挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/68

第43話:世界大会に到着

“U-12ワールドカップ”
 オレたちは今回の開催地のフランスに到着した。

 リベリーロ弘前ひろさきの一行はフランス国際空港に降り立つ。そのままバスに乗り換えて、大会の会場に向かっていた。

「おお、凄い! 外国だ!」

 そんなバスの車内で、オレは大興奮してした。窓の外の景色にかじりつく。

「おお、あれは大聖堂かな? あっちは城の跡地かな? 凄い、本当にフランスだ!」

 窓の外の景色はTVで見た、まさにフランスであった。
 石造りの町並みやレンガの建物。古い中世風な建造物などが並んでいる。

 今年の“U-12ワールドカップ” の開催地はフランス。大会のメインスポンサーの関係で、今年はこの国で開催されるらしい。

「いやー、さすがは文化の国フランスだね」

 バスの外の景色に何度も感動する。

 前世のオレは世界史が大好きであった。
 特に中世風でファンタジーな世界も大好物。サッカーと共に尊い趣味の一つである。

 そんな夢にまで見たフランスの街並みが、目の前にあった。まさに鼻血ものである。
 ここまで飛行機はかなりの移動時間だったが、その疲れも興奮で吹き飛ぶ。

「あっ。見て、ヒョウマ君。大きな川があるよ! もしかしたら、セーヌ川かな?」

 何となくオシャレな川が見えてきた。隣の席のヒョウマ君に聞いてみる。

「あれは違うぞ、コータ。セーヌ川は、もう少し先だ」
「なるほど。そっかー、ヒョウマ君はフランスに来たことがあるんだね」

 セレブな澤村家は毎年、海外旅行に行っている。ヒョウマ君も幼稚園の時から、ヨーロッパ旅行を経験していたのだ。

 ちなみに今回のリベリーロ弘前ひろさきの、旅行費用は全てタダである。
 大会主催者とサッカー協会の方で、経費を負担してくれたのだ。

 タダと言っても、選手は12人と監督は一人まで、という条件付き。
 だからオレたちも今回は、『レギュラー選手8人+控え4人とコーチ1人』という少数精鋭で、フランスにやって来た。

 他のチームメイトは日本に残って、ネット配信で応援してくれる予定だ。

「おい、コータ。あんまりはしゃぐなよ。……って言っても、この様子じゃ、仕方がないか?」

 コーチは注意を半分諦めていた。
 何しろオレ以外のチームメイトも全員、バスの中で興奮している。
 空港を出発した時から、バスの中はお祭り騒ぎである。

 好奇心旺盛な小学生たちは、初めてのヨーロッパの景色に興奮しているのだ。
 冷静なのはヒョウマ君だけだった。

「じゃあ、騒いだままでもいいから、耳はこっちを向けてくれ。今後のスケジュールを発表するぞ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 スケジュールと聞いて、オレたちは姿勢を正す。
 いよいよ“U-12ワールドカップ”の詳細なスケジュールが、発表されるのだ。

「今日はこのまま練習場に行く。そこで軽く身体をほぐしておけ。でも無理はするな。その後はホテルで休憩だ。時差ボケの調整もあるから、気を付けろよ」

 日本とフランスでは、かなりの移動距離と時差がある。
 だからリベリーロ弘前は余裕をもって、前入りしていた。
 これは万が一の飛行機トラブルへの対応と、こうした体調の調整をするためだ。

「明日じゃ開会式があって、その後に練習がある。そして本番の試合は、明後日の朝からだ。一日何試合もあるから、気合入れていくぞ」

 大会の第一試合は、明後日の朝からとなる。
 32国チームを8グループかに分けて、リーグ戦で予選を行う。一日に3試合もあるので、かなりハードなスケジュールだった。

「上手く予選リーグを突破できたら、次の日がトーナメントだ。そのまま準々決勝と準決勝、最後は決勝戦がある」

 予選を突破した8チームだけ、最終日のトーナメントに出場できる、日本でもよくある方式。
 合計2日間で、一気に優勝チームを決定するという日程だ。

(最多で2日間で6試合か。かなりハードだな。だが、なんとかなるか……)

 オレはスケジュールを再確認する。
 日本のジュニア大会でも、今回と似たケジュールは多い。一日に2、3試合はザラである。
 その辺の調整は、オレたちは大丈夫であろう。

(あとは外国のプレッシャーか……)

 リベリーロ弘前ひろさきにとって、今回は初の国際試合となる。
 特有の空気に飲まれず、チームの皆が全力を出せれば何とかなるであろう。

「よーし、会場が見えてきたぞ。今日と明日のスケジュールは、さっき言った通りだ。団体行動を忘れるな!」
「「「はい、コーチ!」」」

 バスはパリ市内にあるサッカーパークに到着した。
 いよいよオレたちはパリの大地を踏むのである。



 フランス到着の初日、その後。

 この日は予定通りに進めていく。
 パリ市内にあるサッカー練習場で、皆で身体を慣らしていく。

 フランスの風景と空気に、チームメイトの身体は固かった。

 この日は旅の疲れもあるので、コーチも無理はさせない。
 時差ボケの調整をしながら、ホテルでゆっくり休む。



 フランス2日目になる。
 午前中は開会式に参加した。
 ヨーロッパ式のお祭りのような、派手な開会式だった。

 その後は大会場所に、練習に行く。
 天然芝が8面もある、広大なサッカーパークである。
 さすがはヨーロッパのサッカー文化は、日本とは比べものにならない。

「よーし、お前たち。明日からの試合はここで行う。今日の内にフランスの芝に慣れておけ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 そう元気よく返事したが、リベリーロ弘前ひろさきの面々は緊張していた。

「おい、あれ、ブラジル代表だよな……?」
「あっちはイタリア代表か……」
「みんな、上手いな……」
「それに身体が大きいな……」

 他の31カ国のチームも、周りで練習していたのだ。
 各国の代表ユニフォームを着た、300人以上の異国の子供たちの光景。
 そのプレッシャーに押されていたのだ。

「じゃあ、ヒョウマ君、いくよ!」
「ああ」

 そんな重いプレッシャーの中、オレはパス練習を始める。
 確かに外国人だらけの、この場の雰囲気は緊張する。

 だがオレとヒョウマ君は、元U-15代表を経験していた。あの時のプレッシャーに比べたら、たいしたことはないのだ。

「おーい、みんなも、やろうよ! ここの天然芝、キレイだよ!」
「お、おう、そうだな、コータ」
「オレたちもやろうぜ!」
「そうだな!」

 リベリーロ弘前の面々は動き出す。
 オレの誘いに練習を始める。

「なんだ……フランスの芝も日本と同じだな」
「そうだな。同じだな!」

 ボールを蹴りだしならが、皆の表情が変わる。
 さっきまでの重いプレッシャーが消えていくのだ。

「コータのお蔭で、私もリラックスできた」
「「「えー、コーチも⁉」」」
「緊張していたの⁉」
「なーんだ! わっははは……」

 そんな感じでいい笑いながら、全員がリラックスしていた。
 これなら明日からの本番でも、本来の力を発揮できそうである。

 いい雰囲気に、キャプテンであるオレもホッとする。



 そんな時、事件は起きる。

「あっ……返せよ!」

 チームメイトの一人が、誰かに向かって叫んでいた。
 いったい、どうしたのだろうか?

 オレはヒョウマ君とのパス練習を中断して、そちらに向かう。
 仲間同士の喧嘩とかでなければ、いいけど。

「ねえ、どうしたの?」
「おう、コータ。あいつが、オレのボールを、いきなり奪っていったんだ!」
「えっ?」

 練習していたボールを誰かに取られて、チームメイトは困っていたのだ。
 この場所に部外者は入れないはず。

 では、いったい誰がボール?

『ヘーイ。最近の日本人はサッカーが上手いんでしょ? このオレから奪ってみてよ!』

 ボールを奪っていた相手は、外国の少年だった。
 オレたちにスペイン語で挑発してきた。

(えっ……あの子は……⁉)

 相手のユニフォームと背番号。その面影のある顔を見て、オレは心の中で絶句する。

(あの選手は……そんな、まさか……⁉)

 相手の選手に見覚えがあったのだ。
 間違いなく前世で穴が開くほど見ていた選手の、若き日の姿である。

(そんな、将来のスペイン代表が、こんな所で……)

 前世ではスペインA代表でありながら、スペインリーグの得点王&MVP。

「“無敵王子”セルビオ・ガルシア……だと……」

 その伝説のスーパースターが目の前の降臨したのだ。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ