挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔剣使いの転生者 作者:うみにゃー
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/5

第0話「鍛えないとな」

語彙力があまりないので分かりにくい点があるかもしれませんが…頑張ってください(><)

(あ〜あ、、、こんな事になるなら日頃から鍛えておけばよかった、、、)
少年は走馬灯のような物を見ながらそう思う。
(今思っても仕方がないか、猫は助かったのかな?)
刹那とも言える時間の中で少年はとある猫のことを思い浮かべる。
「ごめんね母さん」
届くはずのない言葉を告げる。この瞬間少年の意識は途切れた、、、


10分前
「はぁ…今日も寝てしまった…」
少年の名は鈴木(すずき) (あきら)。明るい子に育って欲しいと意味を込められた名前だ。
「また母さんに怒られるよなぁ〜…はぁ、学校の先生すぐ家に電話するし…」
ため息混じりに言う。
側から見れば独り言を言っているヤバいやつなのだが本人は心で思っているので声が出ている事に気が付いていない。
「まぁ悩んでいても仕方ない!」
と、叫ぶように宣言していると…
(ん…?)
今度は声に出なかったが明は気がつく。
「何してるんだあの猫…」
道路で動けなくなっている猫を見つける。
車が来ているにも関わらず全く動こうとしない。
「危ない!」
叫ぶと同時に猫へ駆けつける、明は猫を抱き上げるが車はすぐ目の前へ来ている。車はスマホで何かを調べているのか前に出て来た明に気がつくのが遅れてしまった。
明は横へ逃げようとしたが瞬発力がなく、車がブレーキを踏む様子がない。
(ダメだ!間に合わない!)
そう考えると猫を道路脇に優しく投げ込む、そう、優しく。
明は猫を投げ込み車に轢かれた。

小説を書くのは初めてです。
リアルが忙しく更新ペースも遅いかもしれませんがこれからよろしくお願いします。
魔剣はあと数話程度挟んだら登場させようと思っています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ