なぜこの上司は、カボチャに扮しているのだろう。
「ね? このままじゃ通報、連行、拘束のコンボよ。いやでしょう?」
 子どもを諭すように、優しくいう。
「ふむ、それは勘弁願いたいな」
 あっさりと承諾し、頭に手をかけた。引き抜こうと、力を込める。
 まさにその瞬間だった。
「──ファンタスティック・カボーチャ!」
 突然、高らかな声が響きわたった。
「な……!」
「何者だっ」
 エリスンとシャルロットが、とりあえずそれっぽく叫ぶ。
 声は、こちらを遠巻きに見ている人垣の中から聞こえてきた。かき分けるように姿を現し、聞こえなかったと思ったのか、ご丁寧にもう一度、
「──ファンタスティック・カボーチャ!」
 繰り返す。
 声の主は、カボチャだった。
 シャルロットに負けず劣らずの、カボチャっぷりだ。
 スーツ姿の上に乗っているのは、シャルロットよりもいくらか自然なカボチャ頭。肘と膝にも小振りなカボチャをつけている。
 不審者以外の、何者でもない。
「く……っ」
 目の前に躍り出たカボチャ男に、エリスンは思わず身を引いた。
 まさかシャルロット以外に、こんなカボチャがいようとは。
 おそらく彼こそが、ミスターカボーチャなのだろう。三人もいてはたまらない。
「まさに……計画通り! どうぞ初めまして、ミスターカボーチャ」
 どんなときにでも物怖じしない名探偵が、悠然と右手を差し出す。
 しかし、ミスターカボーチャは、その手を握り返すことはなかった。
 躍り出た彼は、そのまま踊り続けていた。
「──チャッ、チャチャチャ、カボッチャ!」
 抜群のリズム感だ。
 ただものではない。
「見られてる……見られてるわ……!」
 ロンドド市民のみなさまの視線が、これでもかと突き刺さる。カボチャを直視するのははばかられるのか、二人のカボチャよりもむしろ見られている気がする。エリスンはどうにか他人を装おうとした。逃げられるものなら、逃げたい。
 しかし、人垣はあまりにも遠かった。つまりそれだけ遠くから見物されているのだ。
「君がミスターカボーチャだな。さあ、なぜカボチャを誘拐するのか、理由を聞かせてもらおうか」
 シャルロットは、いつだってシャルロットだ。珍妙な格好にも関わらず、胸を張って堂々と、ミスターカボーチャに問う。
「カッ、モン! カモーン! ッチャ!」
 ミスターカボーチャは、あくまでリズムを崩さない。
 シャルロットは深くうなずいた。カボチャの頭を誇らしげに揺らし、正面からミスターカボーチャと対峙する。
 両膝を曲げ、尻をつきだし、手を広げると、叫んだ。
「カッボーチャ!」
 その瞳がエリスンをとらえたので、流れるように自然に、エリスンは目をそらした。求められている。気づかないふりをして、さらに数歩下がる。
「ッチャ、ッチャチャ、カッボーチャ!」
「カボーチャ、カボチャカボチャ、カボチャッチャ」
 ごく真剣に、カボチャ語を操るシャルロット。
「カボーチャ?」
 ミスターカボーチャが、何事かを問う。
「カボーチャ」
 シャルロットは、首を縦に振る。
「カッ、ボー、チャ──!」
 ミスターカボーチャは飛び上がると、空中で一回転をした。おお──野次馬の皆さんから、拍手が巻き起こる。
 そしてリズムは変えないまま、一歩、また一歩とうしろへ下がるようにして、その場から遠ざかっていき──
 やがて、人垣の中に、消えた。
 訪れる沈黙。
「……厳しい、戦いだった」
 シャルロットが、カボチャの額を拭う。その背後で、エリスンが悲鳴をあげた。
「シャルロット!」
 鬼気迫る声だ。何事かとそちらを見て、シャルロットも気づく。
 いつの間にか、カボチャタワーを形作っていた大量のカボチャが、一つ残らずなくなっていた。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ