挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 作者:猫子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/397

23.愚鈍なる者

 スライムから逃走することに成功した俺は、息を切らしながら森の中を歩く。

 自らの無事を祝う反面、冷静になってからふと考える。
 ……アイツ、そんなにヤバい奴だったんかな?

 ステータスらしき数値もさして高くなかったし、ランクもF+って明記されてたからな……。

 〖ステータス閲覧〗が命綱な節があったから、それが使えなくなったからって過剰にビビっちまった気がすんな。
 Lv制だったから使えない相手がいるかもしれないとは予想はしてたけど、もしもステータス見れない相手がいるとしたら格上に違いないっていう先入観もそれを助長させた節もある。

 つーか、あの文字化けがキモ過ぎるのが悪いわ。
 いっそのこと何も表示されなかったらもうちっと落ち着けた自信がある。

 なんであんな水溜りにビビったんだ俺。
 今となってはそっちのが疑問だわ。


 次会ったら遠くから石でも投げてみるか……ん、なんだアレ?
 大木の陰に、藍色の壺のようなものが口を地面に着けるようにして落ちている。

 果物とか食い物入れとくのにいいかもしれんな。
 保存食も作ってみようと考えてたとこだし。
 置いてあるっつうか、捨てられてるって感じか?
 中身確認してから持ち主を探してみて、捨てられてるっぽかったら持って帰るとすっか。

 傍に寄ってみるが、人の気配はない。
 とりあえず、ひっくり返して中身を確認してみっかな。

 持ち上げようとしたところで、逆さの壺が飛び上がり、タックルしてきた。

「ガァッ!?」

 痛ェッ!?
 完全に不意を突かれた形になり、無防備な顎、胸部に強烈な打撃をもらう。

 謎の壺は俺をドツくと即座に後退し、間合いを取る。

 つつ……そんなにダメージはくらってねぇか。
 つっても骨に響く痛みがあんだけどコレ。

 壺を見直すと、下から真っ青な手足のようなものが出ている。
 なんだコイツ?
 モンスターなのは違いないはずだけど……。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:ツボガメ
状態:通常
Lv :9/35
HP :28/28
MP :27/27
攻撃力:21
防御力:145
魔法力:43
素早さ:12
ランク:D-

特性スキル:
〖亀の甲羅:Lv4〗〖熱感知:Lv3〗
〖HP自動回復:Lv2〗

耐性スキル:
〖物理耐性:Lv4〗〖魔法耐性:Lv3〗
〖麻痺耐性:Lv1〗〖水属性耐性:Lv1〗

通常スキル:
〖殻に籠る:Lv3〗〖噛みつき:Lv1〗〖アイアンタックル:Lv2〗
〖仲間を呼ぶ:Lv3〗〖スロウ:Lv1〗〖レスト:Lv1〗

称号スキル:
〖鉄壁の守り:Lv4〗〖愚鈍なる者:Lv2〗
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 ツボガメ……ってことは亀なのか?
 手足出てるけど、尻尾も頭も見えないぞコイツ。

甲羅デカイっつうか、深すぎっつうか……。
 名前の通り、ツボみたいな甲羅を背負っていらっしゃる。
 コイツぶっ倒したらあの壺甲羅外せねぇかな。 

 アホみたいに堅いけど、他のステータスは大したことなさそうだ。
 気を付けるべきスキルもない。

 よくも不意打ちで襲いかかってきやがったなこのヤロウ。

 俺はツボガメとの距離を詰め、〖ドラゴンパンチ〗で下から真上へ、ブッ飛ばすように殴る。
 ほとんどアッパーだ。

 そして続けて、宙に浮いたツボガメの壺の入り口、腹の部分に〖ドラゴンパンチ〗!
 ツボガメは数メートルは飛び、その身体を木へと打ち付ける。

 つつ……拳が痛ぇ……。
 どんなけアホみたいに堅いんだ。
 俺、腹殴ったよな?

 ツボガメは平然と起き上がり、のそのそと俺から離れようとする。
 おいおい、ひょっとしてノーダメージってことはねぇだろうな。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:ツボガメ
状態:通常
Lv :9/35
HP :24/28
MP :27/27
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 〖ドラゴンパンチ〗で二発殴ってたったの4しか減ってねぇのかよ。
 つまりあれか、仕留めようと思ったら14発連打する必要があるのか。
 クッソしんどいし、倒したときには壺甲羅がメタメタになってそうだな……。

 つっても、壺甲羅割らずに倒せる手段、俺ないよなぁ。
 〖ベビーブレス〗じゃ、あの防御力を通せねぇ。

 しかも起き上がるときに見たのだが、どうやら蓋のようなものを壺甲羅の中に持っているらしい。
 危険が迫ると手足を引っ込め、壺甲羅の口に蓋をするのだ。
 まるで栄螺のように。

 攻撃力なくて食えそうだから獲物としては絶好だし、倒すだけでも倒してみっか。
 こっちとしては命に危険はねぇわけだし、挑む価値はある。

 と、その前にもう一回ステータス確認してみっか。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:ツボガメ
状態:通常
Lv :9/35
HP :28/28
MP :21/27
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 え、回復早くね!?
 もう4回復したのか? そんなもんなのか!?
 さすがに普通もっとゆっくりじゃね!?

 これが〖HP自動回復:Lv2〗の力かよ……って、MP減ってんじゃねぇか。
 単に〖レスト〗で回復したみたいだな。
 慎重というか、MP浪費が激しいというか。

 ま、そんなことはいい。
 俺は走って再びツボガメへと近づき、再度〖ドラゴンパンチ〗アッパーバージョンで宙に浮かせる。

 拳超痛い! 仕方ねぇ、それは堪えるか。
 自分の拳を割るくらいの勢いで行こう。

 宙に飛んだツボガメへ、左右から同時に〖ドラゴンパンチ〗を放ち、挟み撃ちにする。
 はい、これで三発!

 痛い! 我慢だ俺!

 再度アッパー!
 飛び上がって撃ち落とすように組んだ両手を振り下ろして叩き落とす!
 宙で一回転し、遠心力で威力を底上げして〖ドラゴンテイル〗!
 更にもう一回転して拳を振り落とし、地面に殴りつける!

 ツボガメの身体が、そのまま地中へとめり込む。

【称号スキル〖インファイター〗のLvが3から4へと上がりました。】

 これで七発……七発、しんど……。
 しんどいし、手がクッソ痛いんだけど。
 14連打とか無理無理。
 黒い俺の手が腫れてるんだけど? 俺の漆黒の鱗が剥がれてるんだけど?
 ちょっと一回休憩して、どれくらいダメージ与えたか確認しよう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:ツボガメ
状態:通常
Lv :9/35
HP :11/28
MP :21/27
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 予想より効いてる!
 うっしゃ後半分! 気合い入れっぞ!

 そう思った瞬間、ツボガメの身体を優しげな光が包み始めた。
 おい、やめろ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:ツボガメ
状態:通常
Lv :9/35
HP :28/28
MP :15/27
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 ……ああ、〖レスト〗唱えたのね、うん。
 そう来ると思ってたぜ! 何も対策はしてねぇけどな!


 俺はツボガメに掴みかかり、蓋へと爪を引っ掻ける。

「ガァァァァァァァッ!」

 開けぇぇぇぇっ! これさえなけりゃ、これさえなけりゃぁぁあァァッ!

 静かな森の中、俺の遠吠えだけが遠くまで響き渡った。
アース・スターノベル様より、現在四巻まで書籍化しております!

i203225
ドラたま特設ページはこちらまで!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ