挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:06 反撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/65

Episode:57

「伝統が全部正しいなんて言わないよ。けどね、壊せばいいってもんじゃないでしょ。
 ましてやそれを、自分が権力につく手段に使おうなんて、どうやったってバカのすることじゃない。
――あたしね、この国壊そうとするやつ、許さないから」

 いつものミルとは、まったく違った。

「まだおシメも取れてないようなガキが、許さないだと? 面白い冗談じゃないか」
「黙った方がいいんじゃない、ヴィクタース=マヴァウリー=ド=ファレル?」
 この一言で、男の顔色が変わる。
「貴様いったい……!」

「さぁね〜♪ あ、そだ。シルファ先輩、思いっきりやっちゃっていいですよ〜。こいつ、ほんっとクズなんだ。
 継承権欲しくて、過激派と組んでテロまで起こすんだもん」
「言わせておけば――!」
 けど、あたしのほうが早かった。

「――カーム・フィルド!」
 まず範囲をかなり絞った無効化魔法を、シルファ先輩、ナティエス、ミルの3人に一気にかける。
 これだとしばらく回復魔法も通さないけど、一方で強力な魔法を遠慮なく使える。
 次いで――。

「幾万の過去から連なる深遠より、嘆きの涙汲み上げて凍れる時となせ――フロスティ・エンブランスっ!」
 ホール中に、文字通り冷気の嵐が吹き荒れた。冷気系の魔法は建物を破壊しないから、屋内での使い勝手はいい。
 けど、人間はタダじゃすまない。術者のあたしや無効化魔法のかかってる先輩たちはともかく、それ以外は大混乱だ。

「ナティエス、ミル、今のうちに脱出するんだ」
 状況を見て取ったシルファ先輩が、的確な指示を出す。
「はいっ!」
 2人が混乱の真っ只中を駆け抜けて、外へと向かった。
 あたしと先輩も、武器を振るいながらすぐに続く。

「じゃぁね、ヴィクタース♪ 今度はきっとないんじゃないかな〜♪」
 ミルが長銃を乱射しながら、例の男の傍を突破する。
 2人の視線が合ったように見えた。

「……そうか、そういうことか……」
 まるで地獄の亡者のような声で、ミルにヴィクタースと呼ばれた男がうめいた。
「貴様ら、親子で……それなら……」
 なにかに取り憑かれたような表情。
 同時に聞こえたぴしりという亀裂音――なぜ聞こえたのだろう――に、とっさに呪文の詠唱を始めた。

――間に合うか?
 一瞬よぎった思いを振り払って、魔法に集中する。

「――エターナル・ブレス!」
 最強の防御魔法を、ナティエスとミル、それにシルファ先輩に放つ。
 理由は分からないけど、あたしは昔から、同じ魔法なら複数同時にかけられた。それは普通じゃありえない事で、とても怖かったけど、こういう局面でいつも役にたってる。

 ただ、これ以上はムリだ。もともと微妙なこの防御魔法は、あたしにまでかける余地がなかった。
 でも先輩とナティエスとミルは、耐えられるだろう。
 そして、建物が崩れた。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ