挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:05 露見

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/65

Episode:44

◇Rufeir
 車が止まった。
 外が見えないようになっていたから正確には分からないけど、どうも会場から、かなり離れたところまで来ているらしい。

「降りろ」
 鋭く言われて車を降りると、森の中だった。どうりで周囲が静かなわけだと、納得する。
 目の前には、かなりの年数を経た石造りの館があった。けっこう手の込んだ造りをしているから、もともとは貴族かお金持ちの所有だったんだろう。

 追い立てられるようにして、屋敷の玄関をくぐる。外からの見た目通り、中も重厚な造りだった。
 入ったところのホールに、数人の男たちがいる。
 真ん中の男性が口を開いた。

「殿下、ようこそ」
「――お前か」
 吐き捨てるような一言で、この男性が殿下にとってどんな人物なのかが、だいたいわかる。

「これはなんの冗談だ?」
「それは殿下が、いちばんよく知っているんじゃないのか?」
 2人が睨み合う。
 どうもこの2人、考え方かなにかが対極にあるらしい。ただ事情を知らないあたしにしてみると、完全に理解の範疇を超えた状況だ。

――誰か説明してくれないかな。
 思わずそんなことを思ったけれど、残念ながらそいういう親切な人は、いないみたいだった。
 そのまま2人ともしばらく睨みあっていたけれど、ふっと男性の方が先に視線を外す。

「まぁいい。いずれカタがつくことだしな。連れて行け」
 男が命令すると、周囲の男たちが無言で従った。この中ではそうとうの権力があるんだろう。
 彼の横を抜けるようにして、連れて行かれる。
 階段を昇り廊下を行き……通された?のは、棟のいちばん外れの部屋だった。

「さぁ、おまえはここだ」
 男の一人が乱暴に殿下の腕を取って、部屋へ押し込もうとする。
――いけない、分断される。
 思った瞬間、考えるより先に身体が動いた。

「殿下、いやですっ!」
 言いながら、殿下の腕にすがりつく。
「なんだおまえ、ほら、離れろ!」
「いやっ!」
 強引に引き剥がそうとする男に抵抗して、力いっぱいしがみつく。

「困ったお嬢さんだ。
――まぁいい、別にいっしょでも構わないだろう。見張りもそのほうが、数が少なくて済む」
 上位らしい別の男が言って、あたしと殿下は見張り役といっしょに、同じ部屋に放り込まれた。
「ここで大人しくしてるんだ」
 大きな音を立てて、扉が閉められる。

「大丈夫か? 落ち着くまで休んだらどうだ?」
「え? あ、いえ、大丈夫です」
 心配そうな殿下に、慌てて言葉を選びながら答えた。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ