挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
突然姫って言われても困ります! 作者:*まるこ*(改名しました)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/130

告白

短めです

フィルが寝ている部屋に向かうと、
そこではマリアやその他の光の魔法使いがフィルに光を施していた。

「少しだけ交代するから休んで。」

そう言うと、魔力の限界もあったのか、みんな頭を下げて退室していく。

マリアだけは心配そうにこちらを見たが、ティアがしっかりと頷いてみせると、安堵したように出て行った。

みんながいなくなった後にフィルの枕元に腰掛けたティアは、静かに話し始める。

「あのね…フィルのお父さんやチェルシーに会って、わたしフィルに関して何も知らないんだなって改めて気づいたんだ。これまでのことも、フィルと小さい頃会ってどんな話をしたとかも覚えていないし……ロードをお見舞いした夜の…キスの、意味も。」

ふぅ、と一息ついてきゅっと膝の上で拳を握り締める。

「いつも迷惑ばかりかけて嫌われてるかもしれないけど、それでも…少しだけ、貴方の心に近づくのを許して欲しい。…だから、行くね、フィル。」

そう告げたティアは光の呪文を紡いでゆっくりと体内で魔力を高めつつ、枕元に手をつき、フィルの唇にそっと、口付けた。


その数分後、ティアは王都を発った。
読んでくださりありがとうございます。

進みが遅い上にちょっとわかりづらくなってしまってすみません!

もうしばしお付き合い下さいませ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ