挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔王が勇者〜勇者育成所始めました〜 作者:早坂器乃
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/19

12水の魔法1

----------------------------魔女の時間・水の魔法

「やれやれ。一体、何と何の誘惑の狭間にいるのだ…」

 マオは、そう、ポツリと呟くと、
 お菓子の山から1つ手ごろなものを すいっ とすくい上げた。

 それは、ヒヨコの形にかたどられたクッキー。



 そしてそのまま、おもむろに、だらしなく半開き状態のカーニャの口に ぐいっと 押し込んだ。


 もぐもぐ…。


 通常ならば、驚いて口の中を訝しげに思ってもいい状況なのだが、

 うっくん。


 意識が浮上するどころか、変わらず幸せそうに咀嚼そしゃくするあたりがカーニャらしい。
 まるで、…小動物の餌付けのようだ。


 ヒヨコ
 イヌ
 キリン
 と、カーニャの口に押し込む事、三度。


 勿論、カーニャがお菓子の国にいることなどマオは知っていた。ただ、いつものことの様でマオは一向に気にする気配もない。

 それどころか、しまりのないカーニャの顔がきっとマオには愛らしく映っているのだろう。

「ふむ」

 どうやら、カーニャが危機感も出さず、自分の手から食べた事にマオは満足した様子で、

 ついっ
 と、ティーカップに口をつけた。





 ……と、言うわけで、当分カーニャは放置状態。







 「えーと、コレはこっちで、こっちはここで…」


 キサラギは、書類の整理に追われているらしく、マオの動作に気付いていない。
 加え、キサラギはカーニャが空想の世界に小旅行している事など知らないのだろう。

 それどころか、

「こんな大人の話でも、じっと座っているなんて、何てできた子供だろう」と、関心している節もある。


 たんたん


「ふう。大体、片付いたかな…」
 と、キサラギが肩をこきりと鳴らしながら、不揃いな大きさの書類の束をしまい始めた。

 どうやら、商談が終わったらしい。





 ぱちっ



 途端、ルビー色の目が大きく見開かれ、カーニャの意識が戻ったようだ。

 『ヒマな時間』が、いや、もとい『商談』が終わったらしい気配を感じ、自力でお菓子の国から戻ってくるあたり、素晴らしい。


 「紅茶のおかわり、すぐに用意しますね」



 たすん

 給仕は従者の仕事だと言わんばかりに、今までじっと座っていたソファーから降りた。
 要するに、はっきり言って、ヒマを持て余すよりも、動いていた方が楽しいのだ。

(勇者の人間だし、本当は早く帰ってもらった方がいいんだけど…)


 などと考えながら、テーブルのすぐ隣に据え置かれているサイドテーブルにとたとたと近寄る。


 パカッ

 紅茶の缶を開けると、ふわっ、とても良い香りがカーニャを幸せにした。


「わぁ。やっぱりいい香りだよね。
 灰から紅茶ができちゃうなんて、やっぱりマオ様はすごいよ」

 と、どうやら、人間を早く帰したい云々《うんぬん》よりも、マオの紅茶をもっと自慢したい気持ちが優るらしい。



「え〜と、後は、あっついお湯を。
 …あれ?お水…、無いよね?」

 水を足そうと、水差しを覗くのだが、水の残量すら0に等しい。



 つまり空っぽ。



「マオ様、すぐにお水汲んできます」

「水…?」
 マオは、カーニャの抱え込んだ空の水差しを見たが、そのまま ついっ と視線を包帯の巻かれた自分の右手に移した。
 しばらく手を見つめ、…不思議そうにうなずいたかと思うと、座ったままの体勢で、

 すいっ

 包帯の巻かれた右手をゆっくりと前方に出す。




「―――っ!」

 一瞬、キサラギは短く息を詰まらせた。
 座ったまま首だけを真横にし、水差しを抱えたカーニャを見ていた為か、マオのいる方向は見えていない様子だった。

 しかし、その見えていないはずの方向に…、
 この太陽の日差しが射し込む客室において、
 今まで、存在しなかったはずの『闇』の揺らめきが見えた気がした。

 このまま、闇がゆっくりと膨張し、部屋の光を徐々に侵食するかのような錯覚。
 まるで、光さえも恐れるに足らずと、闇を従える、更なる闇。


 それが、どうやら、
「ふう…。何だ、彼が動いただけか…」  
 と、目の前の同業の勇者マオのまとう黒い服が、マオの黒い髪が、静に、微かに動いただけだと気付き、胸を撫で下ろした。


「魔法陣を書くのかな?」
 小首をかしげながらカーニャはマオを見た。
 水差しを抱えきょとんとした表情で立つその姿は愛らしい。

 マオは、ゆったりと体重をソファーに預け、残りの左腕は、だらりと下げて。
 座ってはいるが、いつもの、マオが魔法陣を描くポーズだ。



 つつつ…
 マオの指先が、胸の高さよりもやや低い位置を保ちながら、ゆらゆらと揺れる。



「あれ?でも図形じゃないよね?文字…、だけ?」
「そうだね。魔法文字…、が5、6、7個か」

 白く発光する数個の文字が、空中にゆらゆらと浮いている。

 それは、大きさも厚みも不揃いな魔法文字。
 文字を覚えたばかりの子供の落書きのような、幼児的な文字の羅列。
 魔法『陣』と呼ぶには、だいぶ規則性の無い並びに見えた…。 



狐の森
作者のゲーム作成サイト
「魔王が勇者育てました(仮)」経営ゲーム作成中です

ブログ(物語の裏設定話)はこちら<
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ