挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/57

3.ステータスを確認する


クドウ カズト
レベル1
HP :5/5
MP :1/1
筋力 :3
耐久 :2
敏捷 :1
器用 :1
魔力 :0
対魔力:0
SP :10
JP :10

職業 無し

固有スキル 早熟

スキル 無し


「……」

 目の前に表示されたステータスを見る。
 なんというか、まんまゲームやアニメに出てくるような感じだな。
 長方形の文字が書かれた透明な板が、目の前に浮かんでる。
 マジかよ。

 えーっと、とりあえず一つ一つ確認していこう。
 先ずは名前か。
 クドウ カズト。
 漢字じゃなくてカタカナで表記されてるんだな。

 次がレベル。
 その下がステータスか。
 軒並み一桁。
 比べる対象が居ないから何とも言えないけど、多分低いよな?
 その下が、SPとJP。
 何だろうかと思って、表示された文字をクリックしてみたけど、何も起きない。
 あくまで見るだけなのか。

 その下に職業、固有スキル、スキルと並んでいる。
 職業とスキルの欄は空白だ。

 固有スキルの欄には、『早熟』とある。
 クリックしてみるが、当然何も起きない。
 でもなんとなく、言葉の意味通りに捉えるなら、早く成長できるって事か?もしくは経験値補正がかかるとか?

 でも、何でこれが修得済みになってるんだろう?

 あー……思い出せ。

 必死に記憶を手繰る。

 ――――――カオス・フロンティアにおける最初の討伐を確認。ファースト・ザブジゲーションボーナスが与えられます―――。

 確か、そう言っていた気がする。

 ……最初の討伐。

 言葉通りに捕えるなら、一番最初にモンスターを倒したという事だ。
 あの犬か……。
 倒したというか、ひき殺したというか……殆ど偶然に近いんだけどな。

「……これ、ほんとにドロップアイテムだったのか」

 手に持った紫色の小石を弄ぶ。
 なんとも言えない気持ちになる。

 さて、次は職業とスキルか。

 無駄とは思いつつも、一応職業の欄をクリックする。

≪―――職業を選択して下さい≫

「うお!?」

 またあの声が聞こえた。
 すると、ステータス画面に変化が。
 職業の下に項目が現れた。

≪以下の職業が選択可能です≫

 市民、冒険者、事務員、交渉人、引き籠り、ニート、修行僧、料理人、騎手、密偵

この中から選べるって事か。

 項目を見る。
 えーっと……引き籠りやニートって職業なの?

 いや、それを言ったら市民とかも職業と言うより階級だけどさ。

 あれか?
 仕事辞めて家でダラダラしていたいって、常々思ってたからだろうか?

 あと修行僧って何だよ?
 社畜してたせいか?
 まあ、ある意味修行と大差なかったよ。
 精神ギリギリまで削られてたし。

 料理人は……まあ、多分自炊してたり、結構凝った料理とか作ってたからかな。
 たまの休みの日に。

 騎手は……アレかな?車の免許持ってるからか?
 でもそれなら『運転手』じゃねえの?
 モンスターをひき殺したからか?基準が分からん。

 んで、密偵。
 これは多分、俺がよく上司に同僚の密告をさせられていた所為だろうなー。
 あとリストラの宣告。
 我ながら嫌な役目だったとは思う。でも、必要悪と言うヤツだ。
 恨まれるのを覚悟で、俺はそう言う役割もやってた。つくづく嫌な職場だった。

 さて、この中から職業を選択しなきゃいけない……らしい。
 何にしようか?
 選べるのは一つだけの様だ。

 候補としては冒険者。
 一番無難で、この世界に合ってる様な気がする。

 というか、これホントに現実だよな?
 夢じゃないよな?

「うーん……」

 よし、決めた。
 俺は職業を選択する。

≪―――職業『密偵』を選択します。必要JPは1ポイントです。宜しいですか?≫

 JPはどうやらジョブポイントと言うらしい。
 これを消費して、職業を選択するのか。
 はは、ホントにゲームみたいだ。
 JPがジョブポイントって事は、SPはスキルポイントだろうな。

 俺は密偵を選ぶことにした。
 こんな世界だ。
 大事なのは情報収集と保身。
 その為には、これが一番いいと思った。
 冒険者が密偵かで迷ったんだけどね。
 俺の性格的にこっちかなって。

 え?引き籠りを選ばないのかって?
 誰がそんなネタ職業選ぶか。
 MMORPGとかだったら、そう言うネタキャラプレイも有かもしれないけど、現実のファンタジーでそんな職業選ぶわけねーだろ。多分、死ぬわ。

 イエスやノーのボタンが無いので、心の中ではいと答える。
 これでいいのかな?

≪職業が密偵となりました。スキル『忍び足』を獲得しました。スキル『観察』を獲得しました。スキル『聞き耳』を獲得しました。スキル『隠密行動』を獲得しました≫

 おお、なんか一杯聞こえた。

クドウ カズト
レベル1
HP :5/5
MP :1/1
筋力 :3
耐久 :2
敏捷 :1→3
器用 :1→3
魔力 :0
対魔力:0
SP :10
JP :9

職業 密偵LV1

固有スキル 早熟

スキル
忍び足LV1、観察LV1、聞き耳LV1、隠密行動LV1

 おお、敏捷と器用が3にあがってる。
 それにスキルが四つも手に入った。
 しかも俺が今欲しいもばっかり。
 やっぱ密偵を選んで正解だったな。

 JPが9に減った。
 LV1って付いてるから、ポイントを使えばもっとレベルを上げられるって事かな?

 よし、もうこの際だ。
 どんどん試してみよう。

ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ