挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/82

何の日でしょう

お陰様で、連載1か月を待たず四半期(ジャンル別)1位となりました!
応援してくださっているみなさま、ありがとうございます!

「今日は何の日でしょー?」

 超上機嫌で柊木ちゃんが訊いてきた。

 日曜日の昼下がり。
 昼前に柊木ちゃんちに召喚された俺は、お昼を食べさせてもらい、のんびりテレビを見ていた。

 ソファの隣に座った柊木ちゃんは、ワクワクしながら俺の顔をのぞいている。

「何の日……? 何それ。虫歯の日とか」
「それ六月四日だから。違うから!」

 ツッコミひとつ取っても、やたらとテンションが高い。

 なんだ……? 今日? 何の日?

「ヒントは?」
「ヒントー? えー、これ言っちゃうとほとんど答えみたいなもんだからなぁ、どうしよっかなー」
「パンツの日」
「それ八月二日だからっ」

 詳しいな!

「ボケはいいよ、ボケは~」

 もう、わかってるんでしょー? このこのー、と柊木ちゃんがつんつん、とほっぺに指を差してくる。

「今日のために、春香さん、昨日の夜から準備してたんだから」
「え――!? 昨日から準備……あ、あー!」
「ねー! わかったでしょー!?」

「春香さんの誕生日!」
「違いますうううううううううううううううううううううううう!」

 びっくりするくらい大声だった。

「え。ちょっと……誠治君、ほんとに……? ほんとにわかんない……?」

 ハイテンションが一変して、不審そうに俺を薄目で見る柊木ちゃん。

「わかってる。わかってる。オーケー。今答える。今、答えるからもうちょっと待ってておくれ」

 洋画に出てくるキャラみたいに、俺は両手で柊木ちゃんに待ったをかける。

 っていっても、マジで何の日だ?
 俺の誕生日でも柊木ちゃんの誕生日でもない――。

 ぴ、と柊木ちゃんが人差し指を立てる。

「一回間違えるごとに――」
「ご、ごとに……?」
「首筋にキスマークをつけます♡」

「やめろおおおおおおおおおおおおお! 明日学校だぞおおおおおおおおおおおおお!」

「大丈夫、正解すればいいんだから♪」

 本当にわからん……。むしろ、柊木ちゃんは、キスマークつけたくてうずうずしてるっぽい。

 昨日から準備? 立ち上がって、キッチンのほうへ行く。
 今日家に遊びに来て、違和感は何もなかった。

 だから、キッチン。普段俺は絶対に立ち入らない場所だから。

 ちらっと柊木ちゃんを見ると、吹けもしない口笛を吹いている。

 わかりやすっ。ここに何かしらのヒントがありそうだ。

「どこだろうなー」

 と、俺は柊木ちゃんの顔色をうかがいながら捜査する。

「っ……」

 ん。反応あり。冷蔵庫だ。

 扉を開くと、冷蔵室の中に、ホールケーキが大皿の上にどーんと置いてあった。
 色とりどりのフルーツが乗っていて、かなり美味しそう。

「ケーキ……?」

 準備したのがこのケーキ……? 確かに、買ってきた物じゃなくて手作り感がある。

 どっちの誕生日でもないのにケーキ? 

「ってことは祝い事の類い?」

 首をかしげていると、柊木ちゃんが俺を後ろから抱きしめた。

「そうだよ~」

 ちゅ、とほっぺにキスをする。

「昨日、これ一生懸命作ったんだから。出来は上々ってところかなー?」

 出して、と耳元でささやかれて、ケーキを皿ごと外に出して、テーブルまで運ぶ。

「チョコで何か文字が書かれていれば、何の日かわかったんだけど……」

「ねえ。なんで、わかんないの?」

 目がちょっと虚ろな柊木ちゃんが、包丁を持ってきた。

「ひ、ひぃいいいいいいいいいいい!? ご、ごめんなさいいいいいいいいいい!」

 すぐさまソファのほうに逃げると、包丁でケーキを切りはじめた。

 よ、よかった。俺を刺すつもりじゃなかったらしい。

「座って? 一緒に食べよう」
「は、はひ……」

 フォークで切り崩したケーキをあーんされて、柊木ちゃんに食べさせてもらう。
 というか、半ば強引にあーんされている。

「どう?」
「うん。美味しい」
「よかった」

 にっこりと笑うと、お茶準備するね、と柊木ちゃんが席を立つ。

 うう……怖いのも嫌だけど、あんなに純粋な笑顔をされるのも、なんか罪悪感。

 卓上カレンダーには、今日の日付が、ぐるぐるとペンで丸を書いてある。

 女の人は細かい記念日を覚えているってのは本当だったらしい。

 今月は五月で、先月は当たり前だけど四月――。

 あ。
 ああああああああああ!

「コーヒーでよかった?」
「うん、ありがとう」

 たぶん――いや、間違いない。

「一か月――」
「うん! うん、うん! 何の日から!? 何の日から一か月!?」

 柊木ちゃんが今日一番の食いつきを見せた。

 もう、俺が正解を得ているもんだと思って、柊木ちゃんの表情がキラキラ輝いている。

 けど、その思い込みは正しい。これなら間違いない。

「春香さんのパンツをはじめて見た日から、一か月」

「違あああああああああああああああああああああう!!」

 え、うそ。違うの?

 フシー、フシー、と大型ロボの排気音のような呼吸をする柊木ちゃん。

「なんなら、それ、一日ズレてるから。それ今日じゃなくて明日だから!」

「ピンクのパンツをはじめて履いた日から一か月……」
「それも違ぁああああああう! そうだったらもっと前だし!」

 むむむ、と柊木ちゃんの眉間に皺がどんどん寄っていく。

 はじめてパンツを見た日が一日ズレているってことは、その一日前?

「あ。わかった! 付き合って一か月記念!」
「正解いいいいいいいいいいいいい!」

 ずびしっと俺を指差した。

「もう、覚えててよねー? 大事な記念日なのに」
「ごめんごめん」

 柊木ちゃんが作ってくれたこのケーキは、甘さ控えめでいくらでも食べられた。
 カップを片手に、柊木ちゃんはちょっと顔を隠す。

「はじめてだったから……。こういうの、やってみたかったの。細かくて、ごめんね?」
「ううん」

 ケーキとコーヒーを楽しみながら、あまり遅くならないうちに、俺は柊木ちゃんちをあとにした。

 家に帰って、リビングで今日の出来事をぼんやり回想していると、

「兄さん……何ニヤニヤしてるの?」

 紗菜に気持ち悪がられた。

「してねえよ」
「あ。首! 兄さん、大丈夫!? 何かに噛まれたあとが!!」

 あ。絶対柊木ちゃんだ。

「首のところ、あざになってる!」

「こ、これは、その、だ、大丈夫なやつだから。大丈夫なやつに噛まれたアレだから」

「し、仕方ないから、サナが消毒してあげる……兄さん、自分じゃどこ噛まれたかわかんないだろうし……」

 ててて、と紗菜が救急箱を探すべく、奥へと消えていった。

 そのあと、めちゃくちゃ消毒されたけど、記念日のキスマークは全然消えなかったのであった。

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ