挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:04 策略

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/65

Episode:39

「あ、せんぱぁい!!」
「ミル?」
 いったい何をどうやったのか、ミルが向こうから駆けてきた。ドレス姿だというのに、普段と変わりない調子だ。

「なんで、そこにいるんだ……?」
 たしか私たちと、いっしょに庭へ出たはずだが。
「んー? どうしてだろー?」
 緊張感のカケラもない言動に、気が抜けそうになるのを踏みとどまる。

「あ、それでえーと、思い出した! んと、大変なの〜」
「……分かってるから黙ってくれ」
 さすがに、返事がそっけないものになってしまう。こういう状況下でのんきにされるのは、あまり面白くない。

「え、でもー、殿下がさらわれちゃったよ?」
「なんだって!」
 ミルの答えに、そう返すしかなかった。
 最悪の事態だ。潜入していた男たちとのことで、時間を取られたのがまずかった。

「殿下は、どんなふうに攫われたの?」
「ふつうに〜」
 今度は思わず力が抜けた。会話になっていない。
 だいいち攫われた時点で、普通も何もないと思うのだが……。

「――あとで詳細を聞かせてくれ。それと、ルーフェイアはどうした?」
「いっしょにさらわれちゃった〜♪」
 思考回路が空回りしたらしく、能天気な言葉が脳に伝わるのに、一瞬間が空いた。
「どういう……ことだ?」
 イザとなればあれほどのキレを見せるルーフェイアが、攫われるとは思えない。
 ミルはミルで、伝わらないのが不思議そうな顔で、話を続けた。

「だからね、連れてかれちゃった。なんか『お嬢ちゃんも一緒に来い』って」
「そういうことね……」
 やっと納得したという調子で、エレニアがつぶやく。
 要するに殿下はあの連中に攫われ、いっしょに居たルーフェイアは首尾よく(?)、付いていくことに成功したらしい。

「ともかく戻ろう。ここにこれ以上居ても、仕方ない」
「そうですね。会場も心配です」
 エレニアの言うとおりだった。私たちは免れたが、あの爆発だ。会場が無事とはとても思えない。
「行くぞ」
「はいっ」

 そうして急いで戻った会場は、まさに地獄絵だった。
 ふんだんに使われていたガラスが、爆発で砕けて降り注いだのだろう。かなりの人数がひどい切り傷を負っている。

「エレニア、魔法で手当てを。シーモア、ナティエス、ミル、応急手当くらいはもう、習っているな?」
「先輩、あたしらも全員、いちおう回復魔法が使えます」
「よし。重傷者から手当てして行くんだ。出血を止める程度でいいから」
「了解」

 ぱっと全員が会場へ散った。
 私もあるだけの回復魔法を使い分けながら、参加者たちの手当てに回る。
 時々不審がって尋ねてくるものもいたが、答えているヒマさえなかった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ