挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宮様にTS転生したけど、第二次大戦が目前の日本で既に詰んでる気がする…… 作者:うるめいわし
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/58

15話 海軍省人事局長ですが子供の落書きが……


 東京 赤レンガ 海軍省人事局


「求ム、大空の戦士! か……」

「良いフレーズですね」

「まあ、そうだろうな」


 大空の戦士。この言葉は勇ましい響きがするし、これは良いのだ。

 だがしかし、


「この絵は、どうにかならんかったのか?」


挿絵(By みてみん)


「可愛らしい絵ですね」

「だがこれでは、まるで子供が描いた絵ではないか」


 首もずれてるように見えて、どうにも尻の据わりが悪く感じてしまう。


「事実、子供が描いた絵なのでしょう」

「なんとかならんかったのか?」


 航空の航の字を船と間違って書いたからといって、×を上書きしたのを、普通そのまま使うか?
 普通は使わないわな。これでは、幼稚舎のお絵かきと一緒ではないか……


「航本の教育部が決めたことですから」

「人事局の頭ごなしに勝手にやられては堪らんぞ」

「航空練習生の徴募は航本教育部の管轄ですので」

「だがしかしなぁ……」


 お伺いを立てるとか一声掛けるとか、そういった根回しが色々とあるだろうに。


「これは噂ですけど、この絵を描いたのはどうやら藤宮様らしいのです」

「なに? 藤宮様だと?」

「あくまでも噂の域ですがね」


 なんとまあ…… 藤宮様が色々と活動しているとは聞いてはいたが、まさか、このポスターまで作成していたとは驚きだ。


「ふーむ…… 藤宮様がお描きになられたのであれば、これはこれで趣がある絵に見えてくるな」

「局長、手のひら返しですよ……」

「なに、気にするな」


 我々軍人も、国家から禄を頂いてる役人にすぎんのだから、皇族の方々に不敬を働くわけにはいかんのだよ。


「皇族をヨイショすることも必要と?」

「まあそういうことだ」

「はぁ……」


 ため息を吐くな、ため息を! 幸せが逃げるぞ。


「しかし、これはなんだ?」

「なにがですか?」

「ほれ、ここを見てみろ。これは、海軍と陸軍が合同で募集しているのか?」

「帝国陸海軍航空本部航空練習生徴募課と書いてありますね……」


 これは統帥権の乱用ではないのか?


「航本は外局だからといって、好き勝手に陸助と仲良く連んでいるみたいだな」

「松井大臣と永田次官に交代してからは、陸さんも雰囲気が変わりましたので」

「そうだな。皇道派を陸軍の中枢から排除しただけで、こうも変わるとはなぁ」

「意外でしたか?」

「うむ」


 意外も意外。天地がひっくり返っても、陸軍が穏健になるなどありえんと思っておったわ。


「陸軍は航空機のスロットルレバーも、海軍式に改める動きがあるようです」

「ほう? 陸軍が譲歩したと?」

「航空機の操縦方法の一本化を図りたいのかも知れません」


 そういえば、流れはしたが、一部では空軍を創設するという動きもあったな。
 その動きの残滓として、陸海軍合同での航空練習生の募集ということなのかも知れんな。

 それで、練習の効率化を図れるのであれば、お互いにメリットがあるということか。


「ついでに、洋上航法も教えてやれ」

「日本は島国ですしね。単独でも沖縄や台湾、南洋諸島に飛んで行けなければ話になりません」


 いや? さすがに内南洋までは無理だろ?


「今年の予科練習生の入学者は何人だった?」

「204人のはずです」

「少ないな……」

「少ないでしょうか?」


 戦争というのは、自分が撃つだけではなくて、敵も撃ってくるのだ。当然だが、味方の兵も死ぬ。今のままの航空練習生の入学者数だと、戦死するペースに補充が追い付かなくなる可能性が高い。
 飛行機乗りというのは、特殊な専門職なのだ。徴兵して簡単な軍事訓練を施しただけで、銃を撃てるようになる歩兵とは訳が違うのだ。

 これは、軍艦や商船にも当て嵌まることだな。うーむ…… 予備士官の数も必要か。高等教育を受けた人間を臨時の将校にする、短期の士官制度でも作ってみるか?
 これは、検討してみるか価値がありそうだな。


「来期の入学枠は、倍、いや、3倍に増やしてみるべきだ」

「予算との兼ね合いもありますけど、増員の方向で検討してみましょう」

「陸軍には負けておれんからな」


 陸軍だけに優秀な人材を取られるわけにはいかんのだ。技術者集団である海軍にこそ、優秀な人材は必要なのだからな。


「しかし今現在は一応ですが、まだ平時です。そんな潤沢に予算が付きますかね?」

「戦時になってから、慌ててパイロットの養成を始めたのでは遅いのだよ」


 パイロットが一人前になるのに、早くても二年から三年は掛かる。それでは、戦争が終わっているやも知れん。それか、帝国の敗戦が間近で危機的な状況かだな。


「ですが、予算が付かないことには、動きようがありません」

「予算予算予算! どいつもこいつも目の色を変えて予算の奪い合いか!」

「お役所は予算がなければ動けませんから」

「はぁ~、わかってはいるが世知辛いのぉ」


 頭では分かっていて理解もしているのだが、感情の面は如何ともし難い。
 まったく、ため息しか出てこないわい。

 はぁ~……








 東京 秩父宮邸


「藤宮様、頭を抱え込んでいかがなされました?」

「んー、ちょっとね……」


 まさか、遊び半分で描いた絵が、パイロット募集のポスターに採用されていたとは!

 いやね?

 言い訳をするならば、私は航空本部に押し売りも応募もしてないのですよ。
 ただ、書き散らして、そこら辺にほっぽり出しておいたはずなのに、いつの間にか無くなってたんですよね。

 おかしいなぁ~? とは思いつつも、すっかり忘れていた頃になって、世間に公表されて思い出すとは!


「ねぇ、夏子さんや。私が落書きした飛行機とパイロットの絵を知らないかな?」

「……」


 あ、目を逸らしやがった。犯人はコイツか!

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ