挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

僕とぼくと星空の秘密基地

作者:浅原ナオト
不仲の両親と郊外の街に住む小学四年生の「ぼく」は、ある日、森の奥の寂れた一軒家で家の持ち主である老人に出会う。老人は亡くなった妻子との思い出が詰まった今は住んでいないその家を、「ぼく」に秘密基地として与えてくれるが……

大人になった「僕」が子どもの頃の「ぼく」の思い出を振り返る形式で語るジュブナイル小説。文中で意図的に「僕」と「ぼく」を使い分けています。
序章「僕」
序章
2016/10/13 23:55
第一章「星空の秘密基地」
1-1
2016/10/14 00:01
1-2
2016/10/14 00:05
1-3
2016/10/14 00:08
第二章「花瓶を割る人」
2-1
2016/10/16 01:06
2-2
2016/10/16 19:31
2-3
2016/11/20 20:35
2-4
2016/11/20 22:01
第三章「時間は最強」
3-1
2016/11/21 22:21
3-2
2016/11/22 22:18
3-3
2016/11/23 22:28
3-4
2016/11/25 01:08
3-5
2016/11/26 10:30
第四章「喧嘩の目的」
4-1
2016/11/26 21:39
4-2
2016/11/27 19:52
4-3
2016/11/28 22:59
4-4
2016/11/29 23:18
第五章「嵐の日」
5-1
2016/12/02 01:08
5-2
2016/12/04 00:28
5-3
2016/12/05 08:11
5-4
2016/12/06 00:23
5-5
2016/12/07 23:57
5-6
2016/12/08 22:07
第六章「ぼくの戦い(前)」
6-1
2016/12/10 02:16
6-2
2016/12/11 13:46
6-3
2016/12/11 21:56
6-4
2016/12/12 20:41
6-5
2016/12/13 22:23
第七章「ぼくの戦い(後)」
7-1
2016/12/14 23:43
7-2
2016/12/17 02:31
7-3
2016/12/17 20:18
7-4
2016/12/18 20:24
7-5
2016/12/20 01:29
7-6
2016/12/20 20:08
第八章「最後の花瓶」
8-1
2016/12/22 01:01
8-2
2016/12/23 01:35
8-3
2016/12/24 22:35
8-4
2016/12/26 23:02
8-5-1
2016/12/28 00:04
8-5-2
2016/12/28 22:51
8-5-3
2016/12/28 23:08
終章「ぼく」
9-1
2016/12/29 22:29
9-2
2016/12/29 22:42
9-3
2016/12/29 23:28
9-4
2016/12/30 00:14
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

美容室で髪を切ったらモテました。

「そこの貴方!」と、呼び止められて振り向くと、金髪の女の子がチラシを手に立っていた。 ※本編完結済+ヒーロー視点おまけ小話二話+ヒーローの同級生視点のお話追加//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 16:16
就業ルイン

恨みを抱きながら退職した。 梅本春彦は、次の定職に就くまでの一時しのぎとして人材派遣会社に登録し、短期の仕事をこなしている。 そんな生活に日々追われているうち、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全96部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/21 09:41
ボッチとビッチ

他人にまったく興味のないボッチ、佐川コウ。他人のためにセクハラを笑顔で見過ごしてきたビッチ、佐藤ひかり。ひょんなことから付き合うことになった二人。なのだが、お互//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 12:00
ひねくれた私と残念な俺様

 強制させられたお見合いの席で、あれよあれよと言う間に婚約、同棲が決まってしまった。  だけど私にとっては天の助け! これで継母と異母姉に奴隷扱いされる日々から//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全121部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 23:05
なろう作家の火村君は『コピーライター』から、小説の『売り込み方』を学ぶようです

※2017/10/25 第二話を新規で割り込み更新。 「コピーライター……?なんすかそれ?」 「知らないのか?それは『書く』ではなく『売る』文章のプロだ」 「売//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全15部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 23:02
蒼き蝶に赤き花

こんな恋愛してみたかった!……を叶える、究極の幼なじみ純愛小説! 成長するにつれ、幼なじみと疎遠になってしまった高校生の少年。しかし少年は、幼少の頃よりずっと幼//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全73部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 01:01
ピアノのおけいこ

大学構内の小さなピアノ室。その一室から聴こえてくる流れるようなピアノ。ピアノ室から出てきたのは一人の男子学生だった──。小学校の教員免許を取るべく教育学科に在籍//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/06/14 07:00
コンフリクト

「こんなものに意味なんてない」「何気に初だったんだけど。初がお前って」数年振りに再会した俺のいとこは、いじめられてるくせに妙な撃退法でいじめっこを退けてしまう。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/17 19:00
君は何を想う?

「お前じゃ無理だな」上司の口から発せられた言葉に、有無を言わさずボディーブローをかまして逃げる。 職場には上司もいれば、幼馴染もいたりして。 そんな私の、右往左//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全219部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/02/22 17:07
ほころぶ。つくろう。

「纏う。」の二人のその後だったりその前だったり。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:17
恋人未満カップルの馴れ初めを

「りゅうちゃん大好きー」「りゅうちゃんかわいいー」「りゅうちゃん暖かぁい」「りゅうちゃんかっこいい」 恋人ではないけど、恋人みたいに振る舞う二人のラブコメ。カッ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 00:30
さよならお兄ちゃん

 結婚寸前で、婚約者が謎の失踪を遂げた。その15歳の妹・紫野を引き取って暮らし始めた23歳の青年・隆之介。兄になかなか心を開こうとしない妹と、妹にどう接していい//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全14部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/07/11 08:50
私と、幼馴染と、

私の幼馴染の空は何でもできる、完璧人間だ。しかし彼は私のことを病的に愛しており、私はそんな彼を特別変であるとは思っていない。 そんな私たちの前に空目当ての色んな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/21 10:42
ゆっくりと廻り始める、あなたとの恋

清掃員の父がある日突然家に連れてきたのは、父の働く会社のエリートサラリーマンだった。 27歳の春乃は父と弟の3人暮らし。ある日偶然父を助けてくれた彼と出会い、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全195部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 20:23
恋の鏡像――鏡の向こうの真実

恋には必ず二つ以上の側面がある。 同窓会でついた嘘、恋愛不信という名の病気、「理想のカップル」、別れるということの正しい意味、恋の始まりを確信する瞬間……ささや//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/20 21:47
なろうを辞めて、それからどうなった?

 なろうを一度辞めました。辞めたら辞めたで、他サイトに浮気したり、読み専になったり、また書き始めたり(手始めにエッセイから。日々の雑感とか)。いろいろ忙しいもん//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全54部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 22:23
ボーダーライン

想像力の欠如。事実としては知っていても、子供なりにいくら想像を巡らせてみても、駄目な子は駄目。あたしたち全然分かってない。人は死んだら、死ぬんだよ。――赤いボー//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全16部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/01/30 00:00
書籍化の打診が来ています -出版までの遠い道のり-

ある日、私は「書籍化の打診」というメールを運営から受け取りました。 しかしそれは、書籍化へと続く遠い道のりの一歩目に過ぎなかったのです・・・。 ※注:だいたい//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全45部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 11:04
レポート

『どうして、私は他の人間と関係しなければならないのだろう?』

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/04/15 00:01
『妻が底辺作家なので書籍化作家の僕は胃が痛いです』

 本業は大学の研究職で、趣味はWeb小説の執筆。妻の仁美とは結婚して三年目。作品も運良く書籍化されてホッと一息。僕、城木聖司の人生は公私共々それなりに充実してい//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 22:32
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
シャバの「普通」は難しい

「この世の地獄」と称されるヴァルツァー監獄。 服役中の娼婦から生まれ、囚人仲間によって獄内で育てられた少女・エルマは、大国ルーデン王の崩御を機に、恩赦として監獄//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全31部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 22:02
作家になりたい人が多すぎる

いわゆる「自費出版系」の出版社で、一般人の書いた原稿を書籍にする仕事をしている派遣編集者の「私」は、次々に訪れる「難敵・素人物書き」との戦いに明け暮れている。作//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 22:58
だが剣が喋るはずがない

 芦屋堂馬は剣術と温州みかんをこよなく愛好する以外は量産型の男子高校生。ある秋の晩に刀を持った頭のネジの緩そうな少女に襲われ、返り討ちにする。  図らずも手に入//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 04:47
僕に突然扶養家族ができた訳

ある日突然、何年も音信不通だった兄が、自分の子供を連れて僕のアパートに現れて、 「悪い、こいつをしばらく預かってくれ」 と言って子供を置いていった。 嫌も//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全561部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 07:00
Web小説デビュー

商業作家の名無しの物書きです。 ウェブからデビューした者として、その後の世界をなるべく詳しく書きます。 具体的には、お金とかつまずきやすいこととか、担当さんとの//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/20 23:00
長男が発達障害だった

長男が発達障碍児だった、特に問題はない。 そんな子育て記録にもなってないうろ覚えの記憶を書きなぐったもの。 可愛いから問題ない。 作中、障碍だったり障害だった//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全25部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 21:05
Bitter Moon 〜蜜月の逆説〜

結婚式まであと1ヶ月と迫る中、瑤子は婚約者の正志が「瑤子が便利な女だから」結婚を決めたのだという本心を知ってしまう。失意の瑤子には、実は半年の命しか残されていな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/06/16 21:36
元風俗店員の風俗こぼれ話

風俗業界で働いていた元風俗店員の業界暴露話です。 風俗とか気持ち悪いと思う方は迷わずブラウザバックしましょう。

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 07:22
完璧な淑女のふしだらな契約

学院一の完璧な淑女と名高い伯爵令嬢フリーダ・クレヴィング。白百合の君と称され、誰をも魅了する彼女にはひとつだけ、致命的な欠点があった。 誰にも言えない彼女の秘密//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全34部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 19:00
魚屋がふざけて言ってみる

色々な店を巡る流しの魚屋である私が思った事を書き綴る。 魚の食べ方から、客の愚痴まで適当に綴るので暇ならばお付き合いくださいませ。 カクヨムさんにも暇を見つ//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全103部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 20:48
羽を手にした日

娘(小六)の成長に対して戸惑う男親とその家族の話。

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全2部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/05 11:09
昨日見た夢の話なんだけど

 日富野明は日本に住む普通じゃない男子高校生。しかし手は二本で、鱗は生えていないし、エラ呼吸もできないというホモ・サピエンス標準装備の何の面白みもないクソ雑魚ス//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/19 17:52
だから、嘘を

決して自分を好きになってはくれない彼の傍にいる為に、だから彼女は嘘をついた

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/05/06 19:14
古龍の昔話

龍鳴山には、人の姿をした古龍が住んでいる。 その龍の傍らには、身の回りの世話をする少女がいた。 ある日、少女は古龍に言った。「あなたのことを教えてほしい」。 古//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/06 19:00
↑ページトップへ