挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔王が勇者〜勇者育成所始めました〜 作者:早坂器乃
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/19

08危険なティータイム1

そういえば、買ってきた紅茶の袋は…?という話
 カチャ カチャ カチャ

 ティーカップが気持ちの良い音を立てる。カーニャは鼻歌まじりで紅茶の準備を始めている。可動式の小さなサイドテーブルに置かれた卓上ランプでお湯を沸かし、カーニャは上機嫌。


 ここは城内の1階部分に作られた、きらびやかな内装の応接室。前の貴族の所有物がそのまま残されているらしく、高価そうなティーカップが沢山たくさん並べられている。
「え〜と、どれにしようかな?」
(選べるって、嬉しいよね。今まで、宿の寝泊りが多かったから、食器なんて選べなかったし。北のマオ様のお城を思い出すよね)


「あー、これなんて可愛い花柄。こっちの金とピンク色のも素敵だよ」


 高価な絨毯じゅうたん
 黒皮の重厚なソファー。
 テーブルを挟んでそのソファーに腰を下ろす2人。
 なにやら、キサラギが持ち込んだ数枚の書類にマオは目を通している様だ。

 ―――キサラギは、仕事で調査に来た、と言っていた。『城の広さや、設備を確認しに来た』と。


王都ここは観光地だし、建物なんかを結構気にするのかも知れないよね。このお城には博物館もあるしね)

「それよりも、紅茶、紅茶」

 と…、


「あれ、紅茶?そういえば紅茶の袋は…?」


 カーニャは自分の持物を見た。
 ポケットの中を見た…。

 マオに頼まれ買ってきた紅茶の袋をきょろきょろ探す。
(え〜と、さっき庭で、勇者の人間に会った時には、こう両手に持ってって…)



「あっ……!」



 たったったった。



 カーニャは慌てて、応接間の窓から身を乗り出す。両手とお腹で重心を取り、足はぷらぷらと床から浮いている格好。そしてそのまま、外を凝視ぎょうしした。

(…やっぱり、何もないよね…。真っ黒、灰…)
 先ほどまで、炎の渦に囲まれていた庭は、風の壁に守られていた場所が丸く青々と芝生が残るだけ。


(…折角せっかく買って来たのに…、燃え…、ちゃった…?)




「…カニャさん」

 カーニャの行動を視界の隅で確認していたマオは、机の上の書類から目をそむける事無く、ポツリとカーニャの名を呼んだ。


「あまり窓から乗り出すと、そのままこぼれてしまう。…僕が拾いに行くのは面倒なので、止めなさい」

 まるでカーニャを小さな飴玉あめだまのようにたとえ、その視線を自分へ向けさせた。しかし、向けさせただけで、マオはカーニャに向き直る気はないらしい。その闇色の瞳は書類に落とされたままだった。



とすんっ


 カーニャは自分が注意された事に気が付き、ふらふら浮いていた足を床に付けくるりとマオに向き直った。窓を背にして差し込む日の光に、カーニャの髪がきらきらと反射する。


「あ、あのマオ様、これくらいの…、袋、もしかして知りませんか…?」
 そして、胸の前でクイッと両手で四角を作る。

「頼まれていた、紅茶の袋なんですけど…」
 (もしかして、拾ってくれたとか)との淡い期待を持って問いかけた。




「ああ、それなら、炎と一緒に吸い込まれていくのを見たよ」

と、答えたのはキサラギだった。5、6枚の書類をタンタンと揃えていた途中のようだ。


「えっ、本当ですか」
「うん、さっき彼の魔方陣に…」

 と言ってキサラギはマオを見た。
 しかしその視線の先のマオは、やはり書類から目をそむける事無くソファーに優美に腰をかけている。


 左手に数枚の書類。
 右腕は肘当てに、
 そこからすらりと伸びる手は顎に軽く当て、

 それはまるで…、1枚の絵のように静寂と気品をかもし出していた。 



 ―――つまり、この会話に興味がないようだ。






(ダメだ、マオ様の反応が無いよね…)
 マオの事である、もしも、拾っていたならば「僕にぬかりは無いのだよ」などど言いながら、この絶妙のタイミングで出すに決まっていた。

「(と言うことは)やっぱり燃えちゃったんだ…」

 カーニャのほのかな期待は見事砕かれ、その場でしょんぼりとしている。もしその頭にウサギの耳でも生えていたなら、大きく垂れているだろう。


「…マオ様の頼まれ事だったのに…」
 どうやら、カーニャは『紅茶が燃えた』事よりも、『マオの使いを遂行すいこうできなかった』事、にガッカリしているらしい。


 そんな覇気はきのないカーニャの様子にマオは気付き、ようやく書類から目を離した。そして夜色の瞳がカーニャを映す。




「ふう、やれやれ…、仕方が無い」




 すうっ 

 おもむろにマオは、2本の指をテーブルに押し当てた。
 未だ書類が無造作に置かれた状態のテーブル。
 右手の一指し指と中指の2本を軽く着けたまま、
 なにやらぶつぶつと、詠唱えいしょうを始めた。

 その一連の動作は、とても流れる様に動く。

 マオの指先を起点としてテーブルの上に、ナイフで削りだしたような、模様が書類の合間に見え始めた。



「あっ!」

 カーニャは、マオが魔方陣を描き出している事に気付いた。反射的に魔方陣を隠すテーブルの上の数枚の書類をわたわたと片付けた。




 ―――途端、
 その魔方陣から、何かが出現した。





「…赤い、玉?」




 それは、赤い赤い球体。
 テーブルから10センチ程の高さで、らぎもせずピタリと制止している。


「わー綺麗ですね。これなんですか?」

 大人の両手に余るぐらいの大きさのそれは、よくよく見れば無数の炎がうごめいていて1つの塊を形成しているようだった。
 さながら、小さな太陽のようにも見える。


「カニャさんの炎に決まっているだろうに」
「…私の炎?えっ、さっきの火事の炎…、ですか?」

 きょとん と、赤い球体をカーニャは見た。




「でも、この炎は、小さいですよ?」
「やれやれだな、カニャさん。あの大きさのまま、炎をここに出してどうするのだね?」


「…まあ、カニャさんが、『この城ごと燃やせ』と言うのならば、ふむ、どれ仕方が無い…」
 と、マオは闇色の瞳を一瞬鈍らせ、妖しく微笑んだ。

「だ、ダメです!そんな事しないで下さい!!」
 と、必死の懇願こんがん
 全くの冗談だと、分かっているのだが、そこはこのマオの事、本当に冗談で終わるとは限らない…。


「へー、コレがあの炎か…。てっきり、炎は消火したんだと思っていたけど…」
 と、感嘆かんたん吐息といきらしたのはそれを傍観ぼうかんしていたキサラギだった。とても興味惹かれたらしく、その小さな太陽をまじまじと観察している。


「それにしても、あの炎をここまで凝縮ぎょうしゅくできるなんて…」
 と、キサラギは、炎の球体とマオを見比べている。

「出来ない事ではないのだろうに」
「まあ、そうだろうけど、限度ってモノが…」
 飄々《ひょうひょう》と答えるマオに、一瞬キサラギは「ははは…」と力のぬけた笑いをもらした。



「…それより、君。魔力は大丈夫なのかい?」



 と、それでもキサラギは信じられないといった表情で、マオに問いかけた。どうやら、「あれだけの炎を閉じ込めておくだけの魔力が、並みの人間にあるわけが…」の意味がふくまれているようだ。 


「魔力?いや、僕の魔力の問題ではないのだよ。それは僕の魔方陣の作用なのだからな」
 とのマオの返答に、キサラギは目の前の状況に戸惑いを隠せず、放心しかけているようだ。


「…いや、そもそも、その魔方陣を描けるだけの魔力と、精密さが凄いんだけどな…」
 と、キサラギはぶつぶつと話しながら、少しずれかかった眼鏡を直そうとこころみているのだが、眼鏡を直す手が何度も空振りをしている。

(全く、人間はいつも魔力、魔力って騒ぐよね。魔族の魔力に人間が敵うわけ無いのにね。それにマオ様は魔王だもの。凄いに決まっているよ)
 と、カーニャは少し得意気になり、マオを誇らしげに見た。





「では、『取り戻す』とするか…」
 と、カーニャと視線の合ったマオがそう切り出した。

(取り戻す?)
 一体何の話だろうか?とカーニャは一瞬考えた。

「えっ!紅茶ですか!紅茶の事ですか!!」

「ふむ、僕の魔方陣に、炎とカニャさんの紅茶が閉じ込められているのならば、そこから取り出せばいいだけの話ではないか」
 マオは、まるで部屋の引出から出す程度の感覚で話した。

「む、無理ですから!普通に考えて燃えてますから!炎と一緒ですし」
「ふう…、やれやれだな、カニャさん。状況と結果が必ずしも直結するとは限らない。それがこの世界の面白いところの1つではないか…」



(じょうきょう?ちょっけつ?)
 と、マオの言葉が良く理解できずに、カーニャの顔には?の表情が浮かぶ。しかし浮かんだのは一瞬だけで、
(まあ、とりあえずいいや。どうせ難しい事は分からないし、紅茶が戻るんなら、嬉しいしね)
 と、すでに心は紅茶に飛んでいた。マオが『紅茶が戻る』と言ったのだ、きっと戻るのだろうと、カーニャは素直に受け止めたのだ。



(あ、そうだ!どうせなら、お菓子も戻ってこないかな♪)
 と、ルビー色の瞳を輝かせ、カーニャは無造作にその球体を覗き込もうと、身を乗り出した。





「危ない!」




 はっ、とキサラギが制止の声をかける。


「えっ?」

「…触った途端とたんに、骨まで溶けてしまうよ。かなりなあつで炎が凝縮ぎょうしゅくされてるみたいだから…」


(あわわわ…)
『骨まで溶ける』の言葉を聞いてカーニャは青ざめ、マオを見た。
(溶けちゃうのは、嫌だよ。良かった、触らなくって…。折角せっかく父様、母様からもらった体だもの、一生大事に使わなくちゃ…!)

「もう、触れないんじゃ、取り出すなんて無理じゃないですか…」
(…何だ、結局、紅茶もお菓子も、戻ってこないんだね…)
 と、期待が少しあっただけに、カーニャは軽く落胆した。




「無理?それは誰が決めた事なのだ?」

「それに、僕が『取り戻す』と言ったのだ、できない事は無いのだよ」
 と、言わんばかりに口元だけで微笑み…、





 マオはためらいも無く…、



 ―――煮えたぎるその炎の球体に―――



 ―――片手を差し込んだ。


なかなか物語が進みません…。

さて、炎の塊からマオはカーニャの紅茶を取り戻せるのか?

狐の森
作者のゲーム作成サイト
「魔王が勇者育てました(仮)」経営ゲーム作成中です

ブログ(物語の裏設定話)はこちら<
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ