挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ハンスじいさんの最後

作者:夢学無岳

どんなことが真理とか寓話とか言って、
数千巻の本に現れて来ようとも、
愛がくさびの役をしなかったら、
それは皆、バベルの塔にすぎない。

(ゲーテ『温順なクセーニエン』から)


 むかしむかし、北の国にオーデンセという町がありました。

 オーデンセは、冬はながく、雪がおおくて、寒い町でした。

 しかし夏になると、短い間ですが、あたたかくなります。うつしい草原は、太陽のやさしい光にゆらめき、小鳥たちは青空のもと、すずやかな風にのって飛びます。


挿絵(By みてみん)


 ある日のこと、ハンスじいさんはうすいコートをはおって、草原へと散歩さんぽへ出かけました。遠くには、しずかに町へと向かう馬車が見えました。

 ハンスじいさんが小川のほとりを歩いていると、どこからともなく、小さなかわいらしい女の子があらわれました。

 女の子は、悲しそうな目をしていました。そして、ハンスじいさんを見て、こう言いました。

「おじいさん。どうして、あたしをころしたの?」

 ハンスじいさんはびっくりしました。なぜなら、ハンスじいさんは、だれもころしたことなんてないし、その女の子は目の前に生きているように見えたからです。

 ハンスじいさんは言いました。

「ぼくは君をころしたことなんてないと思うんだけどなぁ。ぼくはハンス。君は、だあれ?」

 女の子は答えました。

「あたしはアン。アン・マリー」

 ハンスじいさんは、ふしぎそうな顔をして言いました。

「アン・マリーだって? ぼくの死んだお母さんの名前といっしょじゃないか。 君は、ぼくのお母さんなのかい?」

 女の子は答えます。

「いいえ、お母さんじゃないわ。あたしはおじいさんのむすめよ」

 ハンスじいさんは、もっと分からなくなりました。なぜなら、ハンスじいさんは結婚けっこんをしたことはないし、子供もいなかったからです。

 ハンスじいさんは、むかしはたくさんのこいをしました。でも、そのこいみのったことは、いちどもありませんでした。ハンスじいさんは、自分が、みにくかったから結婚けっこんできなかったと思っていました。

 ハンスじいさんは思いました。

〈ぼくにはむすめはいなかったはずだけど。どういうことだろう? それに子供だったら、ぼくをおじいさんとぶんじゃなくて、お父さんとぶはずだ〉

 女の子はハンスじいさんの手をとりました。

「おじいさん。おぼえてないの? いっしょに来て」

 そう言うと、まわりの景色けしきがぐるりと回転かいてんしました。


挿絵(By みてみん)


 ハンスじいさんは女の子と手をつないで、うす暗いオーデンセの町の中に立っていました。

 家々いえいえの屋根にも、道にも、雪があつくつもっています。町の人たちは、コートをギュウッと着こんで、帰宅きたくを急いでいました。

「はて、さっきまで夏の郊外こうがいにいたのに、どうしたことだろう?」

 ハンスじいさんは首をかしげました。

「おじいさん。あれを見たら、あたしをころしたことを思い出す?」

 女の子は通りの向かいをゆびさしました。行きかう人々の間に少女がはだしで立っているのが見えます。ハンスじいさんの横にいる女の子にそっくりです。

「アン、彼女かのじょは君にているけれど、ふたごか何かかい?」

「いいえ、あれは、あたし」

「あれが君なら、君はだれなんだい?」

「あたしもあたし」

 ハンスじいさんは、よく分かりませんでした。でも、そのことを考える前に、はだしの女の子がこごえているのを見て、かわいそうだと思いました。そして、自分のコートを女の子にかけてあげようとしました。しかし、近づくことができません。

 ハンスじいさんと女の子のすがたは、他の人には見えないようでした。みんな、わき目もふらずに歩いています。はだしの女の子も、ハンスじいさんたちには気づかず、道行く人たちにマッチを売ろうとがんばっていました。しかし、なかなかマッチは売れません。

「思い出したぞ。これは、たしか30年くらい前、ぼくが書いた童話どうわだ。君は、マッチ売りの少女だね」

「おじいさん、思い出したみたいね」

 そのうち暗くなりました。マッチ売りの少女は、少しでもあたたかい所をもとめて、さまよい歩きました。そして、ある家の軒下のきした、雪だるまの横に、すわりこみました。

 少女はあまりの寒さに、マッチをすってあたたまりました。マッチに火をともすたびに、ストーブや、七面鳥しちめんちょう丸焼まるやきのまぼろしがあらわれては消えていきます。

「とても寒くて、いたくて、おなかがすいて、つらかったの。どうして、たすけてくれなかったの?」

 女の子はハンスじいさんに聞きます。

「ごめんね。どうしてって聞かれても、これはお話なんだ。みんなが読むための、お話だったんだ」

 と、ハンスじいさんは答えました。


「おじいさん。わたしのことはおぼえていますか?」

 ハンスじいさんは、急に声をかけられて、びっくりしました。見ると、マッチの炎の中に、クリスマスツリーが立っています。

「ええと、君のお話も書いたおぼえがあるよ。たしか、君は、もみの木だね」

「そうです。わたしは苗木なえぎのころから、大きく、りっぱになることをゆめ見ていました。なのに、若木わかぎのうちに切られて、クリスマスツリーにされました。そしてクリスマスが終わると、屋根裏やねうらにしまい込まれ、れたら、まきにされてやされました。どうしてです?」

「ごめんね。どうしてって聞かれても、これはお話なんだ。みんなが読むための、お話だったんだ」

 と、ハンスじいさんは答えました。


「おじいさん。ボクのこと、おぼえてる?」

 ハンスじいさんは、また声をかけられて、びっくりしました。見ると、軒下のきしたの雪だるまが、ハンスじいさんを見ています。

「ええと、君のお話も書いたおぼえがあるよ。たしか、君は、ストーブにあこがれた雪だるまだね」

「そうさ。ボクはストーブに会いたかったんだ。でも、ボクはけちゃうから部屋の中には入れない。外が寒いとまどがこおりついて、中をのぞいて、ストーブを見ることもできない。けっきょく、ストーブには会えず、外があたたかくなるころに、ボクはけてなくなっちゃったんだ。どうしてなの?」

「ごめんね。どうしてって聞かれても、これはお話なんだ。みんなが読むための、お話だったんだ」

 と、ハンスじいさんは答えました。


 ハンスじいさんは、自分の書いたお話の女の子や、クリスマスツリー、雪だるまに悪いことをしたなあ、と思いました。まるで本当に、みんな生きていたように思えてきたからです。


「ほらほら、みんな、あんまりおじいさんをこまらせるものじゃ、ありませんよ」

 見ると、そこには白くかがやく、うつくしい天使がいました。

「あのう、あなたはどなたですか?」

 ハンスじいさんはたずねました。

「わたしは、あなたの守護しゅご天使です。これから、あなたたちをべつの場所につれて行きましょう」

 そう言うと、まわりの景色けしきが、また、ぐるりと回転かいてんしました。



 ハンスじいさんと女の子、クリスマスツリーと雪だるま、それから天使は、大きな町の、大きな家の屋根の上にいました。

 目の前には、大きな聖堂せいどうがあり、そのまわりには、何千人もの人が集まっていました。

 大人も子供もみんないます。町の人たちだけでなく、王子さまや浮浪者ふろうしゃ、外国の人もいます。

「あれは、なんですか?」

 ハンスじいさんは、天使にたずねました。すると、天使は言いました。

「あれは、あなたのお葬式そうしきですよ」

 ハンスじいさんは、おどろきました。

「ええっ! ぼくは死んだのですか?」

「そうです。あなたは死にました。そして国じゅうの人たちが、それを悲しんでいます。あなたの書いた童話どうわを、だれもが読みました。これから世界じゅうの人も読むことでしょう」

「そうでしたか」

 ハンスじいさんは、悲しそうな、満足まんぞくそうなみをうかべました。

 天使は言いました。

「人生には、幸福こうふく真珠しんじゅがひつようです。でも、それだけでなく、悲しみの真珠しんじゅもひつようなのです。だからこそ、あなたのお話はみんなにあいされました。これから先も、あいされつづけるでしょう」

 女の子は、やさしくハンスじいさんの手をにぎりました。クリスマスツリーと雪だるまは、あたたかく光っているように見えます。

 雲のすき間から光がさしこみました。天上の音楽が聞こえてきます。

「さあ、みんな、お待ちかねですよ」

 天使が言うと、ハンスじいさんは聞きました。

「みんなって、だれです?」

「あなたのお父さん、お母さん、それから、おやゆびひめ人魚にんぎょひめもいますよ。みんな、人々からあいされて、たましいを持ったのです。さあ行きましょう」

 天使が言うと、光の階段かいだんがあらわれました。

 そうして、ハンスじいさんは、女の子や天使といっしょに、空にのぼって行きました。


 地上では、だれもがハンスじいさんの死をいたみ、感謝かんしゃいのりをささげています。そして、聖堂せいどうのレクイエムは、天上の音楽とまざりあい、光の雨をふらせていました。


挿絵(By みてみん)



おしまい




 1875年8月。ハンス・クリスチャン・アンデルセンはくなり、コペンハーゲンに埋葬まいそうされました。70さいでした。

この作品は「冬の童話祭2018」に参加しています。

ハートを贈って作品を応援しましょう!


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ