挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/68

第26話:激戦の後

 全国大会の決勝戦が終わる。
 その後はバタバタしたスケジュールだった。

 閉会式の後は、オレたちリベリーロ弘前ひろさきは沢山のマスコミの取材を受ける。
 TVやラジオ、サッカー雑誌やネットニュースなど、ビックリするぐらいのマスコミ囲まれていた。

 主にチームとしてインタビューされていたのは、コーチと6年生のキャプテンであった。
 特にコーチは“東北の智将”としてマスコミの人たちに褒められていた。

 何でも決勝戦での超攻撃的な采配が、サッカー専門家たちをうならせたらしい。
 日本のサッカー界に不足していた、“決定力”の指導の仕方。それにについて、関係者からも、あれこれ聞かれていた。

 もしかしたらコーチも、この業績で一気に有名人になるのかな?
 別の強豪チームに移籍とか、ある世界なのかな?

 マスコミ陣に囲まれるコーチを見て、遠くにいってしまう、そんな不安があった。

『優勝できたのは選手たちのお蔭です。私はむしろ感謝しています』

 でもコーチはマスコミ陣に、謙虚にそう答えていた。
 何となくだけど、ホッとした。
 いつものコーチでよかった。

 よし。
 オレもヒョウマ君たちと、帰郷の準備をしようかな。

「あっ……」

 だがヒョウマ君に近づくことが出来なかった。
 何故ならコーチ以上に、彼の周りにマスコミが群がっていたのだ。

『澤村ヒョウマ君、最年少で大会得点王の感想は?』
『お父様には何と、伝えますか?』
『中学生になったらビッグチームに移籍はありますか?』

 マスコミの人たちはマイクやボイスレコーダーを、ヒョウマ君に向けてインタビューしていた。

“有名な元Jリーガーの息子で、小学生4年生にして全国大会の得点王で、優勝チームのエース”

 記事のネタとしては最高のターゲットなのであろう。
 まるで日本代表の選手に対応するみたいに、連続して質問されている。

 それを見ていると、なんかヒョウマ君も遠い存在に感じた。
 最近はチームメイトとして仲良くなってきたというのに、少し寂しい感じがする。

「優勝も得点王もチームメイトのお蔭です。全員で勝ち取った勲章です」

 でもヒョウマ君はマスコミ陣に、大人の対応をしていた。
 それに自らの成績を、“チームメイトのお蔭”だって答えていた。

 これはなんか嬉しい言葉である。
 やっぱり、ヒョウマ君は凄い人だ。

 優勝にも浮かれずに、自らの成績におごることもない。
 ヒョウマ君は一人のサッカー選手として、最高にカッコイイ。

 よし。
 ヒョウマ君は忙しそうだから、妹の葵と一緒に帰郷の準備をしようかな。

「葵! あっ……」

 だが葵にも近づくことが出来なかった。
 何故ならヒョウマ君と同じ位に、マスコミに囲まれていたのだ。

『野呂アオイさん、史上初の3年生の女の子として、優勝の感想は?』
『何才くらいサッカーを始めたのですか?』
『将来はナデシコジャパンに?』

 さっきと同じように葵も、たくさんのマスコミの人にインタビューされていた。

“まだ小学生3年生の女の子なのに、全国大会の優勝チームのエースの一人。しかも可愛らしい”

 やはり記事のネタとしては、最高のターゲットなのであろう。
 特に男子の中で奮闘する女の子は、サッカー特集でも話題になりやすいのだ。

 なんか葵までもが、遠い存在になってしまう感じであった。
 更に大きな不安もある。

 何故なら葵は可愛いから、雑誌とかTVに載ったら一躍人気者になってしまう。
 なでしこ女子プロサッカー選手でも、可愛い衣装で雑誌の表紙を飾る時代である。

 普通よりも可愛い葵だったら、芸能人も兼用できるであろう。
 そうなったら変な虫が付かないか兄として、とても不安でしかない。

「サッカーは尊敬するお兄ちゃんに、教えてもらいました! 今後も頑張っていきます!」

 でも葵はマスコミ陣に、テキパキと対応をしていた。
 それに『お兄ちゃんに教えてもらった』か……なんか嬉しい言葉である。

 幼稚園の頃はあんなに小さかった葵が、立派になっていた。
 オレは思わず涙がポロリしそうだよ。

 よし。
 葵もヒョウマ君も忙しそうだから、取材が終わるまで待ってやるか。
 どうせ、まだコーチやキャプテンも忙しそうだし。

 オレは皆の取材が終わるのを、競技場の端っこで待つことにした。

 そう言えば、オレには個人的に取材は無かった。
 でも、コレは仕方がないであろう。

 何故なら今大会でのオレの意識していた動きは

①中盤のMFとしてチームの勝利のために尽くす。
②なるべく気配を消して相手に察知されないようにしる
③“緩急をつけたプレイ”にチャレンジして、歩いているようにプレイする。

 この三つを意識していたのだ。
 特に③番目はこの時代の専門家が見たら、評価は低いであろう。

 “一生懸命に走り回るのが美徳な時代”のサッカーには、合わないプレイスタイルなのだ。
 これはオレがいた未来のサッカー理論で、ようやく認知されたプレイスタイルだった。

 でも、オレは後悔をしていなかった。
 チームの優勝のために貢献できたことを、むしろ誇りに思っている。



「チョット、いいデスか?」

 その時である。
 競技場の待っているオレに、話しかけてきた大人がいた。
 しかも片言の日本語だ。

 いったい誰だろう?

 振り向いた先にいたのは、サングラスをかけた白人系の外人である。
 歳は60代くらいであろうか。ヒゲも真っ白で、結構おじいちゃんっぽい。

「はい、何でしょうか?」

 オレはかるく距離をとって返事をする。
 何しろ今のオレは身体の小さな小学生4年生。
 特に決勝戦の激戦の直後で、体力も10%位までしか回復していない。

 知らない大人と無暗に話をするは、子どもは危険なのだ。

「そんな警戒しないくだサイ。私はアナタの決勝戦のプレイに、感動したノデス!」
「感動? それはありがとうございます」

 なんだ。オレのファンの人だったのか。
 それなら警戒しなくてもOKであろう。
 オレは小学生4年生の子どもらしく、嬉しそうに返事をする。

「アナタは小さいころ、ヨーロッパや南米でサッカーを学んだのデスカ?」
「えっ? サッカーは家で練習していました。小学生1年からはリベリーロ弘前で学びました」

 変なことを聞いてくる人だな。
 陽気な老人に、自分のことを正直に答える。
 オレの家は普通の東北のサラリーマン一家だと。海外には旅行もいったことはないのだ。

「オー! 独学でアノ動きとプレイを⁉ ワンダフルー!」

 老人は大げさなジェスチャーでビックリしていた。
 最初はなんか怪しい外人だったが、陽気で面白い人である。悪い人ではなさそうだ。

 きっと海外のサッカー場にいけば、こんなサッカーおじいちゃん一杯いるんだろうな。
 いつか世界各地の本場のスタジアムに、オレも行ってみたいものである。

「デハ、ありがとうございマシタ! サヨナラ! おっと……」

 おじいちゃんが去って行こうとした、次の瞬間である。
 小さな段差につまずいて、転びそうになる。
 杖も持っていないし、頭をぶつけたら大変だ。

「よっとと……おじいちゃん、大丈夫ですか?」

 オレは即座に動く。
 老人の転ぶ方を予測して、その先にダッシュする。
 そして背中を当てるようにして、老人の全体重を支えてやる。

 小学生4年生と大人では、体格差は結構ある。
 でもサッカーの激しい当たりで鍛えたオレなら、難なく助けることが出来きたのだ。

「ワオ……今のハンノウは……?」

 おじいちゃんは何かにビックリしていた。
 きっと転んだことに驚いたんだろうな。でも無事でよかった。

「じゃあ、ボクは用事があるから」

 オレは老人に挨拶をして別れる。
 いつの間にかコーチやヒョウマ君たちの、取材も終わっていた。

 そろそろ地元に向けて、飛行機で戻らなきゃいけない。
 昨年に引き続き、今年も南国の鹿児島から東北地方まで大移動である。

「それにしても、変なおじいちゃんだったな……身体もやけに筋肉質だったし……」

 さっきの外人の老人はやけに筋肉質であった。
 背中で支えた瞬間に、オレは違和感があったのだ。
 何かのスポーツをやっていた人なのかな? それも凄く高い水準で。

 気になり、後ろを振り向いても、もう姿は見えなかった。
 もしかしたら、サッカー競技場の幽霊だったとか?

「ま、いっか」

 細かいことは気にしない性格である。
 オレは帰郷のために、チームメイトに合流するのであった。

 こうしてオレの2回目の全国大会は幕を閉じる。
 リベリーロ弘前の小さなサッカー戦士は、故郷に帰還するのであった。



 閉会式が終わってから飛行を乗り継いで、東北の我が家に戻ってきた。
 家に帰ってからも、今年も大忙しであった。
 何しろ戻ってきた日は12月29日の夜。あと少しで大晦日おおみそかである。

《12月30日》
 閉会式が終わって帰宅した次の日。
 夕方にチームの皆と、コーチと選手の父母たちで食事会をした。

 でも昨年の“お疲れさま会”とは違い、今年は“全国優勝おめでとう会!”である。
 場所は昨年と同じ、地元のファミリー向けの焼き肉屋さん。みんな大好きな食べ放題の店だ。

 オレたち子どもはジュースを飲みながら、焼き肉を食べまくった。
 更に今年は優勝のお祝いとして、デザートとお寿司も食べ放題になっていた。
 育ち盛りのオレたちは、腹が破裂する寸前まで食べていく。

「いやー、コーチのお蔭でウチの息子が……」
「いやいや、私も皆さんのお子さんに助けてもらって……」
「ささ、飲んで下さい……」
「どうぞ、どうぞ……」

 一方でコーチと親たちは酒を飲みながら、かなり酔っ払っていた。
 何しろ全国大会で初優勝したのである。
 子どもたちと同じくらいに、大人も嬉しいのであろう。
 オレの両親もビックリするぐらいに酔っ払っていた。帰りは大丈夫かな?

「では“リベリーロ弘前の今年の一年”を開演します!」

 今年も父母会の人がスライドショーを作ってくれた。
 貸し切りの店の壁に、音楽と共に映像を流していく。

 春の新人戦や、夏のサマー大会の真剣な試合の様子。
 また夏合宿の自由時間で、ふざけている子どもたちの様子。
 大会の入場行進で手と足がバラバラな様子。

 今年一年間のオレのサッカー人生が、走馬灯のようにスライドに流れていく。
 本当に素晴らしいスライドショーだ。

「この次は6年生特集です!」

 スライドショーは次に6年生特集に移る。 

 最年長のキャプテンたちが、まだ1年生の時の動画と写真。
 サッカーで失敗して泣いている映像。低学年の時の失敗の時の動画。

 お宝映像が盛りだくさんである。

「あの、鬼の先輩たちが……ぷぷぷ」
「おい、お前たち、見るな!」
「もう、遅いですよ! わっははは……」

 スライドショーを見ながら、皆で笑って楽しんだ。後輩と先輩も関係なく楽しんだ。

 でも同時に誰もが感動していた。
 引退の最後の年に全国大会で優勝。本当にいい思い出が出来たと感動していた。

 引退していく6年生たちの笑顔は、今年も本当に輝いていた。
 やっぱりサッカーは本当にいいね。



《12月31日》

 次の日の大晦日も忙しかった。
 地元の新聞の取材をチームで受けた。更に今年は地元TVの取材もあった。
 コーチとキャプテンが慣れた感じで、全国大会の秘話を話していた。

 年が明けた後には市長に表敬訪問をして、優勝の報告会もあるという。
 本当にバタバタした年末年始になりそうである。

 ちなみにヒョウマ君は今朝から家族で、カリブ海の旅行に行っていた。
 澤村家の正月は、毎年海外で過ごすらしい。相変わらずリッチだ。
 もちろん普通の庶民の野呂家は、正月は家で普通に過ごす。

 それにしても昨年以上に、バタバタした年末だった。
 でもオレは自主トレを、一日も欠かさずにいた。
 チームメイトたちも誘って、一日も欠かさずに皆で自主トレしていたのだ。

 正月休みもない位に練習するなんて……本当に皆サッカーが大好きなんだろうな。

 あっ、……鐘の音が……?

 いつの間にか、年を越していたのだ。
 24時の除夜の鐘が、オレの住む街に鳴り響く。

 もちろん21時に寝ている、オレの耳には聞こえていない。
 でも、今年も夢の中で少しだけ、聞こえたような気がした。



 こうして次の日の元旦になり、新しい年になる。
 オレのサッカー人生の4年生編は、あと3ヶ月で終わりを迎えていた。
 サッカーの練習をしていたら、3ヶ月もまたあっとう間に過ぎていくであろう。

 4月から、オレは5年生になる。
 5年生も今までと同じ、サッカー漬けの毎日であろう。
 全国大会の連覇に向けて、コツコツと練習の日々だ。

 だが5年生になったオレに、大きな人生の転機が訪れる。
 それはオレにとっても未知の世界であり、予想もつかない出来ごとであった。

「よし、まずは元旦の朝練に行ってくるか!」

 こうしてオレのサッカー人生は、未知なる場所へ向かおうとしていた。




次話から新章になります。



たくさん方に読んでいただき、本当にありがとうございます。

ここまでの評価や感想などありましたら、すごく嬉しいです。

次章も頑張っていきます!
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ