挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界チート魔術師(マジシャン) 作者:内田健

第三章:ウェネーフィクスの乱

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/125

邂逅

殿下のお名前判明。
 ここからギルドまではそう遠くはない。数分で到着出来るだろう。
 人々の合間を縫って歩く。見知った顔と何度もすれ違った。アズパイアを拠点にして随分たつ。知己もそれなりに増えたのだ。
 歩きながら耳に入る声の中には、ちらほらとギルドに停まっている馬車の話があった。何でも有り得ないほどに立派だと。その辺の田舎貴族が使う馬車と比べても、雲泥の差だと。
 話を聞く限り考えうるのは、相当に位の高い人物が待っているということ。
 あまり待たせていい御方ではない―――そう言っていた青年の言葉は、決して大袈裟ではなかったのだと思える。
 それが予想から確信に変わったのは、実物を目にしてからだ。
 まるで冗談のような立派さだ。
 金銀などの装飾物に彩られているわけではない。アクセントに使われている位で、それらが自己主張しているわけではない。むしろ、そんなものに頼るのは無粋だといわんばかり。取れているのは調和。宝石貴金属は飾りだと言外に告げている。そう思わせる一番の理由は、馬車全体から滲み出す威厳だ。これ見よがしに見せつけるわけでもなければ、声高に訴えることもない。ただ、そこにあるだけ。
 これは心する必要がある、と三人は身構える。物珍しげに、しかし畏れ多い、という感じで馬車の周囲を囲む群衆の間を抜けて、ギルドに入った。

「ああ! タイチさん!」

 入るなりこの大声だ。
 面食らう太一たちに血相変えて駆け寄ってきたのはマリエだった。
 尋常でない慌てっぷりである。

「マリエさん。落ち着いて」

 どうした、と聞こうと思ったが、口を突いたのはその言葉。それほどまでに、マリエは冷静さを失っていた。
 はあふうとあまり意味をなしていないような深呼吸をして、マリエは太一の両腕を掴んだ。距離がかなり近い。マリエの整った顔が目の前にある。
 そんなことすら気にならない様子のマリエは、一度大きな動作で唾を飲み込んだ。

「お……」
「お?」
「王女様が、タイチさんたちに会いたいと……!」
「おうじょさまあ?」

 奏とミューラが目を丸くして固まった。太一の間抜けな鸚鵡返しを茶化さず、マリエが頷く。

「冗談でもなんでもないんですよ!」
「いや、俺そんなこと……ってひっぱらなくてもいいから!」
「いいから早く来てください! カナデさん! ミューラさんも!」
「は、はい!」
「わ、分かったわ!」

 マリエの怒濤の勢いに押されて、三人は彼女に連れられてギルドの奥へ進む。案内されたのは見慣れた扉。考えるまでもない、ジェラードの執務室だ。
 マリエは今までの勢いを押し殺し、一度大きな息を吐いてから扉をノックした。

「誰だ」

 ジェラードの誰何。

「マリエです。タイチさんたちをお連れしました」
「……入れ」
「失礼します」

 先程の慌てっぷりはどこへやら。恭しく扉を開くマリエ。それに合わせて、視界が広がって行く。

「突然お呼びだてして申し訳ありません。お待ちしておりました」

 ソファから立ち上がった少女に、太一も、奏も、ミューラも、圧倒された。
 表の馬車の持ち主だと一も二もなく納得できる。凄まじい存在感。彼女は、本物だ。
 悠然と微笑むだけで、ここまでの威厳を見せるとは。
 固まる太一たち三人に、ドレスのスカートをつまんで優雅に礼をした。
 一朝一夕では身に付かない、高貴な淑女の礼。日本でなら、なりきりコスプレとでも言ったかもしれない。しかし彼女の礼は、そんなにわか仕込みと比べるのは失礼なほど堂に入っている。幼い頃から、それこそ物心つく前から叩き込まれた英才教育の賜物だろう。

「御初にお目にかかります。わたしはエリステイン魔法王国第二王女シャルロット・エリステインと申します」

 ボリュームあるやや金も混ざった銀色の髪が、彼女の動作に合わせて揺れた。

「し、シャルロット……姫?」

 ミューラが心底驚いている。

「……ご存知なの? ミューラ」

 知ってるの? と聞こうとして、奏はギリギリで言い回しを変えた。謎のプレッシャー故だ。

「ご存知も何も……シャルロット姫は、エリステインの象徴のような御方よ……」

 ミューラはそれきり言葉を詰まらせた。
 シャルロットはふわりと笑みを浮かべる。

「親しい者はわたしを『シャル』と愛称で呼ぶのです。お三方も是非、愛称でお呼びください」

 シャルロットでは少々長いですから、とシャルは言った。随分とフレンドリーだ。王族という先入観が覆される気さくさ。だが、彼女にとってはそれが普通なのだろう。そう言うのに一切ためらいがない。
 なんでだ。太一は素直にそう思った。親しい者が使用する愛称。知己はなくとも友達の友達をそう呼ぶならまだしも、彼女と太一たちは初対面からまだ数分だ。まして彼女はこの国の王族。そんな気安く接していいものか。顔に出してしまっていたのか、シャルロットの斜め後ろに控えていた若い男が、重々しく口を開いた。

「殿下はお前たちを気遣っておられるのだ。光栄に思うがいい」
「……」

 何故だか、釈然としない。
 エリステインの人にとっては、彼女は天上人だろう。それは疑いの余地はない。彼女を敬うのに異論はない。日本でだって、目の前に突然現れたのが天皇陛下だったなら、きっと敬うだろうから。
 頭では理解できるのに。なのに何故、釈然としないのか。その理由までは分からなかった。

「出すぎるなミゲール」
「は……しかし」
「二度繰り返すつもりは無い」
「……失礼しました」

 それを諌めたのは、壮年の男。冷静さと滲み出る苛烈さを兼ね備えている。やり取りをみるに、ミゲールの上司なのだろう。ミゲールはそれきり引き下がった。
 細く小さく息を吐き、シャルロットが気を取り直す。

「お見苦しいところをお見せしました。立ち話もなんですので、座ってお話ししたいのですが」
「こちらをお使いください、姫様」

 間を置かずにジェラードがソファを薦める。礼を言って腰かけるシャルロット。

「お前たちも座れ」

 ジェラードが振り返り、太一たちに座るよう促す。ここはジェラードの執務室だが、彼はシャルロットを優先しているらしい。
 シャルロットが腰掛けるソファに座る訳にもいくまい。対面のソファは太一たち三人が座れば埋まる。ジェラードは立っているつもりのようだ。
 このまま突っ立ったままだと、シャルロットを上から見下ろす形になる。何となくその位置関係は立場的に落ち着かない。促されるまま、太一たちは腰を下ろした。
 向き合うと、改めて彼女の纏う空気を直接浴びせられる。慣れないのは仕方無いだろう。

「本当なら早速本題に入りたいところなのですが、まずはタイチさん、カナデさん、お二人に打ち明けなければならないことがあります」

 優雅かつ綺麗な姿勢。まるで等身大の人形のようだ。
 いやそれよりも。打ち明けることとはなんだろうか。随分と深刻そうな表情をしているが。

「まず、わたしの属性ですが……わたしは、ユニークマジシャンです」

 ユニークマジシャン。属性というか、種類は五つ。精霊魔術師と、太一の召喚術師。光属性、闇属性、そして、時空属性。
 シャルロットは一度目を閉じ、そして開いた。

「ユニークマジシャンとしての属性は……時空属性」

 ざわ、と。太一の心に小さくない波紋が広がる。レミーアが言うには、時空属性には、異なる世界から対象を召喚出来る術式があるのではなかったか。
 シャルロットは続ける。

「タイチさんとカナデさんは、『落葉の魔術師』たるレミーア殿に師事していると報告を受けています。ユニークマジシャンについても、説明は受けられているでしょう」

 報告を受けている? 太一たちの事を調べでもしたのだろうか。
 一国の王族が、一冒険者を、何故。
 思い当たる節があるのが恨めしい。ふと奏を見れば、その表情が全てを物語る。太一だけがその予想をしていたわけではないようだ。

「タイチさん。カナデさん」

 シャルロットが、二人の顔を一度ずつしっかりと見た。
 そして。

「お二人をこの世界に召喚したのは、わたしです」

 ぐっと拳を握るだけで耐えれたのは、予想通りの答えだったから。
 彼女が。
 この世界に。
 自分たちを。
 喚んだ。
 太一は静かに息を吐いた。

「そうっすか」

 それだけ。声に感情が乗らないように細心の注意を払った。

「貴様。何と無礼な口の利き方を……」
「ミゲール」
「……はっ」

 ミゲールは、どうやらシャルロットに対する忠誠がかなり篤いようだ。今の太一にとっては、鬱陶しいだけだったが。

「もちろん、目的もなく召喚したのではありません」
「目的ですか?」

 この問い掛けは奏。太一と違い、まだ冷静なようだ。メンタルコントロールが上手なため、表面に出ないだけかもしれない。内心は、分からない。

「はい。もう噂ではお耳に入っているかと存じますが、今、ウェネーフィクスは……いえ、エリステインは危機に陥っています」

 恐らく、ウェネーフィクスが閉鎖されている事が絡んでいるのだろう。

「二〇年に渡る王家と貴族とのいさかいで、国は疲弊しています。国外に手出しされるのも時間の問題……ですが、我々では最早どうしようもないのです」

 ミゲールが苦汁をなめたような顔をする。本当に悔しげだ。一体何に対して悔しさを覚えているかは分からないが。

「それで、俺たちになんとかして欲しい、と?」

 重々しく頷くシャルロット。

「いくつか、質問があります」

 奏が遠慮がちに手を挙げる。どうぞ、とシャルロットが答えたのを待って、口を開いた。

「まず、何故私たちだったんですか?」

 それは当然の疑問であった。
 想定内とばかりに、シャルロットは直ぐ様答えを返す。

「それは召喚魔法陣が決定するのです。わたしがタイチさんとカナデさんを選んだのではありません」
「……。二つ目。何故私たちは、魔術が使えたんですか?」
「それも、召喚魔法陣が決めたからです。召喚魔法陣は、行使する者が抱える運命を読み取り、それを解決するために必要な力を持った人物を召喚します」
「……ということは、私たちは無作為に選ばれたんですね?」

 こくりと、シャルロットが首を縦に振った。

「では、最後です。私たちは」

 奏はそこで息をのんだ。口を閉じたり開いたり。聞かなければいけない。しかし、聞きたくない。そんな思いが手に取るように分かる。
 そうして数十秒か、或いは数分か。奏が、意を決した。

「……私たちは、元の世界に戻れますか?」

 シャルロットは聡明だ。だから、この質問が来ることなど、分かるはずだ。ならば何故俯くのだろう。何故目を逸らすのだろう。
 その行動が、答えだった。
 戻れない。
 奏がソファに身体を預ける。その手が小刻みに震えていた。
 太一は、奏の手を握った。
 不思議だ。何故こんなに冷静になれるのか。打ちのめされた奏を見て、太一の心が冷えきった。

「帰れない、かあ」

 シャルロットがびくりと動いた。それに気付いたが無視した。

「当たり前っすけど、元の世界には家族もいるし、友達もいるんすよ」

 太一は上半身を前に傾ける。その視線を感じてるのか、シャルロットは目を伏せたままだ。

「もちろん、向こうに生活がある。俺たちを探して、たぶん大騒ぎになってる」

 太一と彼の家族は時間が合わずにすれ違いが多いが、それは不仲を意味するわけではない。むしろいい方だろう。
 無論奏もだ。彼女だって家族との仲は良好だ。
 ずっと、ずっと意図的に考えなかったこと。考えれば、思い出せば、折れてしまうから。
 しかし突きつけられた現実が、背を向けることを許さない。

「俺たちの世界にはね」

 太一の言葉は止まらない。

「魔術とかないんすよ。俺たちの世界の人間は特別な力なんて何も持たない」

 この世界の人々は、魔術という、特別な力がある。全員ではないが、確かに持っている者が多数いる。

「自分たちの世界で何とかするならいざ知らず、他の世界の力を借りないとダメなのか。魔術なんて力を持つくせに」

 どれだけ言葉のナイフで突き刺しただろう。しかし、相手を慮る余裕はない。

「俺たちね。この世界に着いた瞬間、死にかけました」

 思わず、といった言葉に、シャルロットが顔をあげる。そして太一に射抜かれて固まった。

「腕の立つ冒険者が助けてくれなきゃ。ここのギルドマスターが口利きしてくれなきゃ。レミーアさんが保護してくれなきゃ。俺たちはこの世界じゃ生きられなかった」

 何の力も持たない者を生かすほど、この世界は甘くはない。

「さっき、自分達じゃどうしようもないから俺たちを喚んだと、姫様は言ったんすよ?」

 確かにシャルロットはそう口にした。

「そうやってこの世界に喚ばれた俺たちが、何故死にかけなきゃならない」
「……」
「雑すぎるっしょ。扱いが。で、喚んだ張本人と会ったのは二ヶ月も経ってから? 断りもなしに喚ばれたんすよ? 喚ばれて頼み事されて、きちんとそれを達成したって帰れないのに、問答無用で。それどころか、喚ばれた瞬間死ぬ思いまでして。それに対する言い訳すら、今の今まで一切無い」

 何か言ってくるかと思ったが、シャルロットはだんまりだ。その後ろに控える壮年の男もしかり。ミゲールが、こちらを睨むように見ていたが。
 論外だ。王族がここにいる以上、彼を相手する意味はない。

「姫様の願いを叶えたら、俺たちは用済みすか?」
「……っ! そんなことはっ!」
「じゃあ、何をしてくれるんです?」
「それは……」

 考えていたことを口にしようとして、太一も奏も、そんなことを望んでいないと気付く。
 衣食住の生涯の保証と、一生かかっても使いきれない程の莫大な報酬。
 この世界の住人でない彼等に、それが一体どれだけの価値があるのか。

「……元の世界に帰る可能性を探って見付けてみせる、とか。そんな気休めすら、言ってくれないんすね」
「あ……」
「いいっすよ。協力します。何でも言ってください。姫様の願い、叶えるよう、努力するっす」

 話は以上。そう言わんばかりに、太一はそれ以上、シャルロットを見ようとしなかった。
 奏を促し、立ち上がらせる。

「二日。二日したらまたギルドに来るっす。準備がありますから」
「あ、あの……っ」

 太一はそれきり踵を返し、執務室を出た。
 シャルロットのすがるような言葉を、意図的に無視して。
出てきた途端にフルボッコ……
プロットとはいえ、不憫な……


愛称は最初「シャルル」でした。
ISのボクっ子とカブってると気付いたのは一昨日のこと、慌てて変えました。
そんな経緯もあったりしつつ。

読んでくださってありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ