挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/57

24.屋上


 どうする?
 追いかけるべきか?
 でも、あのヘリが向かっている方角は、あのハイ・オークが居るショッピングモールだ。

 多分だが、アイツはまだあそこに残っている。
 その証拠に、俺の『危機感知』はビンビンに警鐘を鳴らしている。
 『まだ』そっちには行くな。
 行っちゃいけない、と俺に訴えてくる。

 前回、俺は自分の好奇心を優先し、この『警鐘』を無視して行動した。
 その結果、ハイ・オークに出会い、命を危険にさらす羽目になった。
 その反省を生かして、向こうには近づかないと決めたばかりじゃないか。

 それを自衛隊が駆けつけたという理由だけで覆していいモノか?
 いや……でも……でもだ。
 日本の自衛隊は優秀だ。
 こと白兵戦においては世界でもトップレベルだって聞くし、銃火器だって持ってるだろう。
 自販機や洗濯機よりも、遥かに殺傷能力の勝る武器を持つ自衛隊が、多少手強いとはいえ、そうそうモンスターに負けるとは思えない。

「うーん……」

 ガリガリと頭を掻く。
 どうする?追うべきか?
 それとも、しばらくはどこかで様子を見るべきか。

 今の俺には、『望遠』のスキルもあるから、近づかなくとも様子を窺う事が出来る。
 この辺にある高台……アパートの屋上とかなら、『望遠』でショッピングモールの様子を俯瞰して見る事が出来るかもしれない。
 その後で、安全かどうか判断して動いても、遅くはないんじゃないか?
 うん、多分それがいい。
 安全第一で行くべきだ。

「となると……あのマンション辺りが丁度いいかな?」

 生協の正面から百メートル程離れた場所に在るあのマンション。
 あそこの屋上からなら、遠くの様子も窺えるだろう。
 それにあのマンションからは、それほど『嫌な感じ』がしない。
 行っても問題ないだろう。

「モモ、そのまま『影』に入っててくれ。このまま移動する」

「わん」

 モモを『影』に入れたまま、俺たちは移動する。
 勿論、『気配遮断』、『無音移動』、『索敵』や『敵意感知』はきちんと発動させている。
 奇襲は常に警戒しないといけないからな。

 移動する途中で、ゾンビを三匹ほど倒す。
 瞬殺だ。ゾンビ位なら、もう苦も無く倒せるな。
 でも、意外とモンスターの気配が少ないな。
 この辺りはそれほどモンスターが居ないのだろうか?

「あれ……?」

 ふと、俺は地面に気になる物を見つけた。

「……魔石だ」

 赤色の魔石。
 収納してみると、『ゾンビの魔石(極小)』と表示された。
 コンビニの時みたく、倒したやつが気付かずにそのまま放置しちゃったのか?
 ま、ありがたく頂いておこう。
 再び移動を開始する。

「あれ?またあった」

 数十メートル移動すると、再び魔石を拾った。
 ツイてるな。
 だが、マンションが近づくに従って、俺は違和感を感じ始めた。

「……まただ」

 また地面に魔石が落ちていた。

「これで何度目だ……?」

 拾った魔石の数は、既に二十は下らない。
 おかしい。これはいくらなんでもおかしい。
 偶然、別々の人物がモンスターを倒して、気付かずに魔石を放置した?
 そんな事、あり得るか?

 じゃあ、仮に同一人物だとしたら、どうしてそいつは魔石を放置する?
 なぜ拾わない?
 気づかなかったから?
 それとも、『拾う事が出来なかった』から?……どういう状況だよ、そりゃ。

「…………ん?」

 そんな風に俺が悩んでいると、急に『索敵』が、人の気配を感じ取った。
 それも一人じゃない。
 索敵の範囲に引っかかるだけでも五人以上入る。

「モモ、ちょっと移動するぞ」

「わん」

 目的地の直ぐ傍だし、少し気になったので、気配のした方へ向かう。
 壁の陰に隠れて様子を窺うと、数人の大人達が、慌てて家やマンションの窓から飛び出している様子が見て取れた。

「おい!見ろ!ヘリだ!自衛隊が助けに来てくれたぞ!」
「あっちだ!ショッピングモールの方だ!」
「助かる!私達、助かるのね!」
「急げ!早く行くんだ!」
「あ、アナタ待ってッ……!」
「馬鹿野郎!財布や印鑑なんて置いて行け!それより早く行くぞ!」

 叫ぶ人たちの表情には全く余裕が感じられない。
 一刻も早く助かりたい、この状況から脱したいという想いがありありと浮かんでいた。
 家に籠って静観を決め込んでいたが、自衛隊のヘリを見て、慌てて行動を開始したのか。

 うん、その気持ちはすっげーよく分かる。
 余程慌ててたのか、中には裸足のまま走っている奴もいた。
 連中は他の人の事などお構いなしに、我先にとショッピングモールへ向けて駆けてゆく。

 おいおい、そんな目立って行動しちゃ、モンスターのいい的だぞ?
 武器らしい武器も持ってないじゃないか。
 そんな重そうなリュック背負うくらいなら、包丁の一つでも手に持った方が良いんじゃないの? 
 わざわざ口に出して忠告はしないけど。

 そんな彼らを少しばかり眺めた後、俺たちは再びマンションへ向かった。
 うん、勿論スルーだよ。
 だって、俺にメリットなさそうだし。

 マンションにたどり着く。 
 結局、ここに着くまでに三十個近い魔石を拾った。

「閑散としてるな……」

 『索敵』の範囲内に感じる人の気配は少ない。
 籠城を続けてる人もいるようだが、マンションの規模からすれば微々たる数だ。
 人気のない階段を上り、屋上へ向かう。
 エレベーターもあったけど、どうせ使えないだろうからね。
 モンスターの気配も無かった。
 なので、物の数分で最上階へたどり着く。

「……鍵はかかってないな」

 普通、屋上って立ち入り禁止だよな。
 何で開いてるんだ?
 ……誰かが居たのか?

「……」

 ゆっくりとドアノブを開け、屋上に出る。
 『索敵』で、屋上には誰も居なことは確認済みだ。 
 心地よい風が頬をくすぐった。
 うん、大丈夫だ……誰もいない。
 しかし、なんかマンションの屋上ってソワソワするよな。
 がらんと空いた開放感あふれるスペース。もしココを自由に使えたら……なんて妄想、誰だってするんじゃないだろうか?
 立上り部まで移動すると、街の景色が一望できた。
 おおー、俺の住んでたボロアパートよりもよく見える。
 『望遠』を使うと、ショッピングモール付近の様子もよく見る事が出来た。

「よし、モモでてきていいぞ」

「わん」

 モモも影から出てきて、俺の傍に寄り添う。
 そのまま息をひそめ、俺たちはヘリの様子を窺う事にした。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ