挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ちょっと待って、わたし処刑される筈なんですが

作者:千種奏美
「今この場をもって、お前との婚約は破棄する。

3日後の処刑は既に決定事項だ。」

婚約破棄と同時に言い渡されたのは、余命3日宣言。
もともと愛のなかった関係にも今の地位にも未練はありませんから、私は3日後大人しく処刑されてやります。

そんなルディアナのもとに大怪我を負って現れた敵国の使者。

「処刑を受け入れるつもりなら、俺と来てくれ!

我が国にはお前が必要なんだ!」

仕方がないので治癒能力で敵国を救って、母国を叩き潰すことにします。



*R15と残酷な描写は主にケガです
処刑3日前宣言
2017/11/12 11:47
怪我人拾いました
2017/11/12 18:39
王宮脱出戦線
2017/11/18 15:58
海上の攻防戦
2017/11/18 15:59
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

【どうでもいいからシリーズ連載版】 どうでもいいから帰らせてくれ

卒業パーティで王太子殿下の婚約破棄騒動に巻き込まれた主人公。次々と襲いかかる試練、苦難・・・果たして主人公は無事にオウチへ帰れるのか!!??という話です。 ※//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 1011 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 00:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 1059 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 1103 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 1055 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 1081 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全242部分)
  • 1387 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:00
死んでも貴女に復讐します。お母さま。

あの女の嘘を信じ、私と婚約破棄をした王子さま。 やめてと泣き叫んでも追ってきた、あの女の雇い男たち。 私に起こる悲劇をすべて見下ろし、無邪気に笑うその女は、私の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 1143 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 14:42
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 1078 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
勿論、慰謝料請求いたします!

 私はお金儲けが大好きで損することが大嫌いな商魂逞しい伯爵令嬢ユリアス。  婚約者は頭の悪い人間だと知ってはいたがここまでとは知らなかった。  婚約破棄するなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全47部分)
  • 1034 user
  • 最終掲載日:2017/11/02 22:20
追放ご令嬢は華麗に返り咲く

伯爵令嬢のティアナはある日突然婚約者であるウェスターに婚約破棄された上に、父である伯爵が無実の罪で強制的に国外追放されてしまいどん底に。 ティアナと別れたウェス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全10部分)
  • 1153 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 22:00
王太子は、前世で私を振った恋人でした

前世で恋人に捨てられた記憶を持つリズは、今世は自由に生きてやると決めていた。 不思議な力を見いだされ聖女候補として王宮におもむくも、そこで出会った王太子は、前世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部分)
  • 1046 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 19:53
元弱小国家の倍返し

隣国で10年間幽閉生活を送っていたフィリアは、ある日王太子から婚約を破棄される。 ーーーえ?一夫一婦制の国で王太子の妾?誰がそんな不名誉な職につくものですか。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全14部分)
  • 1043 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:25
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 1047 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
悪役令嬢の姉ですがモブでいいので死にたくない

転生した先は乙女ゲームの世界、転生後の名前はジゼル伯爵令嬢。 悪役令嬢の病弱な姉、つまるところモブ。 最大の問題はこのモブが大体のルートで死んでいるところ。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全11部分)
  • 1416 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 01:07
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 1512 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
隣国へ留学していたら、知らぬ間に兄達がやらかしていた

上に優秀な兄が2人もいるので、隣国へ留学に出された第三王子。 ふつーに生活していたところ、突然の帰国命令が出されたので帰ってきてみたところ………?

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全3部分)
  • 1054 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 1301 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 1584 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時に、ここが前世で好きだった少女漫画の世界だと思い出す。漫画の主人公に意地悪の限りを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全100部分)
  • 1231 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

 勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うファンタジー世界。その世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つレッドは、妹である勇者の初期パーティーとして戦ってきた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部分)
  • 1397 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 18:10
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 1704 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
【連載版】双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。

私は双子の姉妹の妹の方。姉が綺麗で、天使みたいだからと親に差別されて育った。つい、先日姉は神に愛された子———神子とされ、両親と共に引き取られることが決まった。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全35部分)
  • 1399 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 16:30
王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 1088 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 21:10
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 1023 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 1018 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部分)
  • 1610 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 23:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部分)
  • 1019 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 04:00
今度は絶対邪魔しませんっ!【連載版】

異母妹への嫉妬に狂い罪を犯した令嬢ヴィオレットは、牢の中でその罪を心から悔いていた。しかし気が付くと、自らが狂った日──妹と出会ったその日へと時が巻き戻っていた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全11部分)
  • 1442 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 12:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 1113 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 1071 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
↑ページトップへ