挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:02 任務

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/65

Episode:13

 でも、ほっとしたのはつかの間だった。
「あぁ、例のシエラの連中ですか。女性ならと思いましたが、やはり野蛮そうですね」
 そう言いながら、殿下があたしたちを一瞥する。

 一瞬あたしを見たような気がするけど、それを気にしてる余裕はなかった。みんなが、言われたことに怒ってるのが分かる。
 シーモアなんて相手がクライアントじゃなかったら、まちがいなく殴り倒してるだろう。

「いずれにせよ、下々のしかも孤児の集団では、仕方ないんでしょうね。
 まぁともかく、あまりみっともない真似だけはやめてもらいますよ。こちらの品位に関わりますから」

 この少年、お父様より凄いかもしれない。
 見ればみんなは切れる寸前だ。でもさっきだって止められなかったのに、どうやったらいいんだろう?
 そこへ、ミルの能天気な声が響いた。

「ふぅん、じゃぁ殿下ってさ、血が青かったりするんだ〜?」
 ふわりとあたしたちの前へ出て、とんでもないことを言い放つ。
「な、なんだと……」
「え? だってそうじゃない♪ 上の人たちってあたしたちとちがうんでしょ〜?
 そしたらさぁ、血の色が青かったりとか、実は目がもうひとつあったりとか、するんだよね?」

 無邪気な毒舌……とでも言うんだろうか?
 にこにこしながら言う様は、まるで小さな子が尋ねているようだ。それなのに、しっかり相手の急所を突いている。

「おっもしろいよね〜、あたし初めて知っちゃった♪」
 この親子が相手じゃ、どうなるか。でもミル、そんなことまったくおかまいなしだった。
「ゆ、由緒ある我々を、まるで化け物のように……!」
「あれ? ちがったんだ? んじゃあたしたち下々といっしょ? へぇ、そっかぁ♪」

 ある意味、タシュア先輩以上かも。

「けどさぁ、あんまり言わない方がいいよ〜。
 これでみんなに嫌われちゃったりして、任務がうまくいかなくて、死んじゃったりとかしてさ〜♪ でも、自業自得だもんね?」

 とどめの一言。
 さすがのクライアントも、今度ばかりは黙ったままだ。なにしろミルの言っていること、あれでも一理ある。

「でさ、あたしたちもう、行っていいんだよね? だって顔合わせ、おわったんだもん♪
 ねぇ、みんな行こ。あ、お部屋まで誰かつれてってくれるんでしょ? テキトーに決めちゃってもいいけど〜♪♪」
 あたしたちも含め、部屋にいた一堂全員、唖然とするばかりだった。
 その中をミル、さっさと部屋を出ていく。

「ねぇほら早くぅ。お部屋決めて、ゆっくりしようよぉ〜」
 部屋を決めるって、ホテルじゃないと思うけど……。
 ともかく完全に、みんなミルのペースに巻き込まれてた。勢いに引っ張られるようにして、あたしたちも部屋を出る。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ