ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1504DL

地球の破片に一人残された僕の話

あらすじ 祖父から受け継いだ遺産を確認しに訪れた日、僕は「地球の弾け飛んだ日」を体験する事になった。
地球の欠片に一人残された僕は星の創生と言う名のリアル箱庭ゲームのプレイヤーとなり、現実を受け入れ様々な困難に立ち向かう事になる。
これは、僕が書き記した星の創生に関わる物語である。
作者名 磊磊磊落(らいらいらいらく)
キーワード R15 残酷な描写あり  非異世界転生 異世界 ファンタジー 箱庭ゲーム 萌えキャラ ライトノベル 恋愛 妹 オリジナル小説
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2016年 07月29日 01時36分
最新部分掲載日 2016年 08月18日 16時11分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 10pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 30,481文字
N1504DL| 小説情報| 連載(全13部分) | 異世界〔恋愛〕
祖父から受け継いだ遺産を確認しに訪れた日、僕は「地球の弾け飛んだ日」を体験する事になった。 地球の欠片に一人残された僕は星の創生と言う名のリアル箱庭ゲームのプレイヤーとなり、現実を受け入れ様々な困難に立ち向かう事になる。//
N3452DG| 小説情報| 連載(全18部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
核兵器によって汚染された地球の環境が回復するまでの間、人類を別世界に避難する為の装置を開発している父の右腕として働く利根宮凌(とねみや りょう)は、政府から派遣された松永の陰謀により死刑判決を受ける。死刑は粛々と執行され//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ