挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

足が長いから前の席を蹴ってみた

作者:ミルク
足の長く、スラッとした青年の恋と成長と冒険の物語(大嘘)。
三人称視点の異常に足が伸びてしまった青年の悲しい日常の一幕です。面白いです(誇張)。

3話程で完結予定。
太もも(上)
2017/12/29 21:08
くるぶし(中)
2018/01/05 21:40
踵(下)
2018/01/12 23:40
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

新日本警察エリミナーレ

日本のようで日本でない世界・新日本。 そこには、裏社会の悪を裁く組織が存在したーーその名は『新日本警察エリミナーレ』。 ……とかっこよく言ってみるものの、案外の//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 15:09
↑ページトップへ