挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名探偵シャルロット=フォームスン物語 ~ミスターカボーチャ現る~ 作者:光太朗
1/3

はじまって、


「どうしよう……どうしよう」
 少年が、泣いている。
 地面に膝をつき、両手で顔を覆って、泣きじゃくっている。
「泣かないで」
「なかないでよ」
 彼よりはいくらか小さい二人の少年が、慰めるように背中をさすっていた。彼らも、いまにも泣きそうだ。
「大丈夫だよ、兄ちゃん」
 一人がいった。
「そうだんしようよ、にいちゃん」
 もう一人も、いう。
 そうだ──三人は、うなずき合った。
 きっと、父さんなら、なんとかしてくれる。





「ふむ」
 ロンドドにも、冬が訪れようとしていた。
 郊外に建つモダンなアパートメントの二階には、名探偵在中の看板が提げられている。その名も、フォームスン探偵社。
 社長であるシャルロット=フォームスンは、このあたりではちょっとした有名人だ。
 金色の髪に知的な瞳、すらりとした体躯──黙っていれば美形の部類に入る彼は、その外見で有名になっているわけではない。
 かといって、名探偵と自称する頭脳によって名を馳せているというわけでも、ない。
 いや、惜しい。
 頭脳に原因があるのは、間違いない。
 ただし、ベクトルは名探偵とは逆方向へ毅然と伸びる。
「これは……カボチャだな」
 名推理しました風に瞳を光らせ、シャルロットはいった。
「ええ、カボチャね」
 慣れた様子で、助手のエリスン=ジョッシュがさらりと肯定する。午前のおやつを求めてスタンバっているシャルロットのもとへ、まずはコーヒーを運んだ。
 週間ゴージャスを愛読するエリスンは、めざせプチプラゴージャスレディの美人だ。長いブロンドはいつだって輝いている。常識人を装ってはいるが、シャルロットと長年共にいられる程度には常識がない。
 エリスンは、シャルロットの目線を追った。眉根を寄せ、ため息をつく。
 カーペットに敷かれた布の上には、シャンパンタワーのように積み上げられたカボチャがあった。いまにも天井に届きそうだ。一段目が十、最上段は、一。見事な三角形。
「つまり、全部で……」
 名探偵の脳内で、計算式が踊り出す。
「……たくさん、あるわけだな」
 踊っただけで終わった。計算式、解散。
「実はまだ、ほかの部屋にもあるの。安かったから、思わず段ボール五箱買っちゃったんだけど、ちょうどキャサリンさんとジョニーさんも差し入れだって持ってきてくれて」
「なるほど」
 シャルロットはうなずく。すべてをわかったような顔でうなずくときの彼は、だいたいなにもわかっていない。
「食べれば問題ないな。なあにエリスン君、君の料理の腕なら知っている! じゃんじゃん持ってきたまえ!」
 すでに首に巻かれているエプロンを、得意げに叩いた。名探偵は空腹中だ。
「いわれなくても、いまから食事はぜんぶカボチャづくしよ。おやつもね。──どうそ、シャルロット」
 エリスンは、できあがったばかりのおやつを差し出した。
 ほくほくとおいしそうな湯気の下、一口大に切られたカボチャが黄金色に輝いている。
「これは……なにかな?」
「カボチャよ」
「うむ」
 名探偵はうなずいた。見たままだ。さすがに、推理するまでもない。
「カボチャの……なに、かな?」
 ちょっと不安になってくる。エリスンは真摯な瞳で、料理名を告げる。
「カボチャ・オ・ニタモーノよ」
「カボチャ、を、煮たもの?」
「カボチャ・オ・ニタモーノ」
「それ以上でも、以下でもないと」
「イカではないはね」
 素材の味を最重要視。
「では……いただこう」
 ごくりと喉をならし、シャルロットはフォークでカボチャを刺す。
 口に運んだ。
「これは……! なんという、想像通りの味!」
 カボチャだった。
「夕食も、これよ」
「はっはっはっ、それは楽しみだなあ」
 いま話題の逆新感覚メニュー、カボチャ・オ・ニタモーノ。
 材料は、カボチャと水だけ。
 誰が作ってもブレない味わいは、料理初心者から絶大な支持を受けている。
「おかわりは、あるのかな?」
「あるわよ、いくらでも」
 なんといっても、カボチャタワーが完成するほどだ。シャルロットは上機嫌で、あっというまに皿を空にしていく。
 まさに、最後の一つが口に放り込まれた、そのときだった。
「素晴らしいわ!」
 バターンと扉を開け放ち、メガネマダムが現れた。
 メガネマダムは、つかつかとカボチャタワーに近寄ると、上から下まで観察する。
「このフォルム……この色味……! あえていうなら……そう、素晴らしい!」
 二度いった。
 手にはファー付きのロングコートを携えている。巻かれた赤毛は肩より上で品よく整えられ、美意識の高さを思わせた。
「初めまして、名探偵シャッロット=フォームスン。窓からカボチャが見えたもので、つい勝手に入ってしまいました。わたくしはロルアン=ピージェント。仕事は主に婦人、年齢は今風にいうなら……そう、アラフォーティフォー。よろしくあそばせ」
 一礼してみせる。
 口の中をカボチャでいっぱいにして、シャルロットは微笑んだ。
「はひへはひへ、ほうあんはん」
 いっぱいすぎた。
 フォークを皿に置き、ゆっくりと飲み下す。ついでに、コーヒーを一口。
 エリスンからナプキンを受け取り、口元を拭った。
「初めまして、ロルアンさん。いかにも、私が、名探偵シャルロット=フォームスンです」
 立ち上がり、優雅に一礼する。エリスンが隣に並んだ。
「助手の、エリスン=ジョッシュです。ええと……主婦で四十四歳のロルアン=ピージェントさん、でよろしいですね?」
「よろしいわ。どうぞよろしく。では早速ですけど、依頼のお話を始めても?」
 ロルアンはメガネに手をあててズレを直す。きびきびとした動きに圧倒されながらも、エリスンはソファへ促した。
「これ、よろしければ」
 紅茶と、カボチャを煮たものを差し出す。
「カボチャ・オ・ニタモーノね。いただいても?」
「ぜひどうぞ、たくさんありますわ」
 もりもり食べ始めるロルアンに、目を光らせ、エリスンはお代わりをじゃんじゃん用意する。消費していただけるのならばありがたい。
「で、依頼とは?」
 シャルロットはデスクのイスへ移動すると、ふんぞり返って問いを投げた。
 カボチャに夢中だったロルアンは、失礼と一言はさみ、シャルロットを見る。
 もったいぶるような──あるいはいい淀むような、沈黙。
 やがて、重々しく口を開いた。
「──ミスターカボーチャを、ご存じでしょうか?」
 シリアスな空気で、いった。
 シャルロットは黙る。ちらりと、エリスンを見る。
 エリスンは、きっぱりと首を左右に振った。
「興味はあるが、存じてはいないな」
 正直にいった。多少うずうずしている。なにそれ会ってみたい。
「最近、この町に出没するカボチャです。わたくしは目撃したことがありませんが、突然現れ、カボチャというカボチャをさらっていくのだと聞きます。皆のアイドル、皆のカボチャを拐かすなんて、忌々しい……!」
 ロルアンは白いハンカチを取り出すと、ぎりぎりと噛んだ。よほど憤っていうのだろう。
「最近、この町に……」
 シャルロットは、想像した。
「この町に、出没する……」
 エリスンも、想像した。
「「……カボチャ?」」
 ハモった。
 現れたカボチャがいたいけなカボチャたちをさらっていく姿が、二人の脳内に描かれる。
 ちょっとよくわからない。
 しかし、探偵サイドの困惑をよそに、ロルアンは鼻息荒く身を乗り出す。
「忌々しいとは、思いませんかっ」
 一点に絞られた気持ち。なるほど確かに忌々しいと、二人はとりあえず納得した。
「わたくしは、カボチャを愛しています。ライクではなく、そう……ラブなんです。愛するあまり、カボチャに嫁いだほどです。そのカボチャを誘拐するなんて、許せません」
 メガネの向こうに、涙がにじむ。
 いろいろいいたいことはあったが、あえて一点だけ、シャルロットつっこんだ。
「味か、見た目か……どちらに、愛を?」
「見た目です。あなたは、おいしいという気持ちを、ラブにできるのですか?」
 あの形への思いも、これといってラブにできない。
 のだが、胸を張っていいきられてしまえば、返す言葉もない。
「お願いします。ミスターカボーチャを、わたくしの前に突き出してください。わたくしが自分で、鉄拳制裁を加えたいんです。どうか、わたくしの力になってください!」
「まかせたまえ」
「わかりましたわ」
 涙ながらの訴えに、シャルロットとエリスンは、深くうなずいた。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ