挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

梔子のなみだ

梔子のなみだ

作者:水無月
イルミナには美しい妹がいる。
絶世と呼ぶほかない、美しい妹のリリアナ。
誰もが彼女を愛し、守る。
だから、イルミナにそんな人がいないのは仕方の無い事なのだ。
リリアナが悪いわけではない、不出来な自分が悪いのだと、イルミナは考えた。

人に必要とされたい、リリアナに誇れる姉でありたい。
不出来な自分が出来るのはこれくらいしかないから―――。

イルミナは、王族として、人として成長しようとする。
一つずつ進んでいく彼女は、運命という荒波に翻弄されていく。


――――それでも私は、居場所が欲しい。




***2017/5/26主婦と生活社様から書籍発売いたしました***
王女時代
彼女の独白
2016/09/22 19:07
2人の王女
2016/09/22 19:08
第一王女と騎士団団長
2016/09/23 13:16
第一王女の望み
2016/09/24 16:19
第一王女と宰相補佐
2016/09/25 14:58
第一王女と開く道
2016/09/26 19:04
第一王女と棘の道
2016/09/27 17:59
騎士団団長と宰相補佐
2016/09/28 17:58
第一王女と視察前日
2016/09/29 16:57
第一王女と視察
2016/09/30 18:33
第一王女とその村
2016/10/01 20:11
第一王女と村の中
2016/10/02 17:47
第一王女と村人たち
2016/10/03 16:44
村長と護衛騎士
2016/10/04 15:50
第一王女と薬師
2016/10/05 14:57
村人と護衛騎士
2016/10/06 14:27
イルミナとグイード
2016/10/07 16:24
第一王女の帰路
2016/10/08 17:51
第一王女と城への帰還
2016/10/09 17:50
第一王女と政策
2016/10/10 12:17
第一王女とお茶会
2016/10/11 14:07
第一王女と、辺境伯
2016/10/12 13:47
【閑話】アーサーベルトとヴェルナーの1日
2016/10/12 19:54
辺境伯
2016/10/13 15:02
辺境伯と子息
2016/10/14 12:40
第一王女と子息
2016/10/15 14:29
第一王女と
2016/10/16 18:01
彼女の涙
2016/10/16 18:51
第二王女
2016/10/16 19:11
第二王女とその子息
2016/10/21 20:53
彼女の周り
2016/10/21 20:54
第一王女の矜持
2016/10/21 23:55
二人だけの姉妹
2016/10/22 20:47
辺境伯の怒り
2016/10/23 14:58
ある貴族の会合
2016/10/24 15:44
第二王女の誕生日前夜
2016/10/25 14:06
第一王女と隣国のその人
2016/10/26 15:53
第一王女と王弟と辺境伯
2016/10/27 17:09
王と第一王女
2016/10/28 17:47
第一王女と宰相
2016/10/29 14:33
王と貴族たち
2016/10/30 18:30
宰相の真実
2016/10/31 16:20
第一王女の救出
2016/11/01 17:04
辺境伯と村の男
2016/11/02 15:15
イルミナとグラン
2016/11/03 15:58
大公と第一王女
2016/11/04 12:27
かのじょののぞみ
2016/11/05 12:41
第一王女の生まれた日
2016/11/06 21:30
それぞれの始まり
2016/11/08 15:42
戻る場所
2016/11/09 17:22
リリアナののぞみ
2016/11/10 13:57
終わりのはじまり
2016/11/11 18:49
第一王女とイルミナ
2016/11/12 18:05
その人たちの始動
2016/11/13 14:10
始まりへの第一歩
2016/11/14 12:21
王女と子息
2016/11/15 14:52
第一王女の毒
2016/11/16 17:17
第一王女の断罪
2016/11/18 11:07
第一王女の苦悩
2016/11/19 18:35
第一王女のこころ
2016/11/20 19:11
始まりの日
2016/11/23 16:48
始まる為へのその準備
2016/11/28 12:00
第一王女と城の者
2016/12/06 12:00
【閑話】 メイドたちの戦場
2016/12/10 12:00
第一王女の見つめる場所
2016/12/20 12:00
第一王女と騎士団
2016/12/30 12:00
女王時代
戴冠式
2017/01/12 12:00
グラン・ライゼルト
2017/01/21 12:00
初めての
2017/01/31 12:00
女王としての選択
2017/02/09 12:00
女王と別れの日
2017/02/17 12:00
【閑話】ある人の後悔
2017/02/28 12:00
女王陛下の迷いの日々
2017/03/09 12:00
【閑話】ヴァン・ライゼルト
2017/03/16 12:00
王弟の見解
2017/03/24 12:00
女王と村の人
2017/04/01 12:00
女王とグイードという村人
2017/04/08 12:00
愛乞う人の思惑
2017/04/17 12:00
女王陛下と王弟の違い
2017/04/26 12:00
女王陛下とその事件
2017/05/05 12:00
彼女と彼の対立
2017/05/15 12:00
女王陛下のなみだ
2017/05/24 12:00
小説発売記念小話
2017/05/26 12:00
【閑話】グランの想い
2017/06/03 12:00
女王陛下の約束の日
2017/06/12 12:00
女王陛下の決意の日
2017/06/21 12:00
ヴェルムンドの双璧の夜
2017/06/25 12:00
裏側の裏側
2017/06/30 12:00
大公閣下の見えない影
2017/07/04 12:00
女王陛下の賭け
2017/07/09 12:00
【閑話】ハーヴェイ・ラグゼンという男
2017/07/14 12:00
安寧の日々
2017/07/19 12:00
アーサーベルトの決意
2017/07/24 12:00
前準備1
2017/07/29 12:00
前準備 2
2017/07/30 12:00
女王陛下と騎士
2017/07/31 12:00
女王陛下と前々夜 1
2017/08/01 12:00
女王陛下と前々夜 2
2017/08/02 12:00
女王陛下と前々夜 3
2017/08/03 12:00
一つの区切り
2017/08/05 12:00
アルマ
2017/08/07 12:00
大公の涙
2017/08/09 12:00
前日
2017/08/11 12:00
前夜
2017/08/13 12:00
男二人
2017/08/15 12:00
食事会
2017/08/18 12:00
手紙
2017/08/22 12:00
女王のため息
2017/08/27 12:00
別れの日
2017/08/31 12:00
女王の葛藤
2017/09/05 12:00
彼らの話
2017/09/09 12:00
グイード
2017/09/12 10:00
相反する日
2017/09/15 12:00
歪むひと
2017/09/19 12:00
エルムスト
2017/09/23 12:00
村人の怒り
2017/09/27 12:00
彼らの慟哭
2017/09/30 12:00
転がる花
2017/10/05 12:00
妖精姫の涙
2017/10/08 12:00
結末
2017/10/13 12:00
転がる花の裏側で
2017/10/18 12:00
家族
2017/10/22 12:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部分)
  • 1789 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全89部分)
  • 2208 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 12:00
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全122部分)
  • 2145 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 00:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 2016 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 2063 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 1825 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 2870 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 1811 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 21:10
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 2773 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 1793 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 1945 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全174部分)
  • 1903 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 07:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 3112 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 2016 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全82部分)
  • 1827 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 22:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全110部分)
  • 2356 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 00:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 1728 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 2189 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 00:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 2634 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 1820 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 2825 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全178部分)
  • 2186 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 00:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全64部分)
  • 2083 user
  • 最終掲載日:2017/07/14 04:00
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部分)
  • 2569 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 23:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 2003 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 1923 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 2007 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全235部分)
  • 2067 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 00:00
↑ページトップへ