挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悪徳領主ルドルフの華麗なる日常 作者:増田 匠見(旧master1415)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/56

悪徳領主の取り立て

お待たせしました。
今回もルドルフのターンです(*´∀`)♪
 ファーゼスト家の、とある応接間にて三人は向かい合って座っていた。
 一人は、ファーゼスト家の当主である私。
 残る二人は、やや緊張した面持ちで椅子に腰掛けていた。
 この二人は、年齢は離れているものの顔立ちは良く似ており、親子であることが伺える。
 年嵩の男性は、髪はボサボサであるものの、それなりに切り整えられていたり、着ている服は清潔ではあるものの、だらしなく着崩していたりするなど、どこかチグハグな印象を受ける。
 反面、その隣に座っている若い女性は、身形もきちんと整えられており、背筋も真っ直ぐにして座っていたりと、その仕草1つ取っても教育の跡が伺える。
 おそらく、だらしない父親の面倒を、娘が見ているのであろう。

「ルドルフ様、どうぞこちらを御賞味下さいませ。」

 そう言って年嵩の男性は、手の平に収まる程度の大きさの紙袋を取り出した。
 ヨーゼフはそれを一旦受け取ると、毒味をして問題無いことを確認した後に、こちらに手渡す。

 紙袋を開けると、そこには大さじ一杯程度の塩が、入っていた。
 それを、一つまみして口の中に放り込む。

「ふむ、海水塩とは思えない程の味だな」

 私の知っている海水塩は、もっと雑味やえぐみがあり、とても食べれたものではなかったが、今回口にした塩はやや雑味等は残るものの、十分実用可能なレベルの物であった。

「ルドルフ様、それでは!?」

「うむ、見事な製塩技術だ。褒めてつかわそう」

 果たして、この技術で一体どれだけの金貨を生み出す事ができるだろうか。
 そう考えると、労いの言葉の一つも出てくると言うもの。
 そう、この技術は、今目の前に座っている人物が開発したものなのだ。

 彼の名はシド、中程度の規模の商会の主だ。
 しかし、店の切り盛りは専ら別の人が担当をしており、彼自身は研究者の方が肌に合っているらしく、商会で取り扱う商品の開発等を手掛けている。

 そして、彼は色々な物を開発していく中で、ある時海に目をつけた。
 岩塩が市場を独占し、莫大な利益を上げている現状、海水から上質な塩を供給する事ができれば、どれ程の利益が産み出せるだろうか。
 そう考えた彼は、そこから塩を精製する技術を開発するべく、私から資金を借りたのだ。

 その額、何と金貨三百枚。

 そして今、こうしてその成果を、私に披露しにきているという訳だ。

 素晴らしい、実に素晴らしい技術だ。
 金の卵をよくぞ産み出してくれた。
 そのあまりにもの嬉しさに、彼らに、こう言葉を投げ掛ける。

「……それで?」

 そう言葉を発すると、二人は言葉の内容が理解できなかったのか、キョトンとしている。

「ルドルフ様、それでとは、一体どういうことでしょうか?」

「それは私が聞いているのだが?」

 そこまで言っても飲み込めないらしい。
 やれやれ、それなりに教育を受けているとは言え、所詮は平民ぐみんか。

「貴様らが持ち込んだ塩は、中々の物であった。それで?そもそも私に用があって出向いたのは貴様らだろうが。私に一体何の用だ?」

「……っ!何ってそんなの決まってるでしょう!!」

 今まで静かにしていた娘が、我慢できなくなったのか大声を上げる。

「控えなさいマリー!……ルドルフ様、娘が失礼を致しました。」

 この娘、レディに見えて、その実相当なじゃじゃ馬のようだ。
 フフフッ、これは思わぬ拾い物になりそうだな。

「くっ」

 マリーと呼ばれた娘が、口を閉ざしたのを見てから、シドは言葉を発した。

「ルドルフ様、出来上がった塩の品質につきましては、たった今御賞味頂きました通りです。これらが軌道に乗れば、莫大な利益を産み出す事でしょう」

「貴様の言う通りだな」

「ならば、今しばらく、返済に猶予を頂けないでしょうか?」

 確かにこいつの言う通り、きちんと扱えば、莫大な利益を産み出すのだ、猶予があれば、もしかしたら返済ができるかもしれない。

「断る!まずは、金貨五百枚を返済して頂こうか?」

 勿論、そんなことをさせるつもりはない。

「はぁっ!?借りたのは三百枚でしょ!?何で二百枚も増えてるのよ!?」

「マリー!!」

 ちっ、さっきからうるさいガキだ。
 利息のことも知らんのか・・・

「三年で五百枚にして返済する、そういう約束だったな?」

 懐から証書を取り出すと、横でギャーギャー喚く小娘を無視して、シドと話を進める。

「その通りでございます。ですが、儲かる物なのは間違いありません、ルドルフ様も、目先の利益よりも後の利益の事をお考え下さいませ」

「ほう?それならば聞くが、この塩は売れる・・・・・・・のかね?」

「それは……」

 その問いに、シドは言葉を詰まらせる。

「実際に販売するようになって、しばらく経つと聞くが、どうなんだね?」

 後の利益?そんなもの、有る訳がないだろう。
 実際に売れて利益を出しているのなら、このように頭を下げずとも、金は返せていたはずなのだから。

「…………」

「良い物は売れると言う程、商売の世界は甘くないようだな」

 もっとも、商売敵である塩ギルドに情報を流したりして、新しい塩を売れないように手を回したのは、私自身だがな。

 既得権益の塊である塩ギルドに対して、海水から上質な塩を取り出して売ると言う行為は、真っ向から喧嘩を売る事に他ならない。
 ならば、ギルドに一言告げるだけで、あとはこの親子を勝手に潰してくれると言う寸法だ。

「あいつらが……ギルドの奴らが邪魔をするからじゃない!?」

「マリー、いい加減にしなさい」

 シドが小娘を嗜めるが、収まる気配を見せない。

 やれやれ、この小娘には少し灸を据える必要がありそうだ。

「小娘、ギルドがどうとかは関係無いのだよ。貴様は金を借りた、だから金を返す。それだけなのだよ」

「何よ、あいつらの肩を持つの!?あいつらがどんな嫌がらせをするか分かるの!?」

 知るかそんなもの、ギルドの既得権益を犯せば、真っ向から敵対する事ぐらい、自明の理だ。

「ふん、私には関係の無いことだな。……ところで小娘、金を返せなければどうなるか、分かっているのか?」

 そんなことよりも、この小娘は分かっているのだろうか?
 このまま金を返せなかった場合に、自分達がどんな運命を辿るのかを。

「そ、それは」

 ふん、少しは知っているようだな。

 王国では、借金を返せなかった場合には、その身を以て返す事となる。
 直接、人身売買を行うと外聞が悪いため、一旦は国が債務者を引き取り、その債務を国が支払うのだが、国に引き取られた債務者の末路は悲惨なものだ。

 男は鉱山などでの重労働へと従事する事になり、女は国営の娼館などで客を取り、その債務を返済していく事になるのだ。

「ルドルフ様、もう結構でございます。私が開発致しました技術を、金貨五百枚でお譲り致します。それだけの価値はあるはず。」

 シドが、そう口を挟む。

 まぁ、交渉の着地点としては妥当な所だろうか。

 シドの商会の規模はそこまで大きいものではないため、それらを処分しても、精々が金貨50枚程度にしかならない。
 金貨五百枚分の価値があるとしたら、製塩の技術を差し出すしかないのだ。

「売れない塩を作る技術に、金貨五百枚もの値を付けるとは、吹っかけ過ぎではないか?」

「その様な事はござません、技術は活かすも殺すも、それを扱う人次第でございます。私共には精塩という技術は荷が重かったようで、ルドルフ様が扱うならば莫大な利益を生み出す事でしょう」

 確かに、平民がギルドに楯突こうとするには荷が重いが、貴族である私ならばやりようもある。
 どちらにしても、金貨三百枚以上の価値なのは間違いない。

「ふん、まあいい。それで買い取ってやろう。…………ヨーゼフ!」

 ヨーゼフを呼び、こいつらから、金の卵をを毟り取るための契約書を用意するように命じた。



 十数分後



 無事に、契約書にお互いのサインを交わし、製塩技術を毟り取る事に成功した。

「金貨五百枚分の技術、確かに受け取った。」

 私の分はヨーゼフが受け取り、彼等の分はシドが受け取る。
 そして、シドが借金の証書に手を伸ばした所で、私はサッと証書を回収する。

「ちょっと、何をするのよ!ちゃんとお金は返したんだから、それは渡しなさいよ!」

 馬鹿め。
 私が、たかが製塩技術を奪い取るためだけに、わざわざ手を回すわけが無いだろう。
 こいつらには、何もかもを失ってもらう必要があるのだ。

 食って掛かってくる小娘に、私はこう答えてやった。

「何を言っているのだ、借金は残り金貨百枚だ」

「…………は?」

 私の言葉に、二人は茫然とする。

 クククッ、いつ返済額が五百枚だと言った?

「ヨーゼフ、こいつらが金を借りたのは、いつだ?」

 呆けている二人にも分かるように、わざとらしくヨーゼフに問いかける。

「三年と三日前でございます」

「だそうだが?」

「はぁ!?何言ってるのよ、三日で金貨百枚なんてふざけてるの?」

 いち早く我に返ったのは小娘の方で、口を開けるなり、そう喚き散らす。

「三年で金貨五百枚の約束だ。それを過ぎれば利子が発生するのは当然だろう?三日で百枚?違うな、三年の次は四年だ。四年で金貨六百枚を返すのだから、中々良心的な内容ではないか」

 利子を二割しか取らないのだ、むしろ感謝して欲しいぐらいだ。

「そ、そんなの無茶苦茶じゃない!?」

 無茶でもなんでも、平民が貴族に道理を説く事など、出来はしないのだ。
 なんとでも言え、結局は金を返せなかったこいつらが悪い。

「三年経つ前に返さない貴様らが悪い」

「なら、さっきの契約も無効よ!金貨五百枚なんかじゃ売らないわ!」

 そう小娘が喚くが、想定済みだ。

「はあ?何を言っているのだ?ここには、父親のサインもある。貴様も商売人の端くれなら、この意味が分かるだろ」


 フハハハ、何のために契約書を作ったと思っているのだ?
 貴様らの、最後の切り札である製塩技術を奪い取るためだ。

「…………そんな、そんなのあんまりよ」

 ようやく自分の立場が分かったのか、小娘は、青菜が萎れていくかのように、力なく椅子にもたれ掛かる。

「……ルドルフ様。あなた、始めから仕組んでいましたね?」

 いつ我に返ったのか、シドが口を開く。

「クククッ、何の事だ?」

「ギルドに情報が渡るのが、いくら何でも早過ぎたし、商売を妨害をするにしても手回しが良過ぎました。今思えば、ルドルフ様の関与があったなら納得ができると言うもの」

「だったらどうだと言うのかね?」

 クククッ、今更それが分かった所で何だと言うのかね。
 貴様らにできることなど、もう何も無い。
 既に、まな板の上に乗っていて、あとは料理されるの待つだけだというのに。

「……何が望みですか?」

 シドが短くつぶやく。

「ほう?少しは頭が回るようだな?流石、製塩技術の開発者」

「茶化さないで下さい」

 知った所で、何か変わるわけでもないだろうに。
 まぁ良い、茶番に付き合ってやろう。

「ふん、商会ごと巻き上げるつもりだったが、……気が変わった。貴様自身と、そこの娘に金貨百枚の値を付けよう」

 当初は、商会ごと抱き込むつもりだったが、良く考えれば、貴族たる私が、貧乏商会で平民かちくを相手に頭を下げて小銭を稼ぐなど、性に合わん。

「私と、娘を買うのですか?私はともかく、娘までとはどういう事でしょう?」

 シドは、だらしなく見えるが、その頭脳は優秀で、価値がある。
 その娘も、それなりに器量が良くおまけに気が強い。
 特に、そういった筋の紳士・・には受けが良く、高い値が付くだろう。

「貴様にはその頭で、そこの小娘には、その身体で稼いで貰う」

「ひぃ!」

 萎れていた小娘に視線を投げ掛けると、さっきまでの威勢はどうしたのか、ひどく怯えた様子を見せる。

「安心したまえ、そこらの娼館に売り飛ばす何て事はしない。きちんとした場所で、紳士・・の相手をしてもらう。クククッ、むしろ光栄に思いたまえ」

 まぁ、世の中には色んな趣味嗜好を持った紳士・・がいる。
 小さいのが良かったり、気が強いのが良かったりと、特に貴族にはそう言った紳士・・が多いと聞く。
 ……私には全く理解できない世界だがな。

「…………そんな、一体私に何をさせるの?」

 小娘は何を想像したのだろうか、顔を青くしている。

「ルドルフ様!あなたは、私達親子をどうするおつもりですか!?」

「知れたことを!借金を払えず国の奴隷となるか、私に仕えるかさっさと選べ!」

 シドが問いかけるも、一蹴する。

 茶番は終わりだ。
 どちらにせよ、貴様らの選択肢は多くはない。
 借金を返せない以上、身を売る事は決まっているのだ。

「……ルドルフ様にお仕え致します」

 国の奴隷となって酷使されるか、私の奴隷となって良い・・生活をするか……考えるまでもない事だ。

「ふん、最初からそうすればいいのだ。ヨーゼフ、二人を連れていけ」

「かしこまりました。それではお二人共、着いてきて下さい」

 ヨーゼフはいつも通りの口調で話し掛け、シドと小娘を別室へと連れていく。

「嫌よ、そんなの嫌ぁぁぁぁ」

 廊下に小娘の叫びが響いたが、私には、売られていく家畜の鳴き声に聞こえてしょうがない。

 フハハハハハ!
 小娘が生意気を言うからこうなるのだ。
 これに懲りたら、もう少し身を慎むのだな。
 ……まぁ、そんな機会がこの先あればだがな、クハハハハハ!

 さて、首尾良く事は運んだ。
 あとは、塩ギルドの連中に製塩技術を、精々高く売り付けてやるとしよう。
 なに、嫌とは言わせないさ。
 もし、そうすれば、私が上質な塩を売りさばいて、その利権を犯し始めるのだ。
 それを少々の金で済まそうと言うのだから、感謝して欲しいものだな。

 ……金貨五千枚ぐらいで勘弁してやるとしよう。

 フハハハ!
 全く、私の商才は凄まじいな。
 金貨三百枚を、五千枚に変えるだけでなく、優秀な人材も手に入れた。
 小娘?まぁ、あいつはおまけだ。
 精々、借金分の絶望を女神様に捧げるがいいさ。

 クククッ、借金で身を売る娘と、それをどうする事もできない父親の感情は、如何程のものだろうか?

 さぁ女神様、奴等の苦悩を、とくと御賞味下さいませ!

 クックックッ、フハハハハ、アーハッハッハッハ!
どなどなどーなーどーなー♪
(´∀`*)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ