挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【企画】覆面小説家になろう〜雨〜 作者:覆面作者
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/19

No.09 一面の雨

 雨が降っている。
 遠い空から落ちてくる、水。
 結城亜矢華ゆうきあやかは、そっとため息をついた。
 別に、雨が嫌いなわけではない。どちらかというと、好きだ。
 誰にでも平等に、何にでも均等に降る雨。
 そう、嫌いではないのだ。
 たとえソレが、憂鬱という心の闇を運んできたとしても。
 灰色に埋めつくされた空はそれだけで憂鬱の材料になるものだ。
 だから、亜矢華はなるべく気にしないふりをしていた。気にしすぎると、気が塞いで、しなくても良い暴言を、家族に対して吐いてしまう。そして、それがまた、憂鬱をうむ。
 悪循環の出来上がりだ。
 亜矢華はそれが嫌いだ。だから、雨の運ぶ憂鬱に背を向ける。
 見るのは、平等で均等なところ。
 どんなモノにも平等で均等な雨。
 ナニに対しても、雨は降りそそぐ。そして、すべてをさらって、キレイにしていく。
 だから、嫌いではないのだ。
 今の亜矢華にも、雨は降り続いていた。
 制服はじっとりと濡れて重い。
 少しだけした化粧はもうすべて落ちている。もともとが、友人たちがしてるから、との理由で、ほんの少しファンデーションをつけて、色のつくリップクリームをしているだけだから、気にはしていない。
 でも、きっと、今の自分は最低に醜い。と亜矢華は思う。
 閉じた瞼の奥、困ったような、あきらめたような、先輩の姿。
 見たくなかった場面。
 知りたくなかった場面。
 それを亜矢華は見てしまった。
 だから、雨に濡れたまま、公園のベンチに座り込んで、動けないでいる。
 傘は持っていたはずだった。
 でも、鞄と一緒に学校に置き去りのまま、公園まで来てしまったのだ。
 滑稽すぎて、笑いも起きない。
 もっとも、こんな状態で笑っていたら、交番につれて行かれてもおかしくはない。そのまま病院行きだろうか。
 亜矢華は憂鬱に背を向けながら、憂鬱なことしか考えてなかった。
 器用だな、なんて自嘲してみる。
 そんなことをしても、事態の変化はないし、先輩が探しにきてくれるわけでもない。
 理解したくない現実を置いて、亜矢華はずぶ濡れのまま、そこを動かない。



 白いカッターシャツの背中。見慣れた黒髪のツンツン頭。
「先輩」
 と声をかけようとして、亜矢華は気付いた。先輩の向こう側。見知らぬ女の姿。
 知らないだけで、この学校の生徒なのはわかる。亜矢華と同じ制服姿。
 違うのは、長い黒髪。
 規律が厳しくて、髪を染める生徒はいないから、皆黒髪なんだけど。
 でも、ほんの少しの化粧は、先生に見つからないようにしていた。
 亜矢華と違って、キレイで凛とした女生徒。
 亜矢華は肩で切り揃えた髪をくしゃり、とかきまぜた。
 誰?
 女生徒は、先輩と親しそうに話している。
 何で?
「あの後輩ちゃんと、いつまでままごとしてるつもり?」
 女生徒の声が聞こえた。否、聞こえる距離まで亜矢華が移動したのだ。
 二人は亜矢華に気付いていない。
 ままごと?
「本気じゃないんでしょ?」
 声は嫌なことを伝えてくる。
 先輩、違うって言って。
 亜矢華の願いは叶わなかった。
「そうだね。どうしようか、悩んでるところ。いい加減、君のことに気付くと思ってたんだけどね」
 な、に、言ってる、の?
 ガサリ
 亜矢華が踏んだ足元の草。
 音の発生源を求めて、先輩が亜矢華を見る。そして、女生徒も、視線を動かした。
 亜矢華は動けなかった。
 声も出せなかった。
 何で?どうして?
 疑問符だけはとりとめもなく溢れ出て。でも、それも声にならなきゃ伝わらない。
「あらあら、盗み聞き?」
 女生徒のバカにした声。
 それさえも、素通り。
 先輩は何も言わず、どうしてか、困った表情。
 知られたくなかったの?知るまで、騙し続ける気だったの?
 亜矢華は声にならない非難で先輩を見つめる。
 やがて、あきらめた表情の先輩が亜矢華の瞳に映る。
「ひどいよっ!」
 それだけ言って、亜矢華は走った。
 そのまま、何も持たずに校門を出て……。
 気付いたら、雨が降りはじめていた。
 あの場所に行ったのは偶然だった。
 昔、先輩に告白した場所。
 ただ、懐かしくて、ただ、それだけで、あの場所に足を向けていた。
 でも、辞めれば良かった。あんな場面、あんな先輩、知りたくなかった。
 亜矢華の顔は雨と涙で濡れる。肩で切り揃えた髪からも、ポタポタと水が落ちている。雨と混じりあって、もう何がなんだかわからない。
 ままごとだったの?
 つまり、遊びってこと?
 わかりたくない現実を、亜矢華はゆっくり考える。
「亜矢華!」
 ふいに聞こえたのは、親友の声。
「三咲」
 疲れたような亜矢華の声に、桐生三咲きりゅうみさきはため息をつく。
「何が有ったの?ずぶ濡れじゃない。鞄も何もかも置いたままどこか行っちゃうんだもん。探したよ?」
 三咲がかかげてくれる、彼女のピンクの可愛い傘。
「傘、意味ないね。家行こう?服着替えないと、風邪ひくから」
 亜矢華の鞄も持ったまま、三咲は亜矢華を立ち上がらせる。
 三咲に従いながら、亜矢華は何も考えてなかった。
 示される方向に、ただ足を向けるだけ。
「終わっちゃった……」
 ポツリとつぶやいた。
「終わっちゃったの」
 もう一度、ゆっくりと。
 三咲は何が?とは聞かなかった。
「そう」
 一言うなずいただけ。
「知って、いたの?」
 知ってるわけない、と思いながら、亜矢華は問いかけていた。
「知らないよ。ほら、お風呂入って。服は適当に出しておくから。話は後。いくらでも聞くから」
 三咲はそう言って、亜矢華をお風呂場にいざなう。
 温かいシャワー。
 さっきまでの、体温を奪う冷たい水じゃないのに、亜矢華はホッと息をはいていた。
 そういえば、三咲の家を濡らしてしまったな、といまさらながらに思う。
 でも、彼女は何も言わないだろう。三咲はそういう子だ。
 三咲の出してくれた彼女の乾いた服を着て、三咲の部屋に行く。
「ちゃんとあったまった?」
 三咲は温かいココアを差し出しながら聞いてくる。
「うん」
 亜矢華の沈んだ声。
「ごめん。ありがとう」
 それだけ言うのがやっとだった。
「気にしないで。で、どうしたの?」
 三咲の部屋。柔らかいクッションにもたれかかって、亜矢華は何度目かのため息をつく。
「うん。あのね、先輩、二股だったの。気付かなかったの。他に付き合ってる人がいるのに。でも、なのに、先輩は私にOKをくれたの。もう、わかんない」
「そう」
 支離滅裂な亜矢華の説明に、三咲はそっとうなずいた。
「雨、降ってるね」
 亜矢華は関係ないことを言う。忘れたいから。何もかも。
「そうよ。それであんたはずぶ濡れになったんじゃない」
 三咲もそれに乗ってくれる。
「制服……」
「乾かしてるよ」
 三咲はなんでもないかのように答える。
「ありがとう」
「それ二度目だよ」
 笑う三咲につられて、亜矢華も笑った。
「雨が全部流してくれるから、全部忘れちゃえ」
 三咲の優しい言葉に、亜矢華はそっとうなずいた。
 そう、雨は何もかもをさらっていってくれる。きっと、何もかもが、キレイになる。
「明日は晴れるって」
 三咲が言う。
「じゃあ、新しい明日になるね」
 亜矢華は答える。
 大丈夫だよ、と。三咲がいるから、大丈夫なんだ、と。
「そう。新しい明日だ」
 三咲がいてくれて、救ってくれて良かったと、亜矢華は思う。
 明日からは、新しい私。
 そう誓った。

覆面小説家になろう特設サイト 企画詳細、参加作者一覧はこちらからどうぞ。感想・レビューなどもこちらにお願いします。

投票所 気に入っていただけましたらこちらから投票をお願いいたします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ