挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

帰れない

作者:降郷羊羽
 読み終わった際に、何も突っ込まなければ貴方の勝ちです。
 楽しんで読んで頂けたなら幸いです。
 あ、そうだ、お前、前に「裏野ドリームランド」行った事あるって言ってたよな。
 ……そうそう、あの裏野ドリームランド。開園してた頃から、子供が消えるとか、アトラクションの池の中に黒い影が見えたりするとか、観覧車の側を歩くと「出して」って声が聞こえるとか、いろんないわくがあるあの遊園地だよ。
 いやさ、実は、今度友達とそこに行くことになってさ。……そうだよ、肝試しに行くんだよ。俺、すっげー行きたくないんだ、あそこ。だって、遊園地がやってた頃から妙な噂が絶えなかったのに、潰れた後も、むしろ怖い話が増えてるじゃんか、あの遊園地。ミラーハウスに入ると顔が一緒の別人が出て来るとか、突然メリーゴーラウンドがライトアップされて動くとか。俺、超ビビリだからものすごい嫌なんだよ、肝試し。
 そりゃ断れるなら断りたかったよ。土下座してでも良かった。でもさ、残念な事にその話題が出たの合コンの最中でさ……そう、お察しの通り、すっげー好みの娘がいたんだよ。そんな女々しい真似出来なくてさ……やめろ、そんな目で俺を見るな。お前だって男なんだから分かるだろ。男なんて格好付けてなんぼなんだから。
 とにかく、そんな訳で裏野ドリームランド行くんだけどさ、お前、肝試しで一回行った事あるんだろ。だから、教えて欲しいんだよ。危ないところを前もってさ。
 そんな顔すんなよ。そりゃ、下手すればこうやってお前と飲んでる今この瞬間にも怖い体験談を作ってるかもしれない場所で、逆に安全な場所なんてないのかもしれないんだけどさ。多少なりとも知ってれば回避出来るかもしれないじゃんか。頼むよ。
 ……良し、サンキュー。持つべきは友だな。オッケーオッケー。ここの飲み代なんていくらでも払ってやるよ。何なら二次会も出してやるよ。……そんなに遠慮するなっての。たかが一万そこらで怖さが軽減出来るなら安いっての。え、本当に良いのか。なんか俺が釈然としないけど……ああ、帰りのタクシー代ね。勿論払わせて貰いますとも。そんなもんで良ければいくらでも。……ああ、そう言う事かよ。そりゃ悪かった。明後日給料日で金欠ならそりゃ来たくないわな。悪かったよ。大丈夫。金は心配するなっての。
 それで、あそこ、絶対に行ったらマズいところはどこだ。個人的にはドリームキャッスルの拷問部屋とかヤバイと思ってるんだけど。……は? 別の意味で行ったらマズい? どういう事だよ。……えー、マジかよ。拷問部屋がヤリ部屋って。あそこでヤルとかどんな神経してんだよ。意味分からん。あー、でも拘束台とかそういうモンはマジであるのか。確かにそれをベッド代わりにすれば安上がりか……俺は絶対に遠慮します。チキンな俺には無理です。スプラッタですら、苦手だってのに。十三日の金曜日だっけ? ジェイソンが出る奴。あれですら、子供の時見てトラウマになってるんだぜ。まああれって、スタッフだかが少年時代に抱いてた「リア充死ね」って気持ちをそのまま映画化したって話だから、子供の頃リア充だった俺は見事に大ダメージ喰らった訳だけども。
 え、知らないのか。まあ噂話程度だから、本当かは知らないよ。噂話なんて、本当かどうか分からないから面白いんだから。……いや、それとこれは話は別だから。怖い話は知っとかないと恐怖しかないし。面白さなんて要りません。棺桶に足突っ込むのが楽しいなんて思えないんだよ、俺は。
 話が逸れたな、戻そう。ドリームキャッスルはそんな感じなのは分かった。人のあられもない姿が見られるだけで、怖くないんだな。他はどうなんだ。例えばミラーハウスとか。……ああ、そんだけか。そりゃそうか。廃園になってるんだから、割れた鏡とかそりゃあるわな。しっかりと廃墟探索するつもりで厚底の靴履いてかないと怪我するか。それに、散らばってるのはガラスじゃなくて鏡だもんな。強いライトなんか持ってったら乱反射して眩しいか。了解。そこに入る時だけは光が弱いライト使うようにするわ。で、そこの噂は本当なのか。中身だけ別人になるっていうやつ。……あー、なるほどね。そりゃそうだ。怪我した時は普段とは違う態度になるか。それで、『中身が違う』人が出て来ると。やっぱり噂なんてそんなもんか。じゃあここは装備さえ気を遣えば大丈夫そうだな。
 じゃあ観覧車とかはどうだ。あれは噂通りだとヤバそうだけど。……へ、へぇ。なるほど。ここはマジでヤバいのか。本当に聞こえてくるのか。でも、下に来てるゴンドラを開けても誰もいないと。……って言われてもなぁ。聞こえるだけでも結構怖いぞ。洒落になってない。ちなみに、当然見たんだろうけど、あたりに人が隠れられそうな場所とか……だよな、ある訳ないか。了解。とりあえず身の危険はなさそうだけど、肝は冷える感じね。すっげー行きたくないけど、ここ行けばちょっと探索して帰れそうだな。
 ちなみに、お前的に絶対にオススメしない場所はどこだよ。残ってるのはジェットコースターとアクアツアー、メリーゴーラウンドくらいだけど。実際は他の遊具や施設もあって、それにも妙な噂が立ってるらしいけど、、大体噂が絶えないのはこの三つだろ。そして、そのうちのジェットコースターは、事故が起きたらしいけど誰に聞いても違う答えが返ってくる、って内容だから、向こうで心霊体験するような内容じゃない。だから、アクアツアーとメリーゴーラウンド、どっちが怖いんだよ。
 ……へ、ジェットコースターが一番怖いのか。どういう事だよ。……ああ、順番はお前に任せるよ。じゃあとりあえずアクアツアーからか。話してくれよ。……えー、アクアツアーの噂、本当なのかよ。マジで黒い影見えるのか。で、どんな奴なのかは見たのか。……そうか。石とか投げ込んでも特に反応しないのか。だったら、水に潜るとかアホな事しなければ大して危険は無いのか。それなら確かに安全か。
 じゃあメリーゴーラウンドはどうなのよ。噂だとビックリするけど、怖いって感じはなさそうだけど……なんだよ、これは見てないのか。まあ、一夜で全部体験して帰ってくるとか、どんだけ不運なんだよとは思うけどさ。ここまで、全部噂の真相が垣間見えた訳だから、ちょっと期待してたわ。なんかゴメン。……ああ良いよ、とりあえずこれはもし俺が見たとしても大丈夫だと思うから。気にすんな。
 で、問題のジェットコースター。これの何が怖いんだよ。……嘘だろ。え、マジかよ。メリーゴーラウンドじゃなくって、こっちが勝手に動き出すのかよ。しかもハッキリと白いもやが見えるって、えー、幽霊、かは分かんないけど、それっぽい何かがいるのかよ。うわー、マジかー。本気で行きたくなくなってきた。遠目とはいえハッキリ見えるとか、本当に心霊スポットなんだな、あそこ。で、ちなみになんだけど、お前はそれ見た後、どうしたの。実際に、コースターの傍、行ったの? ……うわ、マジかよ。お前命知らずだな。ありえないわ。俺だったら絶対に行かないのに。すげーわ。それで、その白いもやはどうだったんだ。……うわー、何と言うか、お前、無事で良かったな。いなかったとはいえ、座席、濡れてたんだろ。しっとり、って感じじゃなくて、バケツぶちまけたみたいにビチャビチャに。白いもやが正しく霧だったとしても、ビチャビチャには濡れないだろうから、やっぱり何か居たんだろうな。
 うん、了解。じゃあジェットコースターには近付かないようにするわ。どうしても行こうとしたら、コースター自体には近寄らないよう注意する。いやー、聞いて良かったわ。知らずに行って、もし白いもやと対峙したら、なんて思ったらゾッとする。本当にありがとうな。
 うーん、いい話が聞けたわ。今日は本当にありがとう。マジサンキューな。またこんな感じで肝試しする事になったら、教えてくれ。……いや、他にも頼りにさせてもらってます。はい。でもこういうオカルト話はお前くらいしか相談出来ないんだよ。だから、頼らせて下さい。お願いします。
 とまあ、じゃあ良い時間だからお開きにしようか。じゃあ俺は会計を、済ませて、こようかな、と、うん、あれ? え、え、え、う、嘘だろ、いやいや待て待て待て待て、おいおい冗談だろ……ああ、うん、悪い。悪い夢見てるみたい。財布がない。
 まだ、帰れない。
 突っ込んでしまった貴方は、さあ今すぐに感想を書くんだ。
「ホラーどこ行った!」と。

 ……いや、本当にすみません。
 ホラーがログアウトしたものですから……
 私にはこうすることしか出来なかったです。はい(大嘘)
 楽しんで読んで頂けたなら幸いです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ