挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/68

第1話:むくわれなかった前世

 これは日本によく似た世界の話である。

『地域サッカークラブ、30年の歴史に幕を閉じる』

 地元新聞の片隅にその記事を見つけて、オレは全身を震わせる。
 記事をよく読んでいくと、地元のプロサッカークラブが経営難に陥り解散したのだ。

「マジか……」

 何度読み直しても内容は覆らない。
 念のために地元のニュースサイトをスマホで確認してみるが、内容は同じものしかい書いていない。

「あのプロチームが消滅か……」

 地元のサッカーチームは30年前に、アマチュアチームとして発足した。
 最高潮の時は、国内プロサッカーリーグのJ3まで登りつめていた。
 J2→J1。あと2個昇格していけば、国内最高峰のJ1までいけた栄華の時代もあった。

「ここ数年は負けが続いたからな……」

 チームは数年前のある事件をきっかけに、ボロボロになってしまった。
 その後は修正も利かずに、どんどん順位が落ちていく。

 そして今年になり、ついに地方リーグまで降格。今日の解散発表となってしまったのだ。

「オレにもっと応援する力があったら……くそっ」

 今から15年前。オレは地元のサッカーチームを応援するサポートになった。
 サッカーは本格的にやったことは無い。
 だが高校生の時に偶然見に行った、試合でサッカーに魅了されたのだ。

 当時のオレは趣味や特技は何もなかった。
 だから全ての時間とお金を、チームの応援に使った。

 毎週のようにスタジアムに応援に行き、他県での試合にも足を運んだ。

「あの頃は本当に楽しかったな……」

 オレは地元チーム以外にも、サッカー業界にハマっていった。
 他の国内のJリーグや、高校生のサッカーの試合も観戦した。

 海外のサッカーリーグも大好きだ。
 試合は海外に見に行くことは出来ない。だからネット番組で毎晩のように情報収集していた。

 高校卒業後。仕事と睡眠以外の時間は、全てをサッカー観戦に費やしていた日々。
 そう言っても過言ではない。本当に楽しい15年間であった。

「でも、地元チームが解散か……」

 やっぱり一番応援していたのは、地元のプロサッカーチームであった。
 だが、それも今日になり解散消滅してしまった。

 言葉に出来ない虚無感が襲ってくる。
“チーム・ロス”とでも言うのであろうか。
 オレの心にポッカリと大きな穴が空いていた。

「神様は残酷だ。オレからこの足だけじゃ、全て奪うのかよ……」

 自分の右足に視線を向ける。そこには義足がはめられていた。

 オレは小学4年の時、交通事故で右足を失っていた。
 だから学生時代はリハビリに精いっぱいな。とてもスポーツをやる余裕はなかったのだ。

「それに父さん……母さん……あおい……」

 同じ事故で失った家族の名を、思わずつぶやく。
 オレは交通事故で両親と妹。家族全員を失っていた。当時小学生4年生だったオレだけが、こうして生き残ったのだ。

「みんな、オレも、もうすぐそっちに逝くから……」

 だがオレの余命はあと少しであった。
 交通事故の後遺症で、脳に治せない病気を抱えてしまったのだ。

 後遺症が再発して、今はこうして病院のベッドの上にいる。

 医者の話を盗み聞きした。
 オレは本来なら、もうとっくに死んでもおかしくない状況だと言う。

 ここ1年間は入院しながら、サッカーの試合をネットで見ていた。

「地元チームの試合を観たかった……だからオレは生き延びていたのかもな」

 交通事故で天涯孤独になったオレに、サッカーは生きる希望を与えてくれた。
 地元チームの活躍は、病を遠ざけていたのかもしれない。

 この小さな街を盛り上げるために、必死で試合をする選手たち。彼らからは生きる勇気をもらった。
 本当にサッカーには今でも感謝している。

「悔しいな……本当に悔しいな……地元チームが、Jリーグで活躍する姿を見たかったな……」

 いつの間にかオレは涙を流していた。 

 それは後悔である。

 もっとチームを強く応援していたら、解散は無かったのでは……という悔しさ。

 もっと早くから応援をしていたら、違う未来があったのでは……そんな涙。

「このオレにもっと力があれば……チームを救えてかもしれないのに……」

 そう呟きながら、病室にあったサッカーボールに視線を向ける。

 それは入院したオレのために、地元チームの選手たちがプレゼントしてくれたもの。

 後遺症に負けるなという激励の言葉……そんな選手たちの寄せ書き。
 この世界にたった一つだけの、オレの宝物である。

「オレにもっと力が……」

 サッカーボールに手を伸ばす。最後にもう一度だけ、ボール触りたかった。

 だが、それは叶うことはなかった。

 オレはそのまま意識を失ったのだ。


 右足と家族。
 そして生きる希望であった地元サッカーチーム。

 全て失い、オレは命の最期の火……それが消えてしまったのである。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ