挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/205

120話 クマの襲撃

 最終的に、こんなに食べられるのかというほどに魚がとれた。
 マーセルさんは貴族らしく、持ち帰って、料理人に調理させるつもりだったらしいが、俺たちは冒険者だし、正直、こういうのは「釣った」ばかりの活きがいいままのを食べたい。

 ということで、ここは豪快にいくことにした。

 まず、魚に串を差していく。これは枝をちょっと加工すればすぐにできる。
 さらに塩をもみこむ。冒険者はダンジョンに入った時用に塩や塩で漬けた野菜(つまり、漬物だな)を入れたりしている。ミネラルは生きていくうえで必須だし、とにかく汗をかく職業だからな。

 それを地面に突き刺すと、ミーシャが火炎の魔法をちびちびと放った。

 ちびちびとやらないと、魚が炭になってしまいかねないからだ。
 命を粗末にしてはいけない。ちゃんと食べれるようにしないと。

 やがて、香ばしい、いいにおいがしてきた。

「おお、なつかしいなあ……。子分たちと山賊やってた頃を思い出しますぜ」
 貴族のお嬢様の言葉ではないが、事実だ。
「魔法があると、火を興す手間も省けるし、いいでしょ。そろそろ完成ね」
 俺としては川魚は寄生虫が怖いから、しっかり焼いてほしい。異世界には寄生虫がいないということは、まずありえないだろうし。

 そして、焼いた魚がふっくらしてきた。
 これにぱらぱら塩をまぶして、かじりつく。
「うん、かなり身がしまってて美味い!」
 口に入れた瞬間、これは間違いないと感じた。日本の川魚より味が濃くておいしいかもしれない。

 ミーシャは焼き立てのに勢いよくかじりつきすぎたのか、口の中ではふはふやっていたが、やがて飲み込んで――
「ここの横に引っ越してもいいかもしれないわね」
 なんてことをすました顔で言っていた。

「うん、骨まで食べられるわ」
「いや、そんな高温で焼いてないし、骨は無理だろ……」
「私のステータスなら無理ってことはないから」
 そして何度も口を動かして骨を砕いていた。
 すごいパワーだ……。パワーっていうのもおかしいか。アゴの攻撃力? そうか、ミーシャは猫の状態でチートだから歯とかアゴとかも強いのか。

「一応聞くけど、一尾じゃ足りないよな?」
「ほら、お寿司って二貫で出てきたりするでしょ。ということは最低二つからじゃない?」
 寿司は魚の部分だろと思うが、魚自体は余ってるのだからいいだろう。いくらミーシャでも魚が絶滅するほど食べることはないだろうし。

 俺たちは冒険者らしく、火をおこして魚を食した。もし、ダンジョンじゃなくて山野を進むタイプの冒険者なら、こういうことをいつもやってるんだろう。

「ダンジョンの外って平和ね。いきなりモンスターが襲ってくることもあんまりないみたいだし」
「そりゃ、外でダンジョンほどモンスターにエンカウントしたら危なくて生活できないからな」
 もちろん、ダンジョン以外でもモンスターは出てくる。山や森に住み着いてる奴もいる。かつて宿屋の娘であるルナリアの護衛をした時もモンスターに襲われた。一般市民にとったら、町の外に出るのは、それなりのリスクを伴う。冒険者でなければ、そんなのを撃退する力なんて持たない。

 とはいえ、ダンジョンと比べれば、モンスター自体の密度はそう高くない。野生動物などとともにモンスターも自然界での生態系を形作っている。中には人間をことさら狙わないモンスターもいる。

 冒険者から見たら、ダンジョンと比べれば野外はずっと平和だ。モンスターの巣になっている森にでも踏み込まない限り、そこそこのレベルまで上げていれば、安全だ。

 それも相対的な安全でしかないが。

 大きな叫び声が聞こえてきた。
 体長三メートルはあるようなクマが出てきた。
 目が赤く光っているし、ただのクマというよりはモンスターの部類だろう。魔法石を持ってるかどうかでそれがわかる。まあ、それってつまり退治したあとってことになるわけだけど。

 マーセル夫妻を守っている兵士たちが厳戒態勢を敷く。ただ、夫妻はそう恐れているわけでもないので、警護兵でどうにかできる次元なんだろう。

「せっかくだし、レナ、あなたの実力を両親に見せてあげたら?」
 レナが楽しそうに言った。
「あんまり親のためにっていうと気が進みませんけど、誰かが倒さないといけないわけですし、やりますよ」

 レナは颯爽と飛び出すと、川の真ん中あたりでクマと対峙した。
「川の中か。あんまり足場はよくねえけど、やれないことはねえかな」
 カタリナさんが「ミレーユ、一人で大丈夫なの!?」と不安そうに声をかけていた。女親だと心配もするよな。

 けど、Sランク冒険者があんなのに不覚をとることはありえない。
 それはSランク冒険者として胸を張って言わせてもらう。

 間違いなく、レナは勝つ。あとはどんなふうに勝つかだけだ。
 その様子、しっかり見物させてもらおうじゃないか。

 ちなみにミーシャはレナを料理中のショーだとでも思ってるみたいに口を動かして魚を食べていた。
 

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ