挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/67

第53話:スカウト

 全国少年サッカー大会の閉会式の後。
 Jリーグ“横浜マリナーズ”のジュニアユースに、オレはスカウトされていた。

「もちろん、返事は今じゃなくて大丈夫です。年明けに、リベリーロ弘前ひろさきのコーチさんと、コータ君の親御さんの方にも、ちゃんとご挨拶とご説明に伺います!」

 横浜マリナーズの人事部の人……実はスカウトマンだった人は、丁寧な口調で説明してくる。
 待遇としては中学生のジュニアユースの中でも、最上位のものを用意してくれという。

 横浜の寮に入って、午前中と午後は提携している中学校で通常の勉強。その後は横浜マリナーズのクラブで、専門的な指導を受けられる。
 中学校がない土日や連休は、練習や試合のスケジュールだという。

 説明してくる内容は、信じられないほどの好待遇であった。
 前世では社会人だったオレから見ても、破格の条件である。
 きっとこれはJクラブの育成的な先行投資なのであろう。

(まさか横浜マリナーズからスカウトが来るとは……)

 説明を聞きながら、オレの心臓はバクバクしていた。
 何しろ横浜マリナーズといえば、Jリーグの中でも名門中の名門である。
 J1でも毎年のように上位争いをしており、これまで代表選手も多数排出していた。

 あの赤青白のマリンカラーのユニフォームは、全国のサッカー少年にとって憧れの存在である。

(でも、そんな好条件で、横浜マリナーズのジュニアユースに入るということは……)

 オレは選手として“囲い込み”をされてしまうであろう。

 入団してから、もしも順調にいけば、

・高校生の時にはユースチームに昇格。
 ↓
・高校卒業後、横浜マリナーズのトップチームに昇格。

 こんな感じのコースになるはず。
 つまり“囲い込み”であり、気軽に他のチームには移ることは出来ないのだ。

(オレは……どうすれば……)

 今世でのオレの夢と目標は、いくつかある。
 目標の一つは『地元の社会人サッカーチームを救うこと』である。

 今はまだ地域リーグで奮闘している、小さな地元のあのチーム。
 前世で右足と家族の全てを失い、絶望のどん底にいたオレに、あのチームは生きる希望を与えてくれた。
 本当に感謝していた。

 でもオレが死んだ31歳のあの日……これから19年後に、あのチームは消滅してしまう運命にある。

『地元の社会人サッカーチームを救うこと』

 これはオレの今世での大きな目標の一つであった。

(でも、横浜マリナーズのジュニアユースに入ったら、その夢は難しくなる)

 プロのクラブチーム同士での選手移籍は、簡単ではない。
 本人の意思もあるが、移籍金と契約などで難しくなる場合もあるのだ。

 特にJ1の名門から、地方の地域リーグの小さなチームに移籍。
 これは移籍金を考えたら不可能に近いのかもしれない。

 プロサッカーは巨大なビジネスの世界でもある。
 契約を結んでしまったら、選手もその波に巻き込まれてしまうのだ。

「どうでしょうか、野呂コータ君? あなたと、ご家族にも悪い条件ではないと思いますが?」

 スカウトマンはビジネススマイルを浮べていた。
 提示された条件は破格である。
 普通のサッカー少年なら、飛んで喜ぶスカウトだ。

 正直なところ、このオレですら心は大きく揺れている。
 前世でも見ていた、あの横浜マリナーズのユニフォーム。その誘惑はサッカーオタクには耐えられない、媚薬でもあるのだ。

(でも、オレは……)

 どうすればいいのだろうか。
 返事を出来ないまま、自分の心に迷っていた。

(どうすれば……誰か助けて……)

 今までの自分の目標と、目の前の甘美な誘惑の狭間はざまに、一人で決断できずにいた。



「おい、お前たち。そこで何をしている?」

 そんな苦しんでいた時。
 誰が近づいてきた。

 窮地に陥っていたオレは、顔を上げる。
 その声に覚えがあったのだ。

「ヒョウマ君のお父さん?」

 やって来たのは、まさかの人物……ヒョウマ君のお父さん“澤村ナオト”だった。
 そういえ今年も息子のために、全国大会の応援に来ていたのだ。

 この人とは面識がある。
 ヒョウマ君の家にサッカーのTVを見に行った時に、顔を合わせていたのだ。

 でも、あまり会話をしたことはない。いつもクールな人だった。

「大丈夫か、野呂コータ?」
「は、はい……」

 澤村ナオトは優しい声で、オレの頭を撫でてくれる。
 大きくて暖かい手だった。

「ところで、お前たち、この子に何の話をしていた?」

 澤村ナオトの声が変わる。
強い言葉と共に、この場にいた大人二人に問いかける。
 横浜マリナーズU-12の監督とスカウトマンに対して、鋭い視線を向けていた。

「せ、先輩……これは、その……」
「澤村さん、実は……」

 澤村ナオトは横浜マリナーズのOB選手である。
 だから、この二人とも面識があるのであろう。
 会話から現役時代の先輩後輩の関係みたいだ。

「たしか全国大会の場でのスカウトは、マナー違反だったよな、人事部さん?」
「うっ……それは」

 澤村ナオトから鋭い殺気が放たれる。
 その殺気をモロに受けて、スカウトマンは絶句していた。
 近くにいたオレですら、動けなくなる様なプレッシャーである。

「す、すみませんでした、澤村さん。では、失礼します。野呂コータ君、では正式に年明けにご連絡をします」

 警告を受けて、スカウトマンと監督が立ち去っていく。
 そうか……こうした大会でのスカウト業務は、マナー違反だったのか。

「あの……ありがとうございました」

 澤村ナオトに頭を下げて、礼を言う。
 この人はオレのことを守ってくれたのであろう。

 助けてくれなければ、オレは危うく甘美な言葉に落ちていたかもしれない。
 それほどまでに先度は判断力が鈍っていた。

「息子のヒョウマが世話なっているからな。礼を言うのは、こっちの方だ」

 殺気を解いて澤村ナオトは、軽く微笑んできた。

 あれ?
 その笑顔はヒョウマ君が笑った顔と、よく似ていた。

 ヒョウマ君はいつもクールだけど、笑った顔はこんな感じで温かみがある。
 やっぱり親子は似るのかもしれない。

「あんな後に言うのも、あれだが……横浜マリナーズも悪くないクラブだ。だがサッカー人生の進路を選ぶのは、自分で決めることだ。じゃあな」
「えっ……」

 そう言い残して、澤村ナオトは去っていく。
 きっと自分の在籍していた横浜マリナーズのことを、あの人も好きなのであろう。

「サッカー人生の進路を選ぶのは、自分か……」

 オレは自分の右足を見つめながら、その言葉を呟くのであった。



 その後は、いつものようにバタバタした。
 閉会式と取材が終わってから、飛行機を乗り継いで、東北の我が家に戻る。


《12月30日》

 閉会式が終わって帰宅した次の日。
 今年もこの日の夕方に、チームの皆とコーチと、選手の父母たちで食事会をした。

 店はいつもの地元のファミリー向けの焼き肉屋さん。子供が大好きな食べ放題の店だ。

“全国大会3連覇、おめでとう会!”
 ということで、かつていない程ワイワイ楽しく騒いだ。

 オレたち子どもはジュースを飲みながら、焼き肉を食べまくった。
 3連覇のお祝いとして今年は『焼き肉+デザートと+お寿司+ラーメン+お菓子』が食べ放題になっていた。

 育ち盛りのオレたちは、倒れる寸前まで食べて楽しんだ。



《12月31日》

 次の日は大晦日。
 一年の最後の日だが、今年も忙しかった。

 地元の新聞とTVの取材をチームで受けた。
 キャプテンであるオレはインタビューを受けた。
 かなり緊張したが、何とか全国大会の話をすることができた。

 ちなみにヒョウマ君は今朝から家族で、スペイン旅行に行っていた。
 澤村家恒例の正月海外旅行である。相変わらずリッチだ。

 普通の庶民の我が野呂家は、正月は家で普通に過ごす。
 でも今年はお節料理が、いつもと違っていた。
 フランスに両親が応援に行った影響で、お節がフランス料理風になっていたのだ。

 これが意外と美味しくて、葵と二人でバクバク食べた。
 オレの母親は料理上手なので、ご飯の時間が楽しい。

 そんな感じでいつものように楽しい年末を過ごしていく。



「あと、3時間ちょっとで、新年か……」

 12月31日の夜8時50分。
 オレは布団の中に入り込む。

 サッカーライフのため、成長期には夜更かしをしない。
 身体の成長を促すために、毎晩9時前には寝ていたのだ。
 これは大晦日や正月でも変わりはない。

(今年もあっという間だったな……)

 布団の中で、今年一年のことが思い出される。

 1月から3月までは冬のトレーニング期間で、主に基礎練習を積んでいた。
 ちなみ2月のバレンタインデーのチョコの個数は、去年と同じ数だった。
 もしかしたら、あれがオレの限界数値なのかもしれない。少し悲しい。

 4月からは6年生になった。
 オレはチームのキャプテンと、クラスの学級委員長に挑戦する。
 最初は大変だったけど、本当に勉強になったチャレンジだった。

 5月から夏までは、ひたすらサッカー漬けの毎日。
 チーム練習と自主練と、大会と、合宿と遠征だった。

 初秋には“U-12ワールドカップ”のためにフランスのパリへ。
 たった二日間だったけど、本当に充実した大会だった。
 将来のスーパースターのセルビオ・ガルシア君にも出会えた。
 そのお陰で、オレは大きく成長できたような気がする。

 冬にあった全国少年サッカー大会でも優勝できた。
 小学生の最後の大会で、無事に3連覇を達成できた。

 こうして一年を振り返ってみて実感する。
 今年も本当に充実して、楽しいサッカー人生だった。

(そして、横浜マリナーズのスカウトか……)

 今年の最後にまさかのイベントが発生していた。
 まだ誰にも相談してしないけど、年明けには解決しないといけない。

 あと3時間ちょっとで、新しい年年になる。
 1月になったら、リベリーロ弘前ひろさきを引退式がある。
 それまでに今後の自分の人生を、決めておかないといけない。

(とにかく今日は寝よう……)

 こうして今年も無事に終わろうとしていた。

 だが決断しなければいけないタイムリミットは、着々と近づいていたのだった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ