挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/58

4.ジョブのレベルを上げる



 という訳で、職業のレベルを上げてみよう。
 現在の職業『密偵』はLV1。
 習得したのにポイントを消費したことを考えれば、再びJPジョブポントを使えばあげられる……筈。
 俺は心の中で念じてみる。

≪JPを2消費して、密偵のLVを上げますか?≫

 おお、反応があった。
 LV2に上がるのに2ポイント。
 ある意味予想通りだ。
 勿論、イエスを選択。

≪JPを消費しました。密偵がLV2に上がりました≫

 やったぜ。

クドウ カズト
レベル1
HP :5/5
MP :1/1
筋力 :3
耐久 :2
敏捷 :3→5
器用 :3→5
魔力 :0
対魔力:0
SP :10
JP :9→7

職業 
密偵LV2

固有スキル 早熟

スキル
忍び足LV1、観察LV1、聞き耳LV1、隠密行動LV1

 JPが2減っている。
 それに職業のレベルが上がればステータスにかかる補正も上るのか。
 どうせなら補正が掛かる項目も増えてほしかったが、贅沢は言ってられないか。

 ん?待てよ?
 てことは、複数の職業を獲ればもっとステータスが上がるんじゃないか?
 いわゆるセカンドジョブ、サードジョブとか言うヤツだ。
 俺は職業欄の冒険者をクリックしてみる。

≪LVが一定に達していない為、二つ目の職業を選択する事は出来ません≫

 うーん、どうやら二つ目の職業を選ぶことは出来ない様だ。
 でもLVが一定に達してないって事は、逆を言えばLVさえ上がれば二つ目の職業を選択できるって事だ。
 ホントにゲームみたいだな。
 楽しみだな。どのくらいのレベルで二つ目のジョブを選べるんだろうか。

 ま、それは後でいいか。
 複数のジョブを選択できないとなれば、となればやる事は決まった。
 再び心の中で念じる。

≪JPを3消費して、密偵のLVを上げますか?≫

 再びの反応。
 やっぱり、LV3だと3ポイントか。
 てことは、やっぱLVと同じ分のポイントが必要って事だな。
 LV4なら4ポイント、LV5なら5ポイントって具合に。
 この際だ。密偵のLVを上げれるだけ上げよう。

≪JPを消費しました。密偵がLV3に上がりました≫

≪職業LVが一定に達しました≫
≪忍び足がLV2に上がりました≫
≪観察がLV2に上がりました≫
≪聞き耳がLV2に上がりました≫
≪隠密行動がLV2に上がりました≫

 …………ん?
 何かついでにスキルの方のレベルも上がったぞ?
 職業のレベルが上がると、スキルのレベルもそれに付随して上がるのか。
 これは良い事を知ったな。
 おそらくスキルの方を上げるには、SPが必要な筈。
 だが、職業のレベルを上げれば、その消費を抑えられるって訳だ。

 でもどれくらいの割合で上がるのかは分からないな。
 試すしかないか。
 とりあえず、次でレベルアップは一旦打ち止めかな?

≪JPを消費しました。密偵がLV4に上がりました≫

 そして、俺のステータスはこんな感じになった。

クドウ カズト
レベル1
HP :5/5
MP :1/1
筋力 :3
耐久 :2
敏捷 :5→9
器用 :5→9
魔力 :0
対魔力:0
SP :10
JP :0

職業 
密偵LV4

固有スキル 早熟

スキル
忍び足LV2、観察LV2、聞き耳LV2、隠密行動LV2



 最初に比べれば、少しは上がったかな。
 よし、この調子で次はSPスキルポイントの方も試してみるとしよう。

ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ