挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~旅する駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/250

24話

 ギルドで聞いてみると、魔物学者というのは何人もいるらしい。
 大まかな特徴を伝えると、すぐに居場所を教えてくれた。
 普通、魔物学者は船の乗組員として、未開の地へ行き、魔物の調査をするというが、アイルが教えてくれた魔物学者は、最近ずっと家に閉じこもり、姿を見せていないらしい。
 ギルドの受付のおじさんが、地図を出して、家の場所を教えてくれた。
 探知スキルを全力で広げると探知範囲内だった。
 ただ、中にいる人は弱っているのか、状態異常になっている様子だ。
「急ごう!」
「はい」
 ギルドを出て、テルに事情を説明しながら魔物学者の家に向かう。
「では、危険な状況もありえるということですね?」
「そうだ。家の中に病魔が蔓延しているとも限らない。即死はないと思うけど、このミサンガつけておいて」
 昨晩作ったミサンガを渡した。
 俺とテルは手首にミサンガを結び、魔物学者の家にたどり着いた。
 家は石造りの平屋で、築年数は相当なものだろうことがわかる。
庭には枯れた畑があり、崩れかけた塀の傍にトイレがあった。
扉を叩くも反応はない。
 探知スキルでは床に倒れている事がわかる。
 魔法陣で扉の鍵を開けた。

 中に入るとむっとした空気が滞っている。
 窓の雨戸が締め切られ、ランプの明りは消えていた。
 暗闇だが、探知スキルのある俺には見えている。
 空気に毒はない。
テルに窓を開けるように言って、家の主のもとに行く。
魔物学者は若い女で、煤けたようなローブを着ていた。
灰色の髪が乱れているが、端正な顔立ちをして、透けるような白い肌が艶かしい。
背は俺と同じくらいか、俺よりも高いが、身体は紙のように薄く、痩せている。

魔物学者の細い腕を掴み、脈を確認する。
かなり衰弱しているようだが、生きている。

俺はアイテム袋から、回復薬を取り出し、魔物学者の身体に少しふりかけ、口が開けられるようなので、口から飲ませた。
「誰だか知らないけど、助かった。うっ、ちょっと待ってて…」
 魔物学者はフラフラと立ち上がったかと思ったら、庭のトイレに駆けていった。
 状態異常は食中毒かな、と考えていたらテルが台所から、カビの生えたパンを持ってきた。
「これを食べていたみたいです」
「腹壊すに決まってる」
 俺は、台所にクリーナップをかけて、テルにはお腹に良さそうなスープを作ってもらうことにした。
 台所の鍋には何やら怪しい物が入っていたので、脇にどけ竈の上に板を置き、IHの魔法陣を描く。
 アイテム袋から、食材と鍋を取り出してテルに渡し、俺は部屋を回りクリーナップをかけていくことにした。
 紙の束が散乱した書斎らしき部屋は、何もせず放っておいた。
 植物をたくさん育てている部屋には、ほとんど動かない魔物が探知できた。
 植物の中に魔物がいるのだろう。
 研究の一種かもしれないので、ここにもクリーナップをかけないでおいた。
 壺の中の水が濁っていたので、取り替え、枯れかけの植物の周りに少しだけ水をやった。
 どのくらい水をあげればいいのかわからないし、あまり水をあげ過ぎると腐る種もいるので、少なめにしたのだ。
 寝室はクリーナップをかけ、アイテム袋から取り出したバ○サンを仕掛け、部屋全体に結界を張った。
 強力なバ○サンは部屋全体を白い煙で覆った。これでダニやノミは死滅しただろう。
 煙が収まってきた頃を見計らい、再びクリーナップをかけた。
 シーツ類は洗濯しようと、その辺にあった桶に水を張り、中に入れた。
 洗剤は前に作った石鹸を使用した。
 柑橘系のいい匂いがする。
 桶の中に小さな旋風を発生させるように魔法陣を描けば、即席の洗濯機の出来上がりだ。
 その桶を持って外に出て、壊れた物干し台を直し、紐を張ってシーツを干す。
 スープを作り終わったテルが、俺を手伝うために外に出てきた。

 2人でシーツを干していると、トイレからフラフラと魔物学者が出てきた。
「す、すまない」
 魔物学者は俺とテルに向かって頭を下げた。
「とりあえず、飯をしっかり食べて、少し安静にしていた方がいい」
魔物学者に肩を貸し、家に入る。
テルはスープの用意をし、魔物学者に食べさせた。
魔物学者は腹が減っているのか、フラフラしながらもしっかり食べていた。
ついでに、ワイバーンの肉を焼いて、出してやると、美味そうに食べていた。
「久しぶりに、人間らしい食べ物を食べた。ありがとう。私は魔物学者のベルサという」
「ナオキだ。害虫駆除をやっている冒険者だ」
「ナオキ様の奴隷のテルです」
 ベルサが自己紹介し、俺たちも自己紹介をした。
「害虫駆除というのは?」
「家にいる虫やネズミなんかの魔物を駆除してるんだ」
 俺の説明を聞いて、ベルサは不思議そうな顔をした。
「それで奴隷を持てるほど稼げるのか?」
「うん、まぁそこそこ儲かるよ。それより、魔物について知りたいんだ」
「うちまで来るくらいだから、そうだろうよ。それで、どんな魔物について知りたいんだ?」
 テルが食後の紅茶を入れている。
 その紅茶を飲みながらベルサが聞いてきた。
「魔物についてなら何でも教えてほしい。海の向こうにはどんな魔物がいるのか、珍しい物も、ありきたりな魔物の生態も、どこに行けば魔物の本が手に入るのかも、全てだ。何も知らずに冒険者をやってしまっていたことに気づいてね」
 俺が説明すると、うんうんと頷きながらベルサは聞いていた。
「なるほど、珍しい奴だな。ナオキは。冒険者なのだから剣や魔法で倒せればいい、と思うのが普通だが、ふむ。そうか」
 飯を食べたからか、血色が良くなってきたベルサは顎を手でこすりながら、自分の書斎に行った。
 書斎の中を漁り、戻ってきたベルサの手には一冊の本があった。
「これは私の師匠である魔物学者が書いた本で、身近な小さな魔物の生態について書かれたものだ。とりあえず、これを読んでみてくれ。他にも魔物の本はいくつか出ているが、この本が一番嘘がない」
 俺は「リッサの魔物手帳」と書かれた本を受け取り、中身をパラパラとめくってみた。
 そこにはマスマスカルやバグローチなど、ここら辺でよく見る魔物がイラスト付きで解説されていた。
 生態系や弱点などの他、何を好むのか、についても書かれており、良書と言えるものだった。
「これは、いい本だ」
 俺は素直に感心した。
「そうだろう。その本は、貸すよ。この街にいる魔物学者のほとんどは、その本に影響を受けた連中だ。船に乗って新種を探そうとする者も多い。新種に賞金を懸ける資産家もいるので、争奪戦になっているな。私はその競争に負けて、家にこもって新しい理論を考えていたんだが…金が尽きてね。食うにも困るような状況に…」
 話しているうちにベルサは徐々に元気を失っていった。
「食べ物と金を俺が出せば、もっと魔物について教えてくれるか?」
「え!?」
 俺の言葉にベルサは驚いたように顔を上げた。
「食べ物と金を出せば、研究は続けられるんだろ?」
「そうだけど…物好きな奴だな、ナオキは。研究に投資しても儲からないぞ」
「それはベルサの研究次第だろ。それに俺の目的は儲けることじゃなくて、魔物について知ることだ」
 そう言って、アイテム袋から、手持ちの金を全てテーブルに出した。
「とりあえず、これで当面は足りるか?」
 金貨にして50枚ほど、5000ノットはあるだろうか。
 ワイバーンの革が結構な値段で売れたので、そこそこ手持ちはあった。
「こ、こんなにくれるというのか?」
「ああ。あとはワイバーンの肉と野菜とかもあるから、置いてくよ。また、明日来てもいいか?」
「もちろんだ」
「それまでに、本を読んでおくよ。シーツが乾くまで、フォラビットの毛皮を使うと良い」
 アイテム袋からフォラビットの毛皮を出して、ベルサに渡す。
「何から何まで、すまない」
「いいんだ。ベルサの研究が進めば。ただし、あまり無理はするなよ」
「わかった」
 俺とテルは、ベルサにお礼を言われながら、家から出た。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ