挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第二章 序盤戦とか外交とか色々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/81

第三話 リンゴ飴と汚い花火

 深い、深い森の中。
 乱雑に切り倒された木々。
 その合間を縫うように、大地に突き刺さった粗雑な杭。

 何十本もの杭には、ゴブリン、ハーピー、ドラゴンなど、様々な魔物が生きたまま突き刺さっていた。
 彼らの腕程もある木の杭が、肛門から口腔まで貫通している彼らは、文字通りの生き地獄を味わってる。

『ギィィィィ……』

『ピィィィィ……』

 初めの頃は耳を塞いでも脳裏に突き刺さる、痛みと恥辱、恐怖と絶望が入り混じった絶叫を上げていた彼らも、時間と共にだんだんと衰弱していく。
 今ではろくに声も出せず、ただ涙を流している者までいる。
 本来、串刺しにされている魔物達は、敵と勇猛果敢に戦い、敵と刺し違えてでも勝利する覚悟を持った勇士であった。

 敵と戦い、そして無残にも敗北した。
 その結末が、誇り、仲間、自由、それら全てを奪われた挙句、無理やり生かされているこの光景だ。
 彼らの内心に渦巻く、後悔と悲しみは如何ほどのものか、想像するまでもないだろう。

『グゥォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!』

 突如、森の中に凄まじい雄叫びが轟いた。
 魔物達の悲痛な叫び声はもちろん、内心の絶望まで一瞬のうちに吹き飛ばしてしまったその雄叫びは、彼らにとって、なじみ深いものだった。
 大きく、強く、気高く、偉大で、勇猛で、そして何より、部下想いの敬愛する我らが連隊長。

 絶望に包まれた彼らの心中、そこに芽生えた希望の芽。

『ガァァァァァァ』

『ブヒィィィィィ』

 連隊長の雄叫びに続き、戦友達の雄叫びが空気を震わせる。
 来た。
 仲間が来た。
 助けに来てくれた。

 希望の芽は、瞬く間に成長し、天を衝くばかりの大樹となる。

『ギィィィィィィィィ!』

『ピィィィィィィィィ!』

 魔物達は、残された力を振り絞って、戦友の声に応えた。
 即座に、先程以上の雄叫びが森を駆け抜けてゆく
 すぐに助ける!
 もう少しの辛抱だ!!
 決して諦めるな!!!

 囚われの戦友を鼓舞するかのような雄叫びに、魔物達はあらん限りの雄叫びで応えた。
 彼らの雄叫びは共鳴し、森林地帯を包み込んだ。

 そして、遂に、彼らの連隊長、部下を助けるために自らの直轄部隊を動かした漢。
 鈍色の肌を持つ筋骨隆々の巨大なオーガが、森の中から姿を現した。
 そのオーガに続くように、様々な種族の魔物が現れる。

 俺達は助かった!
 戦友を助けられた!

 二つの想いが重なった時————

「感動の再会をおめでとう。
 心ばかりだが、祝福の花火を上げてやろうじゃあないか」

 視界を焼く強烈な閃光、そして大地を震わせる轟音。

「汚い花火はぐんまちゃんの十八番おはこですねー!
 とっても素敵です!!」

 初めてぐんまちゃんとダンジョンに行った時のことを思い出して、ドキドキしちゃいます! そう言って恥ずかしそうに頬を染める高峰嬢。
 俺はそんな彼女が全く気にならないほどの、罪悪感に襲われていた。

 自分でやったことだけど、流石に人間としてどうよ?
 自分に自分でドン引きだよ!
 もしかしたら高峰嬢の狂気が感染してしまったのかもしれないな。

 まあ、今はそんなことは良いだろう。
 同時に設置していたC4を、魔物集団の到着と同時に起爆したことにより、救援に駆け付けた魔物達は絶賛混乱中だ。
 ここで退却を許してしまえば、再度同じ手を使ったとしても誘き出すことはできない。

「高峰嬢、混乱中の魔物達を殲滅してきてくれ
 俺達は周辺で退却を図る敵を掃討する」

「分かりましたー。
 今度は私が良い所を見せちゃいますよー!」

 そう言うやいなや、高峰嬢は刀を片手に駆け出して行った。
 俺達は爆破の衝撃を避けるために、囮の位置から200mほど後方の簡易塹壕に隠れていた。
 その程度の距離は、彼女の駿脚にとって目と鼻の先に過ぎない。

 魔物達が発する混乱の鳴き声が、襲撃者に対する怒号へと変化するのに時間はかからなかった。
 俺は8体の従者ロボから3体ずつ抽出して、2つの隊を編成し、それぞれ魔物集団の両横から掃討を命令する。

 残りの従者ロボ2体は、護衛として俺と共にこちらへ急行する人類同盟への足止めだ。
 串刺しにされた魔物達の絶叫、ダンジョン深部からの魔物集団の大移動、とどめに先程の大爆発。
 人類同盟はもちろん、他国の探索チームを呼び寄せる要因は山ほどある。

 無人機による哨戒網には、こちらへ真直ぐに向かっている人類同盟の先鋒が報告されていた。
 彼らが高峰嬢のもとに到着すれば、共闘の名の下に魔石を一定数差し出さなければならなくなる。
 それを断るには、こちらの見掛け上の戦力はいささ心許こころもとな過ぎた。

 1000体超の魔物に挑む2人とロボ8体。
 誰がどう考えても、大量の魔石に目がくらんだ蛮勇でしかない。
 それに俺達日本は、既に3回も階層攻略を達成しており、他国から警戒されている可能性が十分ある。
 こんな状況になっても政治闘争は存在している以上、俺達の強化を阻もうとする動きは必ず出るはずだ。
 ならば、人類同盟が戦場に到着する前に彼らと話を着けるしかない。

 俺は2体のロボ、最初期から付き従っている美少女と美少年を伴って、ここからでも確認できる全高20mの人型機動兵器に向かって歩き始めた。
 もちろん、事前に迷彩を解いた無人機をあちらに遣わせるのも忘れない。
 流石に気づかれないまま踏み潰されるのはごめんだ。
わざわざ投入する戦力を減らしてまで、政治取引を行わなければならない人類。
とってもすてきね!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ