挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/82

風邪の日


『今日、学校休む』

 俺は柊木ちゃんにそのメールを送って、ばた、とベッドに突っ伏した。

 修学旅行の夜、柊木ちゃんとイチャついて夜更かししたせいか、それともまったく別の理由か、どうやら俺は風邪をひいたらしい。

「えぇぇぇぇ……兄さん、大丈夫なの……?」
「大丈夫でしょう、どうせただの風邪なんだから」

 下から登校寸前の紗菜と母さんの会話が聞こえる。

「お母さんも仕事に行くんなら、兄さん一人になっちゃうじゃないっ。サナ、兄さんの看病する」

 珍しく、紗菜がしおらしいことを言ってくれる。
 風邪をひいていると、そのほんの少しの優しさが染みてくる……。

 妹よ、兄に構わず学校へ行くがいい。

「どうせ、看病って言って部屋でゲームしてるだけでしょ?」
「そ、そ、そ、そんなことないわよ! どっちもするわよ!」

 どっちもかよ。バカ紗菜、学校に行け……。
 ツッコミにも力が入んねえ……。

 何だかんだ二人の会話が遠くに聞こえはじめ、完全に俺は意識を失った。

 どれだけ眠ったのかはわからないけど、おでこにひんやりとした冷たさがあり、俺は目を覚ました。

「熱っ。お熱計りましょーねー?」

 薄目を開けると、柊木ちゃんがいた。

 夢か……。今日学校だもんなぁ……。

 ピピピ、と電子音がして、脇に手を突っ込まれた。

「むうーん……三八度七分……高い……」

 ごそごそ、と物音がして、上のスウェットがすぽーん、と脱がされた。

「や、やっぱり誠治君、いい体……」

 すすすすす、と指で体をなぞられる。
 寒気やらなにやらでゾクっとした。ち、乳首をつんつんってするな……。

 熱のせいか視界がぼやける。

「腕上げましょうねー」

 ぐいっと腕を引っ張られて、脇の下にひんやりシートが貼られた。

 冷たい。

「すげー気持ちいい……」
「あ、あれ、起きてる?」
「…………柊木ちゃん……仕事、して……」

「? 寝言でもあたしに仕事してって言ってる……。真面目なんだからぁ」
「…………喉……乾いた……」
「待ってて」

 輪郭がぼやけた柊木ちゃんが、眼前に迫る。
 ぷちゅ、と唇同士がぶつかって、開いた口からスポーツドリンクが流れてきた。

 冷たくて美味しい……。

「も、もう一回くらい、いいよね?」

 むちゅ、とキスされて、またスポーツドリンクを飲ませてもらった。

 冷たくて美味しい……。

 柊木ちゃん、俺の風邪がうつったりしないんだろうか……。
 あ、夢だから大丈夫か……。

 シャッとカーテンを引く音がしてスリスリ、と衣擦れの音がする。

 もぞもぞ、と布団の中で何かが動いた。

「添い寝したげる」

 薄ぼんやりした柊木ちゃんが俺の目の前に現れた。

「仕事……学校……午前中なのに……」
「こんなときにもあたしの心配を……!?」

 がばり、と抱きつかれ、なでなで、と頭を撫でられた。

「よしよし、よしよし。こうしてたらすぐによくなりますからねー? うう、このまま休んであたしがずっと看病をしてあげたいよ……」

「兄さぁーん、お薬買ってきたぁああああ!」

 一階から紗菜のでかい声がする。

「うえっ!? 紗菜ちゃん!? さっき家出たばっかりなのに! さては、登校せずにすぐUターンしてきたな……?」

 と、と、と、と紗菜の足音が近づいてきた。

「ま、まま、まずい。どうしよう――あ」

 どたばた、と物音がして、柊木ちゃんは消えた。
 やっぱ夢だったんだ……。

「兄さん、具合どう?」

 扉から、制服姿の紗菜が顔を出した。

「おまえ……学校は……」
「べ、別に今日はいいの……」

 よかねえだろ、とは言えず、そうか、と流すくらいの力しか残ってなかった。

「お薬、飲んで。これで熱下がると思うから」
「うん……あとでいい……今、飲めないから……」
「……風邪ひいてるんなら、仕方ないわね……サ、サナが飲ませてあげる」

 どん、とクローゼットのほうから音がした。

「ん? 今おっきな音が……?」

 ずもっと紗菜が強引に錠剤を俺の口に突っ込んだ。

「目、ちゃんと閉じてて? 開けちゃダメよ? 絶対なんだから」
「わかった……」

 抵抗する元気もない俺は、されるがままで、紗菜の言うことを大人しく聞いた。

 どんどん、とクローゼットが大きな音を立てても紗菜は一向に気にしてなかった。

 あの柊木ちゃんが夢じゃないとしたら……あのクローゼットにいたりして。
 さすがにないか。今は平日の午前中。学校で仕事中のはずだ。

 柊木先生、授業頑張ってください……。

 ちゆ、と唇に柔らかい何かの感触があると、口の中に水が入ってくる。

「ちゃんとゴックンして」
「…………うん」
「…………何でも言うことを聞いてくれる兄さん……可愛い……」

 どん、とまた大きな音がした。

「さっきから物音がするけど……?」
「っ」
「たぶん…………座敷童……」
「いるの!?」

「ざ、座敷童ぃい――!?」
「あ。今声が……!」

「あんま刺激、するな…………」
「う、うん……サ、サナ、な、何も聞いてないし、見てないからっ」

 目にすれば幸運になれるって話だけど、違う妖怪と勘違いしているらしい。

「……サ、サナ、が、学校行かなくちゃ。兄さん、お薬ちゃんと飲んでね? いい?」

 そわそわ、と周囲を見回した紗菜は、鞄を手に部屋を出ていった。

 ふぃ~、と大きな吐息が聞こえる。

「風邪ひいてるからって、口移しでお水飲ませるのは、先生どうかと思うけどなー? 恋人でもないのに。しかも兄妹なのに」

 クローゼットから柊木ちゃんが出てきて、紗菜の出ていった方角を見つめた。

 あれ。学校にいるはずの柊木ちゃんがどうしてクローゼットから……?
 俺の部屋のクローゼットって……学校に繋がってんのか……?

 そんなわけない。ああ……夢か。

 ピンポン、ピンポン、と呼び鈴がなってしばらくして、「……お邪魔します」と静かな声が聞こえる。

「今度は誰っ……」

 また柊木ちゃんがクローゼットに入った。

 すると、奏多が部屋にやってきた。

「……誠治君、具合大丈夫?」
「わざわざ、見舞いありがとうな……」
「……すぐ熱が下がるお薬、持ってきた」
「マジかよ……飲み薬なら、ここに……」

 瀕死の虫みたいに、俺はよろよろと手を伸ばして、紗菜が買ってきてくれた薬を掴んだ。

「……安心して。私のお父さんも、これで熱下がったから」

 俺に見せてくれたのは、細長い錠剤らしきものだった。

 あ、怪しい……

 押忍、と奏多が頭を下げる。

「……お願いします」

「え、え、え、何…………何をお願いして」

「せいっ」

 ビシ、と首に衝撃が走り、俺はそこで意識を失った。

 それから爆睡していたらしく、次に目覚めたのは翌朝。
 熱は完全に下がっていて、学校には行けそうだった。

「にしても、変な夢だったな……?」

 クローゼットから柊木ちゃんが出てきたり、紗菜にキスされたり、奏多に押忍ってされたり……。

 ま。治ったし、もういいか。忘れよう。

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ