挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

アステロイド家族

作者:あるてみす
太陽系のアステロイドベルトに浮かぶ、廃棄されたコロニー。
そこに暮らすのは、血も繋がっていなければ種族もバラバラの疑似家族だった。

人間で元軍人の傭兵である「パパ」
謎多き少女にして一家の中心の「ハル」
ナビゲートコンピューターの「お姉ちゃん」
赤き機械生命体の「おじちゃん」
異星人で獣人の「ママ」
サイボーグの「お兄ちゃん」
青き機械生命体の「愛犬」

慎ましくも賑やかな日常は、次第に宇宙を揺るがす事態へと繋がっていく。
大宇宙の片隅に生きる者達が繰り広げる、SFホームコメディ。

創作サイト「空中移動基地」で連載していた作品を転載、加筆修正。
web拍手 by FC2
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ