挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人類滅亡前に転生させられた『遊び人』だけど!~幼児のSMゲーム~ 作者:ろぼろぼ

第1章王都編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/30

幼児の盗賊退治(前編)

時間(とき)の流れははやいもの、

どうも日々、空き地で遊ぶ、
体は子供、もう頭脳(ずのう)も子供なんじゃないかと思えてきた遊び人のルカ・バウアー4歳です。

残りの人生15年…そんなふう考えてた時期が私にもありました……

はい、いま口からボタボタ血が流れ出てます!完全に内蔵いっちゃいました。

何故こんな事になったかと言えば。



良い子のみんなは、親が居ない時に

「誰が来ても、決してドアを開けてはいけませんよ」

と言われませんでしたか?
狼と七匹の子山羊とかを例に出されて。

はい。

開けちゃいました。

そこに居たのは、黒い獣皮の(コート)を纏いフードで顔を隠した大柄な男です。

父親(ポポス)の服装も相当なモノでしたがそれを超えてます。

怪しすぎます。

でも私がビビる事は有りません。

NHKの集金を何年も撃退しつづけた腕前でも披露してやるかと自分が不愉快だと相手に分かりやすく伝えたのです。

「はいぃぃぃぃ?どぉちぃらぁ様ですかぁ?」

はい、思いっきり蹴り上げられました。

1メートルほど飛んだ後にゴロゴロ壁まで転がります。

背中を打った事で呼吸が止まり、その後は猛烈な吐き気と嘔吐におそわれました。お昼ごはんが出ちゃいましたかと思いましたが真っ黒な血です。

内蔵やっちゃてます。

『ルカ・バウアー』

HP  :5/20

男はズカズカと家に上がり込んできフードをおろします。その大男の顔は…

つぶらな瞳のDQN顔です。

いえ相手を脅す為に剃り込みとかを入れたタイプではなく。知性を感じないキチガイタイプの顔です。

大男の後からは更に二人の盗賊(キチガイ)が入ってきました。

男達は私をつまみ上げると妹のいる隣の部屋に放り投げ1人を見はり残し2人は家を荒らしに去って行きます。

私はと言えば痛みで(うずくま)って何も出来ません、口から流れる血も止まりませんし。

完全に舐めていました!転生前の日本の治安感覚で居た自分を呪うしかありません。

そして冒頭の状況となったわけです。

「お、お兄ちゃん、どうちて、う、うぇ」

泣きそうになる妹の口を優しく塞ぎます。

下手に騒げば速攻で殺される可能性があるのです。

でも強盗の家探は直ぐに終わるでしょう。

顔も見てしまっていますし逃げなければ殺される可能性も有ります。

わずかな希望にすがって決断を間違えるのはこう言う時なのでしょう。(盗人の慈悲にすがるなんて、捕食者を前に怯えて動けない小動物と同じですよ)

逃げるしかありません。

と言うかHPが既に

HP  :4/20

になってます。

も、もう長く持ちそうにありません。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ