挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宮様にTS転生したけど、第二次大戦が目前の日本で既に詰んでる気がする…… 作者:うるめいわし
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/58

53話 We must be…

ダンツィヒか戦争か?

 1939年9月2日 東京 秩父宮邸


【ドイツがポーランドに侵攻! 欧州大戦へと発展か?】


 第二次世界大戦キター!

 さて、ドイツ第三帝国の終わりの始まりということですね。バトルオブブリテンまでは、精々、欧州の覇権を、我が世の春を謳歌していてください。でも、戦争って勝ち逃げが非常に難しいのですよね。
 戦争を終結せるのが難しいともいいます。

 といいますか、人類史上最悪の、地獄の釜の蓋が開いたのだから、戦争キター! なんて、無邪気に喜んではいられなかったのでしたね。
 ある人曰く、『人が死んでんねんで』こんな感じでしょうか? まったくもって、おっしゃる通りであって正論であります。

 深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ。とは、まったくもって、その通りなのだと思います。

 だから、いたずらに首を突っ込んではならないのですけど、日本の立ち位置的には、中立は許されないのでしょうね。
 だから、勝つ方に付く。勝ち馬に乗るのは処世術の初歩ですしね!


【日本政府は、ドイツのポーランド侵攻は、パリ不戦条約に違反すると、ドイツを非難!】


 お前が言うなとか、ドイツに文句を言われそうですけど、自分のことは棚に上げてこそ、それが、国際政治というモノなのですから。お前が言うなは、欧米列強の十八番ともいいます。
 日本は真似っ子だから、欧米列強の真似をしただけなんだよ!

 まあそれでも、この早い段階で、ドイツを非難したことには、意味があると思います。後々の国際社会では、評価されるべき項目となるはずでしょうし。



 9月3日


【英仏はドイツに対して最後通牒! ドイツ軍のポーランド領内からの撤退を要求!】


 もう既に、イギリスとフランスも腹は括っているのでしょうから、これは、国際社会のルールに則って、ちゃんとした手順を踏んでいるという儀式にしかすぎませんよね。
 事ここに至って、ドイツがポーランドから兵を退くなんて考えられませんし。


【イタリアが中立を表明!】


 へー、イタリアって、この時点では中立を表明してたのね。まだ、ドイツの勢いが本物なのか定かではないから、見極めようという腹積もりなのでしょうか?
 んで、来年にフランスがあっけなく負けそうになってから、慌ててドイツの勝ち馬に乗ろうとして、英仏連合国に宣戦布告したのでしたね。

 でも、フランスに返り討ちに遭ったような気がしたのですけど、私の気のせいでしたかね?
 まあ、イタリアですから、仕方ないのでしょうね。



【日本政府は、ドイツの防共協定違反によって協定は形骸化したとして、防共協定の破棄をドイツに通告!】


 これです。これを待っていた! これで、日本は気兼ねなくイギリス寄りの立場を、鮮明に打ち出すことができるというものです。
 まあ、いきなりドイツに宣戦布告するのではなくて、イギリス寄りの中立という表明なのですがね。

 来年には、オリンピックも控えていることですし、日本は参戦できないのですよ。
 といいますか、オリンピックは中止にならずに、無事に開催することができるのでしょうか? 少し不安になってきました。



 9月4日


【英仏豪新印がドイツに対して宣戦を布告!】


 第二次世界大戦キター!

 ここからが、本当の第二次世界大戦の始まりの、ゴングが鳴ったといって正解なのでしょうね。
 もっとも、連合国も枢軸国も来年の春までは、ドイツとフランスの国境で睨み合ったまま、両陣営ともに、ファニーウォーを決め込むのでしょうけどさ。

 それにしても、カナダと南アフリカが入ってませんね。どうしたのでしょうか? まだ、ドイツに宣戦布告する手続きの最中なのかも知れませんね。


【アメリカ合衆国が中立を表明!】


 まあ、アメリカがこの段階でいきなり参戦なんかすれば、それはそれで怖い気がしますし、モンロー主義の引き籠もりで良かったのかな?
 支那に対しての干渉は、少しづつ強めてはいるみたいですが。日本がとばっちりで、巻き添えを喰らわないように気を付けねばなりません。


【我が大日本帝国も、欧州での戦争に中立を表明!】


 へー、日本も中立を表明したんだ。それにしても、中立を表明した国々は、その後こぞって参戦しているのですけど、中立って言葉は一体全体なんなんでしょうかね?
 その場しのぎの、時間稼ぎの方便ですかそうですか。



 9月5日


【英客船アセニア号、アイルランド沖でドイツの潜水艦に撃沈される!】


 おー、なんてこったい! ルシタニア号の悪夢ふたたびといったところでしょうか? しかし、ドイツがいきなり警告も無しに、無制限潜水艦作戦をしてくるとは思いもしませんでしたよ。
 もしかしたら、戦闘艦艇と間違えて撃沈してしまったのかも知れませんけど、撃沈された側のイギリスからしてみれば、そんな言い訳は通用しないでしょうしね。

 これから日本も、ブリテン島に支援物資を輸送しますので、ドイツには釘を刺しておかねばなりません。
 え? 中立法違反じゃないかですって?

 世の中には、建前という言葉がありましてね…… 戦車を農業用トラクターと言い張ったら、それが通用したりもするのが国際社会というモノなのですよ。世の中には、不思議が満ち溢れていますよね?

 さて、言の葉は剣よりも強しというところを示さねば。





『大日本てい国しんみんのみなさま、こんばんは。ふじのみやさくらこでございます。今日はみなさんに、かなしいおしらせをしなければなりません。
 民間人しかのっていないはずの、イギリスのアセニア号という船が、ドイツのUボートによってしずめられてしまい、多くの人が亡くなりました。

 ドイツのせん水かんにげきちんされた、アセニア号にのっていて亡くなられた、じょういんじょうきゃくのみなさんに、あいとうのまことをささげます。

 しかし、かなしいことですけど、せんそうは、人が死にます。でも、死ぬのが兵たいさんですらない、民間人であっていいわけがありません。亡くなられた方の中には、わたしと同じぐらいの、年の子どももいたかも知れませんよね?
 ドイツの人々に問いたい。子どもは兵たいさんなのでしょうか? あなたの息子さんや娘さんが、むじひに殺されてしまったとそうぞうしてみてください。きっとゆるせないと思うのです。

 だから、ドイツのヒトラーそうとうにおねがいします。民間の船をこうげきするのは、止めてください。
 アセニア号をだほするならまだしも、げきちんするこのドイツの行いは、ハーグじょうやくの海せんほうきいはんだと、ふじのみやさくらこは、そう思います。

 わたくしこと、ふじのみやさくらこは、ドイツのヒトラーそうとうにたいして、せんそうのそく時ていせんをよびかけます。せんそうからは、なにも生み出しません。ただ、はかいがあるのみだと思います。
 このねがいが聞きとどけられなかった場合には、わが大日本てい国は、みんしゅしゅぎを守るための、小さなしえん工場になることでしょう。

 We must be the small arsenal of democracy

 いじょう、ふじのみやさくらこからのおしらせでした』

『藤宮桜子内親王殿下からのメッセージをお伝えしました。時刻はまもなく、午後七時になります。こちらはJ-AK、日本放送協会東京第一放送です』


 うむ。ルーズベルトの台詞をパクってしまった気もしますけど、気にしないでおきましょう。
 世の中、先に言った者の勝ちであります!

 それに、ここまで言っておけば、民主主義や正義といった言葉が、大好きなアメリカ人にとっては、強烈な抑止力になる気がしますね。民主主義を守ると宣言した日本をアメリカが攻撃でもすれば、それは民主主義の否定に繋がるのですから。
 仮に、ルーズベルトが日本を殴りたくても、おそらくは、アメリカの世論がそれを許さないでしょうね。

 これで、保険としての価値も成立したのであります。

 もっとも、民主主義も、全体主義や共産主義に比べて、多少マシな程度の政治形態でしかない気もしますがね!

 困りましたね……

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ