挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

89/91

89.エピローグ 四日目の終わり


 生徒会長五十嵐十香は頭を抱えていた。

「くそ!くそ!くそっ!なんなのよ!あの化け物は!」

 普段の威厳ある振る舞いも、何もかもかかなぐり捨てて、彼女は苛立っていた。
 知る人が見れば、本当に同一人物かと目を疑っただろう。

 だが、それも仕方のない事だ。
 何せ彼女がこの四日間で必死になって積み上げていたモノ。
 その全てが、僅かな時間で崩壊してしまったのだから。

「あんなの完全に計算外よ!考えていた計画が全部台無しだわ!」

 途中までは順調だったのだ。
 内部に居た裏切り者―――葛木さやかの放ったモンスターの軍勢。
 少なくない被害が彼女達にも出たが、それでもなんとか倒しきるところまでいったのだ。

 それが、あの『黒い狼』の出現で全てが狂わされた。

 あのモンスターの攻撃によって学校は半壊。更に遠吠えによって引き寄せられたモンスターの大軍によって、生徒と避難民に多数の死傷者が出た。
 皆、散り散りとなって逃げた為、連絡は取れない。
 そもそも携帯も何も使えない今、連絡を取る手段が無い。

「万が一の為に、緊急の集合場所は決めていたけど……」

 果たして何人がそこに集まれるか。
 そもそも今の状況下で、冷静に行動できる者がどれだけいるだろうか?
 自分ですらこうなのだ。
 あの眼鏡……いや、宮本副会長辺りならとっくに死んでいてもおかしくない。
 有望株だと思っていた西野や相坂ともはぐれてしまった。
 自分の足元がどんどん崩れていくような得体のしれない感覚に、十香は眩暈を覚える。

「ああもう……どうしてこんな事に……」

 学園の支配者という仮面を取ってしまえば、彼女だって年相応の少女でしかない。
 ここ数日の出来事は、確実に彼女の精神をすり減らしていた。
 もしかしたらこの歳で白髪でも出来るんじゃないだろうか。嫌だ。

「スピーカーはモンスターを呼び寄せるし、一定間隔で電柱や壁にメッセージを書いた張り紙をしておくしかないでしょうね……」

 災害時でも使われる方法だ。
 こういう状況下では、レトロな手段に頼るしかない。
 幸いにして、紙やガムテープはある。
 それを張りつつ、集合場所を目指せばいい。
 モンスターが文字を読めれば終わりだが、流石にそこまで気にしていたらきりがない。

「あーもうっ、イライラするー!」

≪熟練度が一定に達しました≫
≪ストレス耐性がLV2から3へ上がりました≫

「ああ、そうですか!ありがとうございます!ふんっ」

 ポケットから貴重な食料である飴を取り出し口に放り込む。
 レモンの爽やかな風味とさっぱりとした甘さが口の中に広がる。
 大きく深呼吸をし、脳に酸素と糖分を送り込む。
 ようやく少し落ち着いた。

「ふぅー……大丈夫、落ち着きなさい、五十嵐十香。まだ終わったわけじゃない……。私はまだ生きてる。士織も士道も無事……。大丈夫、まだ大丈夫よ……」

 そう、自分に言い聞かせる。
 情報を整理しよう。
 現在、彼女はモンスターの追っ手を逃れ、空き家に身を潜めている。
 同行者は彼女の弟妹と、生徒会のメンバー二人。書記と庶務担当で二人とも女性だ。
 弟と妹は既に就寝、他の二人は交代で見張りを行っている。
 故に先程の彼女の行為を見ている者は誰も居ない。

「先ずは他のメンバーとのコンタクトね。それと新たな拠点の確保……」

 周辺の情報収集、モンスターの駆逐、他の避難所との連絡網の確立、安全圏の確保、それに物資。食料もそうだが、医療品や生理用品も重要だ。
 頭の中を少しずつ整理してゆく。

「そう言えば、あの黒い狼と戦っていた人は誰だったのかしら……?」

 フードを被り、首切り包丁を持った謎の人物。
 十香は少し遅れて食堂に入った為、すれ違いになったが、聞くところによれば、食堂に突然現れ、葛木さやかと戦闘を繰り広げたという。
 相当なレベル、そして強力なスキルを持っているのは間違いない。
 ちなみに、弟妹が誤射をしたという報告も入ってる。聞いた時は、頭が痛くなった。
 あれだけ魔物使いの特徴を伝えたのに、あの愚妹は本当にもう……。

「……なんとか上手くコンタクトを取れないかしら?」

 もしあの人物が協力してくれるなら、相当な戦力になる。
 それに生徒会のメンバーからの報告では、戦いが始まる直前、相坂六花がおかしな行動をとっていたという。
 やはり最優先は彼らとの合流だ。
 それに、それを急がねばならない『理由』もある。

 こうして五十嵐十香は、眠りに就くまで今後の方針を練るのであった。
 ちなみにそのおかげで、『疲労耐性』のレベルが上がったという。




 西野は学校から少し離れた路地裏に身をひそめていた。
 押し寄せたモンスターの大軍。
 それを躱しながら、彼も何とか逃げ延びていた。

「はぁ……はぁ……なんとか撒いたか……」

 壁を背に、ゴミバケツや粗大ごみで身を隠しつつ、息を整える。

「……六花、一体どうしたっていうんだ?」

 脳裏をよぎるのは、独断専行で食堂を出て行った彼のパートナーだった少女。
 一体何があったのか?自分を置いて、果たして彼女はどこへ行ったのか?

「一之瀬が関係しているのか……?」

 思い出すのは彼女がかつて虐めていた少女の名前。
 思えば、校庭での戦闘以来、六花の様子はどこかおかしかった。
 葛木さやかとの戦いの前には、明らかに不審な行動をとっていた。

(どうする?六花を探すか?いや、生徒会長の下へ向かうべきか?そうだ、俺が会長を守らないと……って、あれ?どうして、そう思ったんだっけ?)

 ふと自分の思考に違和感を感じ、西野は首を傾げる。
 一番重要なのは、柴田や大野をはじめとした、彼のグループとの合流だったはずだ。
 なのに、どうして自分は五十嵐生徒会長の事を第一に考えているのだろう?

「……」

 答えは出ない。
 だが、なんとなく奇妙な感じがした。
 まるで自分の思考が上書きされているような―――。

 西野は気付いていなかったが、この違和感は十香の『魅了』の効果が薄れてきているサインでもあった。
 彼女の『魅了』は永続的なものではなく、時間制限があり、刻限が近づくと共にその効果は薄れてゆくのだ。
 それを防ぐために、彼女はスキルの『重ね掛け』を行っているのだが、彼女と逸れた今、彼の思考は普段の状態に戻りつつあった。
 それは彼にとって『幸運』と言えるだろう。

「ギギィ……」
「ッ……!」

 だが不意に、思考に耽る彼の耳に、低い呻り声が響く。
 見れば、二体のゴブリンが、この路地裏へ入ってくるところだった。

(マズイな……いまモンスターの相手は……)

 逃げる体力も残っていない。
 万事休すか?
 だが、彼の『幸運』は、まだ尽きていなかった。

 ズンッ!と。

 路地裏に入ろうとしていたゴブリン達が、巨大な何かに押しつぶされたのだ。

「……は?」

 彼の目に飛び込んできた物。
 それは、大きな丸太だった。

 丸太が、ゴブリンを、押しつぶした。

 その事実を理解するのに、ちょっと時間が掛かった。

「どうだい、柴田君!オジさんも中々やるもんだろう?はっはっは」
「いや、確かにすげーけどよ、オッサン。もっと扱いやすい武器はいくらでもあるだろうが……なんで、丸太なんだよ?」
「製材所に務めていた私に取っちゃ、これが一番手に馴染むんだよ」
「お、おう……そうか……」

 次いで聞こえてきた声。
 それを聞いて、西野は思わず立ち上がって叫んだ。

「柴田か……!?」

「……え、嘘……西野さん!?良かった、無事だったんっすね!」

 西野の姿を見つけたヤンキーの様な学生―――柴田は満面の笑みを浮かべた。
 更に彼の後ろには、ホームセンターではぐれた学生たちも数名居るではないか。

「ど、どうしてここに?」
「このオッサンたちと一緒に学校目指してたんっすけど、ちょっと予想以上に手間取っちゃいまして……。それで、どこか休める場所を探してたら、そこでゴブリンを見つけて……」

 丸太で潰した先に、西野が居たという訳だ。

「そうか……良かった、無事でいてくれて」
「うっす……」

 再会を喜び合っていると、後ろから鼻をすする音が聴こえた。
 見ればオッサンが泣いてた。
 名を五所川原 八郎(55歳)。花丸製材所の課長さんである。

「良かったなぁ、柴田君。友達とも無事再会できて……ずずっ」
「ああ、ありがとよ、オッサン。正直、アンタ達がいてくれて助かったぜ」
「何を水臭い事を言ってるんだよ。『困った時はお互い様』だろう?もっと大人を頼っても良いんだよ?」
「はっ、初めて会った時は、あんなに縮こまってぺこぺこしてたオッサンがえらそーに」
「おいおい、それは言わない約束だろう?君はホントに年上を敬う態度がなってないなぁ」

 そう言って笑いあう柴田とオッサンたち。
 きっとココへ来るまでに、数々の死線を潜り抜けてきたのだろう。
 そこには年の差を超えた男の友情があった。

「ともかく、どこか休める場所を探そう。話したいことが色々あるんだ」
「そうっすね。まずは移動しましょう」

 喜びもそこそこに、彼らは再び移動を開始する。
 それにしても、と西野は思う。
 視界の隅にチラチラ映る丸太。
 所々に血がこびりついてるところを見ると、本当にアレでモンスターと戦ってきたのだろう。

(スーツを着た小太りのオッサンが持つとミスマッチ感が半端ないな……)

 そしてやっぱり丸太は凄いと思わざるを得ない西野であった。




 再会を果たした後、イチノセさんと六花ちゃんは倒れるように眠りに就いた。
 六花ちゃんもそうだが、イチノセさんも相当疲労が溜まっていたのだろう。
 特に俺が目覚めるまでの間は、かなり神経をすり減らして見張ってくれていたはずだ。

「それじゃあモモ、頼むな」
「わんっ」

 モモに見張りを頼んで、俺は校舎の中を探索していた。
 周囲の安全を確認するのもそうだが、少し気分転換がしたかったからだ。
 『索敵』で分かっていたが、校舎に残っていたモンスターは、殆どがゴブリンやゾンビといった弱い部類だ。一人で歩いても、大丈夫だろう。
 実際、片づけるのにそう時間はかからなかった。

「結局、六花ちゃん以外の生存者は無しか……」

 モンスターを掃討するついでに、ほかもに生き残りがいるんじゃないかと探してみたが、結局生存者を見つける事は出来なかった。
 残っていたのは死体だけだ。匂いはきついが、そのまま放置するしかない。

「はぁー……」

 空を見上げると、月が見えた。
 電気が使えなくなって、明かりが無くなった影響か、以前よりもはっきりと夜空が見える。

「これからどうするかなぁ……」

 ぽつりと独り言が漏れる。
 イチノセさんは六花ちゃんと再会を果たした。
 だが、その後どうするかまではまだ決めていない。
 パーティーに加えるのか、それともこのまま別れるのか。

「……多分、イチノセさんは俺に委ねるだろうなぁ……」

 本心では六花ちゃんをパーティーに加えたいと思っているだろうが、それでも最後の決定権は俺に委ねるような気がする。

「六花ちゃんをパーティーメンバーにか……」

 美少女JK二人と、男一人のパーティー。
 字面だけならハーレムだよな。六花ちゃん、おっぱい大きいし。
 フラグ一切立ってないけど。

「……」

 自分で言ってて、微妙な気分になってくる。
 何というか、そういうのってやっぱ画面越しで見るから良いんだろうなぁーって思う。
 実際には頭を抱えて悩むことの方が多い。
 そもそもイチノセさんとの距離感すら、まともに掴めていないのだし。

「そういう意味では、一人の方が気楽っちゃ気楽だったな……」

 余計な気を回さず、自分の事だけを考えていればよかったのだから。
 会社に居た時もそうだった。
 淡々と自分の仕事だけこなして、同僚とは上辺だけの付き合いで済ませて。
 やたら話しかけてくる後輩も居たけど、それも適当にあしらってた。
 面倒だったから。
 それで良いと思ってたから。

「誰かと一緒に居るのって大変なんだな……」

 ガジガジと頭を掻く。
 ああ、めんどくさい。
 思い通りに行かない。ストレスが溜まる。
 数日前なら、こんな事で悩むなんて思いもしなかっただろう。

 でも、イチノセさんがいたおかげで、命が助かったのもまた事実だ。
 そして、モモやアカ、イチノセさんの為なら、頑張りたいと思ってる自分も居る。

 独りの気楽さ、仲間の大切さ。
 その二律背反が、俺の中でぐるぐる渦巻いている。

 ―――アンタは好きに生きたいとは思わねーのか?

 不意に、あの魔物使いの少女の言葉が脳裏をよぎる。
 彼女はこの世界に満足していた。
 自分が自分らしく好きに生きれる世界だから、と。

「……好きに生きる、か……」

 それは簡単そうに見えて、実は凄く難しいことで、

「俺もそんな風に割り切れたらいいのにな……」

 その呟きは誰の耳にも届かず、夜の闇に溶けていった。

 迷い、間違え、敗北し、
 波瀾にまみれた四日目は、こうして終わりを告げた。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ