挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第二章 序盤戦とか外交とか色々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/81

閑話 発展途上国日記ー中央アフリカ共和国編ー

『2045年5月16日夜 中央アフリカ共和国バンギ 自動車セールスマンの男性(33)

 昨日から空に浮かび上がる映像。
 映し出されるのは、二人の男女と見たこともない醜悪な怪物達。
 あの映像が何なのかは分からない。

 こんな異常事態のせいだろうか。
 今日は自動車を買う客が多かった。
 いつもなら見るだけ見て帰っていく冷やかし客も、挙ったように車を買っていく。

 そのおかげで、今日の売り上げだけで半年分のノルマを達成できた!
 明日も今日みたいな感じだったら、特別報酬も期待できるかもしれないな。
 もしも報酬が出たら、前から欲しかったPONDAの中古バイクを買おう!
 明日も頑張るぞ!!』


『2045年5月18日夜 中央アフリカ共和国バンギ 個人商店の男性店主(42)

 空の映像でずっと映っていた男と女。
 その内の女が、遂に化物共に殺された。
 ありゃあ、むごかったな。
 化物共に生きたまま四肢を食われた女は、最後まで家に帰りたいと泣いていた。
 赤の他人だけど、流石に可哀そうだと思ったよ。
 まっ、俺にはどうしてやることもできないんだけどな!

 そんなどうでも良いことはおいといて、2、3日前から店の商品がどんどん売れていったんだが、遂に今日在庫がなくなっちまった!
 新しいのを仕入れようにも、この町の市場はどこもかしこも品切れ状態。
 なんでも外から物が入って来難くくなっちまったんだと。
 こうなりゃ商売あがったりだ!
 畜生めぇ!

 馴染みのジグの話だと、明後日くらいには新しいのが入ってくるそうだ。
 はあ、それまで何してりゃあいいんだ?』


『2045年5月20日昼 中央アフリカ共和国バンギ 小学校の女性教師(26)

 最近、町のどこに行っても物が売ってない。
 ここ数年はなかったんだけど、久しぶりに物不足になっているっぽい。
 物不足になると強盗や殺人が増えるんだよね、嫌だなー。

 学校もしばらくは休校になって暇なんだけど、女は外を歩き難いし、家にいてもやることなくて最悪!
 こんなことなら、同僚のパナサからのアプローチにさっさと応じておけば良かったかな?
 でも、彼ってお金貯めてなさそうだし、やっぱりナシね。

 というか、さっきからアパートの隣が凄いうるさいんだけど!
 叫び声も聞こえるし、もしかしてヤバいっぽい?
 あっ、音が止んだ。
 あれ、もしかして次は私の部屋に来るっぽい?
 もしかして、もしかしてだけど、強盗だったり?

 …… ふふふ、2年前に買ったっきり一度も使ってないマグナムの出番ね!?
 いいわ、来なさい!!
 鉛玉をぶちかましてやるわ!!!』


『2045年5月22日夜 中央アフリカ共和国バンギ 小学生の男の子(8)

 今日でがっこうがお休みになって3日めです。
 つまらないけど、空にえいががうつってて楽しいです。
 女の人はよわいからすぐにまけちゃったけど、男の人はつよいからすきです。

 今日も、男の人は、てきを2体たおしました。
 かっこよかったけど、もっとはでにたおしてほしいです。
 そっちのほうが、もっとかっこいいとおもいます。

 そういえば、パパがきのうの夜から家にかえってきません。
 おしごとたいへんそうです。
 がんばれ!

 ママは、さいきん、ごはんが手ぬきです。
 もっとがんばれ!
 ぼくも手をぬいて、今日はしゅくだいをやりません。

 あと、きのう、ママが、がっこうの先生がころされたって言ってました!
 わかい女の人です。
 ごうとうにまけました!
 よわい!
 がんばれ!!』


『2045年5月26日夜 中央アフリカ共和国ボサンゴア 下っ端の男性警官(30)

 今日は人口10万人の街で、429人が殺された。
 296件の住宅や店が強盗に遭って、800台以上の車が盗まれた。
 細かい犯罪は数えきれない。
 いつも通りの糞ったれな日常だ。

 だが、なんとなく、いつもよりも多いような気がしなくもない。
 まあ、気のせいか。
 最近、店に物が少なくなったな。
 だから強盗の数が増えたような気がするのか?
 別に良いんだけどな。
 明日も明後日も、パトカーに乗って、犯罪者を見つけて、銃を撃つ。

 今日もいつも通りで、きっと明日もいつも通りだ。
 暇になったら、空を見上げれば、珍しく気の利いた政府が流す無料の映画を見れる。
 あの映画は派手じゃなくてつまらないと言う奴もいるが、臨場感があって俺は好きだ。
 なんというか、本当に死と隣り合わせっぽく演じてる俳優の演技に惚れた!』


『2045年5月30日昼 中央アフリカ共和国ノラ 男性市長(52)

 今朝、バンギの政府から電報が届いた。
 なんでもこの国は孤立したそうな。
 いつものことか。

 だが、いつもと違って、今回は本当に孤立状態らしい。
 外国からの交易が全て止まっているとか。
 クソ!
 バンギの政府は本当に碌なことをしないな!!
 今度は一体何をやったんだ!?
 革命か!? 虐殺か!? もしかして内戦おっぱじめやがったか!!?

 おかしいと思ってたんだ!
 最近、急に物不足になってくるし、犯罪も増える。
 全部バンギの政府の仕業だったか。
 幸い、俺の街はバンギから最も離れた場所にある中核都市だ。
 まだ首都の混乱はここまで来ちゃいない。

 こうなりゃ独立するか?
 やっちゃうか?
 いけるかな。
 とりあえず近場の軍を掌握しとこ!』
中央アフリカ共和国:発展途上の中小国家。失敗国家。
バンギ:首都。発展度合いは栃木県とサハラ砂漠を足して5で割った感じ。
ボサンゴア:大きな都市。栃木県とサハラ砂漠を足して20で割った感じ。
ノラ:大きな都市。栃木県とサハラ砂漠を足して10で割った感じ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ