挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/57

21.ゴブリン共を暗殺せよ



 身をひそめ、壁伝いに移動し、生協のすぐ傍へ移動する。
 ここまでくれば、建物全体が『索敵』の範囲内だ。
 中に居るゴブリン達の気配がある程度理解出来る。
 本当に便利なスキルだ。

「……レジの近くに一匹、精肉コーナーに二匹、そして青果コーナーにゴブリン四匹とホブ・ゴブリン一匹か」

 売り場の配置は覚えてる。
 ゴブリン達はそれぞれの場所からあまり動こうとしていない。
 食事中か。
 精肉コーナーに居るって事は、肉も食うんだな。
 んで、レジにいる奴は見張りか。

 ゴブリン数は全部で七匹。
 それに上位種のホブ・ゴブリンが一匹で、計八匹か……。
 今までで一番多いな。

「でも、いつかは乗り越えなきゃいけない壁だよなぁ……」

「わん」

 ゾンビやゴブリンの単体、いわゆる雑魚狩りを続けてきたが、それにも限界がある。
 レベルアップに必要な経験値も増えてきてるし、ある程度の数や、強いモンスターを相手にしていく事も視野に入れなきゃいけない。

 ……欲を言えば、もう一人くらい仲間が居れば楽なんだけどな。
 俺とモモのコンビは近距離、中距離専門だ。
 もし仮に、遠距離攻撃が出来る奴が居れば、生存率はぐっと上がるだろう。

「ま、無い物ねだりをしても仕方ないか」

 今ある戦力で頭を捻るしかない。
 さしあたっては今回のゴブリン戦だ。
 生協の入口は二か所。
 青果コーナーの近くと、総菜コーナーの近くに設置されている。
 入るなら総菜コーナーの方だよな。
 そこから一匹ずつ削って、最後にホブ・ゴブリンと当たるのがベスト。

 だが、二か所の入口の直ぐ傍にはレジカウンターがあり、見張りのゴブリンが外の様子を窺っている。
 堂々と入ろうとすれば、すぐに見つかってしまうだろう。

「石を投げて、注意を引くか。その隙に店内に入ろう」

「わん」

 モモも頷く。

「それじゃあ、モモ。作戦通り、俺の『影』に入ってくれ」

「わん」

 俺がそう言うと、モモは俺の影の中に沈んでゆく。
 これがモモの獲得した新たなスキルだ。

 他人の『影』の中に潜む能力。

 影の中に入っていても、こちらの声は聞こえるし、向こうの声も聞こえる。
 そして潜んだ状態でも、ある程度影を操る事が出来るし、更に『他の影』に繋げれば、そこから出る事も出来るという便利なスキルだ。
 ただし『出る』だけだ。影の中に入る時は、必ず俺の影から入らなきゃいけないって制約はあるが、それを差し引いてもメリットは大きい。
 おかげで、戦術の幅が大きく広がった。

 モモが完全に影に入ったのを確認し、俺も行動を開始する。
 『気配遮断』、『無音移動』を使い、入口のすぐ脇まで移動し、身をひそめる。

「……ん?」

 なんだ? 今一瞬、妙な視線を感じた様な……?
 すぐにレジの傍のゴブリンを見るが、俺に気付いた様子はない。
 周囲にも、モンスターや人の気配はしない。
 『索敵』、『敵意感知』にも反応は無い。
 ……気のせいか?

 いや、油断はしない方が良いな。
 気を引き締めなければ。
 俺は反対方向に向かって石を投げる。

「……ギィ?」

 見張りのゴブリンが音のした方を向く。
 ―――今だ!
 ゴブリンの気が向いた瞬間、俺はすぐさま入口から生協の中へ入る。
 三桁まで上がった敏捷ステータスは、その威力をいかんなく発揮してくれた。

 素早く店内に入り、物陰に身をひそめる。
 大丈夫だ、気付かれていない。
 見張りのゴブリンは、はて?と首を傾げている。
 潜入成功。

「先ずは、精肉コーナーのゴブリン二匹だな」

 レジのゴブリンは、青果コーナーからは丸見えだ。
 それに比べて、奥の精肉コーナーはどちらからも死角になって、気付かれにくい。
 『索敵』スキルをフルに活用し、売り場を移動していく。
 売り物が床に散乱して歩きづらいが、『無音移動』のおかげで、音はならない。

 惣菜コーナーの隅には、従業員らしき死体が放置されていた。
 男性の死体だ。
 かなり嬲られてはいたが、喰われた形跡はなかった。
 ゴブリンって人肉は食わないのか。
 そんな事を思いながら、精肉コーナーに居るゴブリン二匹に接近する。
 ゴブリン達は俺に気付かず、パックに入った生肉を頬張っていた。
 完全に油断しているようだ。

「……モモ」

 俺が合図を送ると、モモは顔だけ影からでて、位置を確認。
 すぐさま影を伸ばし、ゴブリン達の動きと口を封じた。

「「―――ッ!?」」

 ゴブリンたちは驚いた表情を浮かべるがもう遅い。
 俺は素早くゴブリン達に肉薄し、包丁で胸を貫く。
 集中力が高まっていたのか、刃はゴブリンの胸に吸い込まれるように入っていった。
 シュッと刺して捻る。
 二匹のゴブリンはあっという間に小さな小石に変った。

≪経験値を獲得しました≫

「……と」

 小石が床に落ちる前に何とかキャッチ。
 すぐさま移動し、青果コーナーへ向かう。

「ギィ、ギギィィ」
「ギャッギャッギャ」
「ギギーギー!」

 棚の隙間からゴブリン達の様子を窺う。
 野菜や果物を食べながら、なにやら笑い合っている。
 そして気になるホブ・ゴブリンはというと、売り場の台に座って胡坐をかきながらリンゴを齧っていた。
 ……まだ仲間がやられたことに気付いていないな。

 じっと様子を窺っていると、一匹のゴブリンが立ち上がった。
 精肉コーナーへ向かう気か。
 チャンスだ。
 仲間から十分に離れたのを確認して、モモが『影』で拘束する。
 シュッと刺して捻る。

「―――ッ!?」

 ゴブリンは何が起こったのかもわからず絶命した。

≪経験値を獲得しました≫

 よし、これで残るはゴブリン四匹にホブ・ゴブリン一匹。
 良いペースだ。
 このままイケるかもしれない。
 そう思った、次の瞬間だった。

「ギィィィィィ!!」

 レジに居た見張りのゴブリンが、急に叫び声をあげたのだ。
 他のゴブリン達が一斉にそちらを向く。

 ―――ッ、不味い。
 気づかれたか?
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ