挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

 童話

メイプルグランマと三人のさんぞく

作者:星村 哲生
 冬の童話2016投稿作品です。
 一人冬の山で仕事をしているおばあさんねこに変わったお客が現れます。
2016/01/12 20:25
2016/01/13 20:03
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

うち、小説書いてますねん

関西弁で語る創作についての自分史です。「小説家になろう」で投稿しているみなさんに、お伝えしたいんですわ。小説を書くのは楽しい。けれど、書いてて苦しいこともぎょー//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全27部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/18 14:40
となりの魔王

 ある日突然、我が家に自らを「魔王」と名乗る黒くて禍々しいのが訪ねてきました。手土産の蕎麦を差し出しながら「魔王」はこう言ったのです。「本日より隣人となるが故、//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/21 20:35
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
砂漠の星 郵便飛行機乗り

軍部に反目したという理由から、軍を辞めさせられた”元軍人”飛行機乗り、ラシェット・クロードは今は個人依頼の郵便飛行機乗りをしている。 軍人時代に慣れ親しんだ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全136部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 17:04
縫神戦姫《ほうしんせんき》 ラグドールヴァルキリー 異世界でもふもふ生活、希望……!

 五月のある日、至って普通の女子中学生大江りおなは変な人形とコンパクト型の変身できる携帯電話トランスフォンを手に入れる。  本人いわく「業務用ぬいぐるみ」の富樫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 18:25
電子の海、紅く染まれ

ネットではもうニュースにもならない程ありふれた『炎上』。 その焔に焼かれる時、アヤの心は何を感じるのか。 ※文学フリマ短編小説賞 応募作

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/06 21:00
遥かユティエスの空

バスティア王国は、もはや国土の半分が「鎖蝕(さしょく)」に覆われつつあった。 「鎖蝕」――貪欲に何もかも呑みこむ白い砂。 王国政府にはそれを止める有効な手立ては//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全28部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/29 10:00
幕間という名の雑文

私はたいがい何かしらの仕事をしていました。 その中で出会った人、感じた事などを書いていきたいと思います。 笑いあり、シリアスだったり、ほのぼのだったり。 他の//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全9部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/17 16:58
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
ファンタジーにおける名探偵の必要性

ミステリマニアである冴えない探偵は死んだ。しかし、その記憶を持ったまま、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョン、王道のファンタジーの世界に平民ヴァンとして転生す//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全194部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 21:59
ラノベ ”編集” 作家になろう!

(連載の目安)  一話3000字目安。1パート14〜15話目安です。  火曜日〜金曜日各0時の更新です(連載時)。  土曜0時〜日曜深夜の投稿はありません。 //

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全91部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 00:00
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~

『死なない宿屋』  冒険者垂涎のそんな都市伝説をもつ宿屋があった。  少女ロレッタはある目的のため、駄目元でその宿屋にたどり着く。  そこで知った『死なない宿屋//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全249部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 23:39
アルケミックファンタジア

憧れの勇者、デューク=ギーナンのような勇者になることを夢見る少年ソランは妹のモアナとともに謎の塔の調査に赴くのだが、そこで魔帝と呼ばれる者達との戦いに巻き込まれ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/26 16:39
お菓子職人テオブロマとライオンになったチョコレート

 冬の童話2016投稿作品です。  子供のころ読んだ絵本(現在は検索不可能な作品)を自分なりに本歌取りしてみました。  いわゆる『童話』です。

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全2部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/01/13 20:06
忌み子の世界救世記

掃き溜めーー誰にも必要とされなくなったモノが集うその場所でひとつの出会いがあった。 赤子と魔神は出会い、ひとつの絆を紡ぐ。 魔神の加護を受けた赤子はやが//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全229部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/07/26 07:00
恋するプリンセス ~恋をしてはいけないあなたに恋をしました~

【2016年9月11日完結!】 剣と魔法の王道恋愛ファンタジー! エリー王女が好きになった相手は側近のレイ。 片思いの末に想いが通じ合い、禁断の関係を結んでし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全279部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/11 20:09
つらつら草

思いついたことをつらつらと。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全39部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 15:21
おんきょう

無季自由律の歌、五行歌、短歌など。 カクヨムさんにも抜粋して掲載させていただいております。

  • 詩〔その他〕
  • 連載(全36部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 16:43
宝石吐きの女の子

“リアフィアット市は大陸東部に位置する中程度の街である。その片隅に、小さな宝石店があった。” 宝石に愛された少女の話。毎週土曜日更新です。 ■第2回なろうコン追//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全196部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 21:08
比喩テク! ~表現、言いまわしを一段上げるかもしれないテクニック~

「自分って表現力がないなあ」「比喩を書きたいけど書き方が分からない」「面白い言いまわしを作りたい」と悩む方は多いと思います。 これは、そういう方向けの知っておい//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全19部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/10/07 00:27
黄砂吹き荒れる街にて

25年ほど前、中国で生活していた頃のエキサイティングなエピソードを幾つか披露していきたいと思います。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全55部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/16 21:24
イルカにのったまほうつかい

 連載作品のスピンアウトです  

  • 童話〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/12 22:23
Journey of Life~戦犯の孫~

『ヘルデンズの運命は、お前の手に――』 平和が訪れて5年。 穏やかな日々が流れるフラウジュペイの片田舎で、ブランカは正体を隠して生きてきた。そんなある日、異国//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全73部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 18:00
誰でも分かる!小説の書き方入門

「これだけ読めば小説が書ける」そんなエッセイを目指します。自分が学んだことを整理するために。何処かの誰かの役に立つために。それは、本当に分かりやすく、あっさり読//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全56部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/08 05:00
幻想歴史読本 ~ファンタジーを考える~

 中世ヨーロッパとはなにか、魔法はいつ発明されたのか、冒険者ギルドが抱える問題は何か、鉄砲はファンタジー世界でも役に立つのか、といった"なろうでもよく登場する要//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全72部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 20:07
白い双子と白き竜

北の山には白い竜が住んでおり、もう十年以上は雪が降り続けている。 そんな伝承めいた話のある雪国の外れにある森の中。雪のような白い髪をもつ双子の兄妹がお父さんと三//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全10部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/12 20:18
ラスト・シャーマン

 中国でいう三国時代、倭国(日本)は、巫女の占いによって統治されていた。  しかしそれは、巫女の自己犠牲の上に成り立つ危ういものだった。  そのことに疑問を抱い//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全38部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/06/06 19:00
翼を広げて

「翼を広げて」というタイトルで短め詰め合わせ

  • その他〔その他〕
  • 完結済(全400部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/21 19:07
音無集★オトナ詩集

ダーク、退廃、恋愛などの詩を集めた詩集。

  • 詩〔その他〕
  • 連載(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 02:55
俺の夢は異世界ハーレムだったのにっ!!

 少年、朝日野悠莉は学校帰りに買い物袋をぶら下げて、ふと、立ち止まった。  あろうことか特売品の野菜を買い忘れていたことに気がついた彼は、急ぎ買いに戻ることにし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全210部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/28 00:04
不機嫌な青銅の獅子王と、年老いた大きな木

青銅でできた立派な獅子王と、そのかたわらにたたずむ、年老いた大きな木のおはなし

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全4部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/20 20:00
私には性別がありませんでした

俺は困惑していた。なんで女の子の体になってしまったのだろう。平凡な生活は嫌だけど、今のこの状態も嫌だ。でも、受け入れるしかないのか。なし崩し的に『女の子化現象』//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 21:12
クェトル&エアリアル

 中央帝国オデツィア。  新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。  生来の持て余すほどの才知に加え//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 10:01
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
僕の諭吉おじさん

「これあげるわ。使用期限は今日中ね」 母さんから突然渡された一万円。戸惑いながら、小学生だった僕はその使い道を考えた。 そして月日が流れ大人になった僕は、この一//

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/11/29 00:06
↑ページトップへ