挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:01 依頼

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/65

Episode:06

「私は今回は参加しませんよ。クライアントの意向で、女性がいいそうですから」
 見た目は普段と変わらないが、そう言うタシュアの口調には、蔑みが混ざっていた。なにかそれなりの理由があるならともか く、こんな風に男女を区別するのを彼は嫌う。

「まぁ、それほど複雑な任務ではありませんから、大丈夫だと思いますがね」
 いつもの憎まれ口。
 一瞬ルーフェイアがなにか言いたそうにしたが、それを私はとどまらせた。またいらぬことを言って、タシュアに泣かされるのも可哀想だ。

「――上級隊からあと一人くらい、学園長にお願いしようとは思っているんだ。
 それにできればルーフェイアのクラスから誰か、連れて行けるといいんだが」
「そうですね。シーモアなんか、きっといいと思います」

 そう言うルーフェイアの横顔を見て、私は「おや」と思った。
 いつものにこやかな表情は変わらない。ただ雰囲気が、どこか違うのだ。

「それで任務地はどこですか? 場所によっては、あたし心当たりがあります。
 それに警護って言っても、服装なんかもそれなりに用意しないといけないんじゃないでしょうか?
 あと武器の携行も、けっこう制限されますよね?」

 矢継ぎ早の質問。これには私もあっけにとられた。
――これほど察しがいいとは。
 見ればタシュアは、面白がっているような表情だった。

「場所は……アヴァンだ。クライアントは、アヴァン公国継承権第1位の王太子。だが実際に警護するのは、第2位になるその息子だな」
 さっき聞いてきたことを伝える。

 海を越えた隣国、アヴァン帝国が瓦解後できたこの公国は、シエラ学院のお得意様だ。土地と人は多くないが、金融立国でお金だけはある。そういう条件を上手く使って、軍事関係のかなりをシエラに外注している、珍しい国だった。

「服装の指定はないな。ただ昼間は、クライアントの学校の制服で、支給されるそうだ。
 ただ武器は確かに――制限されるだろうな」
「そうですか。でも校外だと私服になりますから、用意した方がいいような気もしますし……。
 武器の方は、いろいろ対策を練らないと、きっとダメですね」

 先ほど「ケーキが生」などと、妙な質問をしていたのとは大違いだ。

「あと、情勢はどうなってますか? 追加で依頼がきている以上、そんなに平穏じゃないと、思うんですけど……」
「情勢は、未確認情報だが、過激派の動きが活発化しているらしい。アヴァンの諜報部は、建国祭を何らかの形で狙っていると、にらんでるようだ」

 本当にこの少女は、外見だけで判断できないと思い知らされる。
 そんなルーフェイアに多少戸惑いながら、私はこの子相手に、詳細を詰めていった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ