挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
侵略者 作者:京衛武百十
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/75

価値観

フォーレナの村作りに参加した人々は、世間的には<浮世離れした変わり者>や、<平和ボケした自然主義者>と見られていた。確かに、『ブロブも含めたファバロフの自然そのものをありのままに受け入れる』などと言われれば、普通はそう感じてしまうだろう。

しかし実際には、ベリザルトン夫妻をはじめとして自然の厳しさは理解しており、故にブロブを含めた危険生物に対しても最低限必要な警戒はしていたからこそ、ここまで大きな被害は出さずに来れたのだ。ブロブ用のシェルターもついても、すべての世帯にちゃんと完備されている。

むしろ行政府の支援を受け、爆砕槽を完備した塀に覆われた町などの方が、それを当てにしてコストをケチり、本来の性能を満たしていないシェルターしか備えていない住宅が増えてきているという現実がある。しかも、たとえ十分な性能を備えたシェルターがあっても、それすらただの物置や部屋の一つとして利用して、既にシェルターとしての機能が失われている事例が増えてきているくらいだった。

フォーレナ付近でブロブが大量発生した時も、ベルカとエクスキューショナーが撃退したが、実は村人の避難は完璧に行われていて、万が一抑えきれなかったとしても、シェルターに入れなかった家畜以外の被害は出なかっただろう。それくらい、備えも心構えもできているのだ。

イレーナが襲われた後にその捕獲をハンターに依頼したのも、『人間の味を覚えたブロブを野放しにしては新たに被害が出るかもしれない』との判断からだった。

そして、実際のブロブの生態が、それまで言われていたものと全く違うとなれば、その事実を冷静に受け入れることができる人々でもあった。

ブロブとなったイレーナを迎え入れた翌日、さっそく村の代表である人間達を集めて、マリアンとベルカ、そしてイレーナ当人を交えてこれまでの経緯を説明した席で、マリアンとベルカはそれを実感させられた。

「素晴らしい!。本当に素晴らしいわ!。自分がどれほど人間という生き物を見くびっていたのか心底思い知らされた気分よ!。思い込みがどれほど真実を遠ざけるか、改めて痛感させられたわ!」

この村の備えが確かにしっかりしていたのは、何度か訪れて見ていたからそれなりに承知していたが、そこに住む人間達の心構えについては、これまで見てきた事例から類推していただけなので、まさかこれほどとはマリアン自身思っていなかったのだった。

いやはや、事実を軽んじる人間達に煩わされてきた筈の自分自身がいつしか事実が見えなくなっていたとは。

「まったく。不明を恥じるしかないわ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ