ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7990EM

ハンスじいさんの最後

短編
あらすじ  ハンスじいさんが小川のほとりを歩いていると、どこからともなく、小さなかわいらしい女の子があらわれました。

 女の子は、悲しそうな目をしていました。そして、ハンスじいさんを見て、こう言いました。

「おじいさん。どうして、あたしを殺したの?」


・すべての、子供たちと、お父さん、お母さん、それから作家さまに捧げる童話です。
作者名 夢学無岳
キーワード 西洋 近世 ネット小説大賞六感想 冬童話2018
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2018年 01月13日 12時39分
最終更新日 2018年 01月18日 13時02分
感想 9件
レビュー 1件
ブックマーク登録 16件
総合評価 236pt
ポイント評価 102pt  : 102pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,720文字
N7990EM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
 ハンスじいさんが小川のほとりを歩いていると、どこからともなく、小さなかわいらしい女の子があらわれました。  女の子は、悲しそうな目をしていました。そして、ハンスじいさんを見て、こう言いました。 「おじいさん。どうし//
N8821EL| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
もし「マッチ売りの少女」が詩だったら
N5004EK| 小説情報| 連載(全12部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
深夜、コンビニのバイトの帰りに、車にひかれて死んでしまった俺。人生の大半はニートとフリーター生活だった。 そこへあらわれた女の子が、ファンタジー世界に転生させてくれるという。 大チャンス、俺にも夢と冒険の世界が待っていた//
N7074EL| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
この町には天使がいるという噂があった。特に年末になると、だれもがその噂を耳にした。
N2188EK| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
「小説家になろう」で見つけた小説。『注文の多い小説』。 読んではいけません。しかし少しでも読み始めたら最後までお読みください。 また、注文はでき得る限り実行してください。さもないと、死にます。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ