挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彷徨う香炉 作者:髙津 央
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/61

01.依頼

 それっぽい時代なので一応、「明治/大正」タグは入れましたが、別の世界の話なので、リアル「明治時代」ではありません。
 世界については、「野茨の環シリーズ 設定資料」でご確認ください。
 「探偵さんにこんなことをお願いするのは、誠に恐縮ですが、話だけでもお聞きいただけませんか?」
 養父(やぶ)氏は、洋行帰りの医師とは思えぬ程、腰が低かった。
 宍粟(しそう)探偵もつられて、低姿勢になる。

 「いえいえ、お構いなく。当方、現在は一件の依頼とてなく、開店休業の様。何なりとお話し下さい」
 養父氏は安堵の息を漏らすと、事の次第を語り始めた。
 「うちの家内の丹季枝(にきえ)のことなんですがね……」

 養父家は、千代草(ちよぐさ)区に居を構えていた。
 宍粟(しそう)探偵事務所のある糸橋(いとばし)区からは、三里余り離れている。わざわざ、遠方まで足を運ぶ理由はわからない。

 ……何か、近所に知れると困る醜聞(しゅうぶん)なのか。

 「これがまた、よくできた女房なんですよ」
 宍粟(しそう)探偵は、突然の惚気話(のろけばなし)に面食らったが、気を取り直して身を乗り出した。
 「その、奥様がどうされました?」

 「私は若い時分、官費留学(かんぴりゅうがく)で三年間、バルバツム連邦にてアルトン・ガザ大陸の医術を(おさ)めに行ったんです。この日之本帝国を離れ、家を空けていたんですが、その三年もの間、しっかり家を守り、子供らのこともちゃんとしていたんですよ」
 「奥様は、大層な良妻賢母(りょうさいけんぼ)なのですね」
 宍粟(しそう)探偵は心底感じ入った風を装い、養父(やぶ)氏が本題に入るのを辛抱強く待った。

 惚気話の次は、自慢話が始まる。
 「私は今も、医院での診療の他、帝国大学で教鞭(きょうべん)()っておりましてね、何かと多忙なんです」
 「あ、これはどうも。ご多忙の中、お運び戴きまして恐れ入ります」 
 宍粟探偵が頭を下げると、養父氏は鷹揚(おうよう)(うなず)いて話を続けた。

 「そんな訳で、家のことは家内に丸投げしているような有様(ありさま)ですが、丹季枝(にきえ)は実に気配り(こま)やかに支えてくれるんですよ。何も言わずとも痒いところに手が届くと言った按配(あんばい)で……」
 「ほほぅ……よく気の付く奥様で、(うらや)ましい限りです」

 「流石(さすが)、私が見込んだだけのことはあります。我が養父家(やぶけ)は、開国前から続く、医師の家系なんですよ。進取(しんしゅ)気風(きふう)が家訓のようなもので、結婚も、昔ながらの見合いではありませんでした」
 「……と、おっしゃいますと?」
 宍粟(しそう)探偵が水を向けると、養父(やぶ)氏は頬をほんのり染めて語った。

 「丹季枝(にきえ)とは、学生時分(がくせいじぶん)に知り合いました。丹季枝(にきえ)のご両親は、家格(かかく)が釣り合わないから、と渋ってらしたんですが、こちらが惚れこんで、先方さんを説き伏せましてね……」
 照れながらも、養父(やぶ)氏は惚気(のろけ)と自慢が混ざった話を続ける。

 「そうやって何とか結婚に漕ぎつけまして、子も二男二女に恵まれました。これまで特にこれと言って、難儀するようなこともありませんで、万事恙(ばんじつつが)なく過ごして参りました」
 「その平穏なご家庭に何ぞ、困りごとが持ち上がったのですね?」
 「えぇ……なんと申し上げましょうか……」

 ようやく本題に入った養父(やぶ)氏の話を要約すると、こうだ。
 丹季枝(にきえ)夫人は近頃、長女お(なつ)のお稽古で知り合った母親らと、付き合いを始めた。

 お稽古は七日に一遍(いっぺん)
 その帰りに、親しい家の持ち回りで、ちょっとしたお茶会を(もよお)している。話の内容は、子供の教育やら世間話など、他愛のないものだ。

 三日前、養父家(やぶけ)がそのお茶会の当番になった。
 丁度、ご隠居に来客があり、いつもの客間が使えず、別の部屋へ母親とその子供らを通した。少し気掛かりなこともあったが、お茶会は(つつが)なくお開きとなった。
 妻と女中が客を見送り、片付けに戻ったところ、異変に気付いた。

 「まぁ、案の定と申しましょうか……」
 「異変が起こることを、予測されていたのですか?」

 ……起きることがわかっていて、何故、何ら対策を(こう)じなかったんだ?

 「いえ、ね。これまでは、家人が寝静まった夜中に起きていたものですから、昼日中(ひるひなか)と思い、油断しておりました」
 それっぽい雰囲気を出す為、言い回しや単語を古めかしくしてあります。
 時々、後書きの部分にわかりにくそうな語句の説明を入れます。

 進取(しんしゅ)気風(きふう)=自ら進んで物事をしようとすること。前例や従来の慣習にとらわれず、積極的に新しいことに取り組む気質のこと。
地図などは「野茨の環シリーズ 設定資料『用語解説17.日之本帝国』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ