挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集

あの男には絶対に負けないんだから!!!!

作者:Ami
とある午後の昼さがり、とある魔法学園は大いに盛り上がっていた。
人の歓声が飛び交い、大きな広場の向かって左には女子生徒が多く集まり歓声上げている。
その反対には対立するように、男子生徒が野次を飛ばしていた。
そんな大騒ぎの中央には、ブロンドヘアに、クリッとした澄んだエメラルドの瞳、綺麗と言うよりは・・・可愛いらしい風貌の女性が、黒いローブを背中になびかせて、向かいに立つ男を強く睨みつけていた。

睨みつけられている男は、サラリとしたプラチナヘアに、ブルーの瞳、見る物全てを魅了するような、精悍な顔立ちに余裕の微笑みを浮かべ、彼女を楽しそうにじっと見据えていた。

「覚悟しなさい、今日という今日はあなたを負かしてやるわ!!」

「そうですか、やれるものならどうぞ。そうそう・・・負けた場合は、必ず約束を守ってくださいね」

ムカツク、ムカツク、ムカツク!!!
何なのよ、その余裕の笑みは!!!!!!!!!!

一触即発の空気の中、男と女の間に立った一人の生徒が大きく腕を振り下ろすと、広場に大きな音が響き渡った。


時はさかのぼり、数日前。
魔法学園の校内では・・・先日行われた中間試験の結果が張り出されていた。

1位 ラファエル  500点
1位 リディアーヌ 500点

あぁもう、悔しい・・・!また同率1位なんて・・・・。
私は成績結果を見上げながら、唇を強く噛んでいた。

「残念ですねリディアーヌ・・・また同率とは、面白くありません。せっかくあなたの敗北した顔を見れると思ったのですが・・・」

今一番聞きたくない声に私は強く拳を握りしめると、勢いよく振り返った。

「ふん、次は私が1位に一人名を連ねるのだがから、悔しそうな顔をするのはラファエル、あなたの方よ!」

私はそう言い放つと、彼は小さく肩を震わせながら楽しそうに笑みを浮かべる。
するとその微笑む彼の姿に、講堂へ集まっていた女子生徒達の黄色い声援が飛び交った。

「そうですか、では楽しみにしております」

そう微笑みを強めると、彼は私に背向け歩き始めた。
何なの!!!あの余裕そうな微笑みは・・・!!!
彼の爽やかな笑顔を見るたびに、私の眉間の皺が増えていった。
いつか絶対・・・あの余裕ぶった態度を崩してやるわ・・・・!

去っていく彼の背中を眺めていると、ふと練習場の付近が突然騒がしくなった。
私は騒ぎの中心へと足を向けると、何やら・・・数人の女子生徒と男子生徒の揉める声が耳に届く。

「魔法の訓練場はあんたたちのものではありませんわ!」

そうよそうよ、と同調する女子達の声が重なった。

「はぁ!?女に戦闘技術は必要ないだろう、ここは男の訓練場だ」

そうだそうだ、と低い声が響き渡る。
男の言葉に女子生徒達は悔し気な表情を見せる中、私はその騒ぎの中心へと割り込んだ。

「「お姉様!!!」」

私は揉めていた女子生徒に話を聞くと、どうも魔法の練習をしようと訓練場に来たものの・・男たちが訓練場を占拠している為、自分たちの練習が行えなかったようだ。
今までもこういう小競り合いはあったようだが・・・・今回は揉めた相手が悪い。
女性に強く言い放った男は、女性軽視が目立つ伯爵家のご子息だ。
でも・・・ここで引けば・・・もう訓練場を使えることもなくなるわね・・・・。
私は今一度彼女たちに目を向けると、杖をギュッと握りし泣きそうな表情をしている。
意を決して私は、そのがたいの良い伯爵家の男を見上げると、毅然とした態度を見せる。

「女に戦闘技術が必要ないなんてとんだ偏見だわ。昔はそうだったけれど、今は違う。先生方もそうおっしゃっていたはずよ」

私は彼女たちを庇うように男の前に立つと、じっと厳つい男の顔を見据えた。

「あぁあん、部外者は黙ってろ」

「何の騒ぎですか・・・?はぁ・・またリディアーヌですか・・・」

男の後ろから聞きなれた声に目を向けると、そこには呆れた表情を浮かべるラファエルが居た。

「っっ・・・ラファエル様。いえ・・・申し訳ございません、あなた様の手を煩わせるほどでは・・・・」

先ほどまで威勢の良かった男はラファエルに深く頭を下げる中、彼の視線は私へと固定されていた。

「それで・・・何を揉めていたのですか?」

「彼らが訓練場を占拠して、女子生徒達が練習できないのよ!」

私はそう言い放つと彼を強く睨みつける。
ラファエルはそんな私の様子に、何が面白いのか・・・小さく笑った。

「まぁそうですね。ここは戦闘技術を高める場、女性には必要ないのでは?」

「はぁ!!!そんな事ない、女性にだって学権利はあるわ!」

私の言葉にラファエルはニヤリと微笑むと、私の前に居た男を押しのける。

「では、私とあなたで決闘をしませんか?あなたが私に勝てば・・・新しい訓練場を作るよう、私から学園長へ話を通しましょう。それであなたが負ければ・・・・・」

ラファエルはそこで言葉をとめると、そっと私の耳元へ唇を寄せた。

「私の恋人になれ」

重低音で囁かれた言葉に、私は目を丸くし彼を凝視していると、彼はまた面白いものを見つけたように小さく笑った。
はぁ!!!!!!!何なのよ恋人って・・・。
最大級の嫌がらせじゃない!
負ければ・・・恋人・・・学園長である公爵家の息子だからって調子にのって!!!!!!

「ふふ、どうします、受けますか?受けませんか?まぁ私に負けるのが怖いというのなら、仕方がありませんが・・・」

挑発的な言葉にカッした私は、蔑むように笑う彼をキッと睨みつける。

「私が負けるなんてことあるはずないでしょ!いいわ、受けてやろうじゃない!」


そうして冒頭へ・・・・・

大きく鳴り響いた開始の合図とともに、私は小さく呪文を唱えると、足元に大きな陣が現れる。
陣から高々と水しぶきが上がると、私の回りを透き通る水たちが包み込んだ。
ラファエルは口もとを弧を描いたまま、鞘から抜いた片手剣に手をかざすと、バチバチと剣の周りに磁力が発生する。
雷剣か・・・。
私は杖を片手に風を発生させると、私を包み込んでいた水たちが小さな球体となり、私の周りへと浮かび上がる。
私はどちらかというと後衛よりの戦術だ、接近戦は避けたい・・・。

彼の足が地面を強く蹴ったのを合図に、私は球体を彼に向けて投げていく。
風魔法を使い素早く彼に飛んでいく球体を、ラファエルは素早く避けなが、切り崩してていく中、私はまた呪文を唱え続けた。
ジリジリと彼との距離が近づいているが、まだ剣先が届くまでもう少し時間を稼げる・・・・。
私は彼の行く手を阻むように水球を投げていると、彼の動きが突然止まった。
とまったその隙をつき、私は呪文を唱えながらありったけの水球をぶつけようと手を振り上げると、私の足元が小さく揺れた。
っっ・・・まずい!

私は水球をそのままに風魔法で素早くその場から飛び退くと、先ほど立っていた場所から蔓が伸びてきた。
蔓はそのまま私目掛けて一直線へ襲い来ると、術を途中に私は杖を振りかざし、炎を纏う。
蔓は私の体に届く前に黒い炭へと変わると、背後からバチバチと音が耳に届いた。
まずい後ろにいる・・・!
私は振り向かず、自分中心につむじ風を起こすと、一気に放った。
よし、これで吹き飛ばせたはず・・・・。

私はゆっくりとあたりを見渡すが、彼の姿はどこにもない。
遠くに飛ばしすぎたかしら・・・?まぁ今のうちに術を完成させましょう・・・。
歓声が騒がしい広場の中、私は先ほど中断した術を再度発動させる。
眩い光の中大きな魔法陣が浮かび上がる中、最後の言葉を詠唱しようとした瞬間、真上からラファエルがふってきた。
なっ、どっどうして・・・!?
私は慌てて風で防御壁を作ろうと動くが・・・・その前にラファエルの剣先が私の首元へかかった。

「私の勝ちですね」

バチバチバチッと音を立てる剣から体を離そうと後退すると、軽々と彼は私を捕らえた。
そっと彼を見上げると、勝ち誇った表情で私を見据えていた。
悔しい・・・・・!!!
さっきの発動させた風に吹き飛ばされたんじゃないの!?

「ふふ、先ほどあなたの後ろでなっていた磁力の音は、私が意図的に鳴らしたもの。あなたが防御壁も込めているその風魔法を解放する為の布石だったんですよ」

くぅ・・・・!!悔しい・・・・!!!
でも負けは負けよね・・・・。
私は頭を垂れながら、重い口を開く。

「ま・・・・負けました」

その瞬間広場に集まっていた野次馬共の歓喜の声や罵倒の声が響き渡る中、私は必死に涙をこらえていた。
こんなところで泣くな自分・・・みっともない・・・!
私は涙を堪えるよう強く唇を噛みしめていると、ラファエルの手が私の顎へとのばされた。
そのまま顎をクイッと持ち上げられると、いつもとは違う優しい微笑みを浮かべた彼と視線が絡む。

「やっと、あなたを手に入れることができた」

そうボソッと呟くと、彼は私へと顔を寄せる。
彼の見慣れない表情に呆然とする中、私の唇に彼の唇が重なった。
はぁ!?
突拍子もない口づけに、私はその場で凍り付いていると、彼の唇がゆっくりと離れていく。

「え・・・、ちょっと待って・・・今のは・・・?」

「リディアーヌは私の恋人になったのですから、普通の事でしょう?」

そう意地悪そうに微笑む彼に、私は顔を真っ赤にして怒ると、彼は嬉しそうに笑った。

「もう!!!!いつかその余裕の表情を崩してやるんだから!!!!!!」

私はそう言い捨てると、真っ赤になった顔を隠すように、その場から逃げ去った。
何なのよ!!私の事をからかって!!!
私は走りながらも、鮮明に思い出される彼の唇の感触に奇声をあげていた。



その後二人は幸せな結婚することになりますが・・・・それはまた別のお話。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ