挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
はぐるまどらいぶ。 作者:かばやきだれ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/335

⚙⚙⚙ 能力おろし ⚙⚙⚙

 


 15歳の誕生日で、能力おろしの日だ。
 魔無しの救済、最後の砦だ。

 そりゃちょっとは期待してる。
 学校のクラスで魔法が使えないのは私だけだ。

 神様は、救済を与えてくださる。
 くださる、ハズ。

 隣街の教会はステンドグラスがとってもきれいだ。
 あんまり信仰心がない私でも、感じる美しさや、神聖さがある。
 太陽みたいにひかる神話を象ったモチーフがきれいだ。

「準備はよろしいですか?」

 すっかりステンドグラスに気をとられていた。
 優しそうな女性の神官さんがこちらに笑顔を向けている。

「えっと、ど、どうすればいいの、でしょう?」

 なんか、プチ挙動不審になっちゃった……。
 神官さんは微笑ましい小動物を見るような感じだ。
 たまにここに来るであろう、私みたいに魔法がダメな子らも、やっぱりこんな感じなのかな?

「こちらへ。ここに両膝をつけてください」

 言われたとおりに進み、魔法陣? のようなものがある石の円の中に進む。
 白い石の上に削りだされていて、所々に魔石も埋め込まれている。お昼の陽射しが先ほどのステンドグラスから射し込んで、あたたかい。

「ゆっくり息をはいて、穏やかな心を意識してください。まぁ、穏やかさって、意識するようなモノじゃないかもですけど」

 なんかチャーミングな神官さんだな。
 オトコの人はこういう人がいいんだろうな。
 白い服にかかる、くせのある栗色の髪が目を惹く。

 いいなぁ。私の髪は色素の薄い金髪なのだ。
 ぱっとしない色で、細くて結わえにくい。
 クセがなく、ストンと腰までおちてしまう。
 当然、(ひざまず)いた私の肩から、サラサラとこぼれる。

「まぁ……」
「?」

 神官さんが何か変な反応だったが、もうすぐ正午、能力おろしの時だ。
 太陽の力が一番の時。ここを逃すわけにはいかない。
 気にせず、胸の前で手を組み、祈りを、ささげる。

「では……」

 魔法陣が光りだす。
 昼間なのに、うすぐらい暗闇が広がる感覚。
 魔石が淡く輝いている。
 ……っていうか目ぇ開いてたらダメじゃんあたし。
 集中集中……。

 あぁ、でもこれでやっと魔法が使えるのね。
 どんな系統になるかな。楽しみだな。
 炎とかいいな。強いし。
 あ、でも闇の魔法使いとかも憧れる。
 土はちょっとやだな。
 水は生活魔法のイメージが強いしな~。
 とにかくハデで、クラスの連中を見返せられる属性がいいなぁ~。
 昨日あんまりにも連中が馬鹿にしてくるから、
「お前らみんな私の魔法で地獄おくりだ!!」
 って啖呵切っちゃったんだよな~。あちゃ~。

 なので神様お願いします。
 どうか、
 どうか、
 みんなに吠え面かかせるような、
 すっごいすっごい特大魔法を、、
 私めに~~~~!!!!!




 ****〈神官さん視点〉****


「(す、すごい必死な表情ですね……ッ!?)」

 目の前のおんなの子の必死なオーラに当てられている最中、突然バチッと、床に埋め込まれた魔石から音がした。

 急激に魔法陣から魔力が抜けていく。
 光は外から内側に、すぐに消えてしまった。
 普通はもうちょっと緩やかにおさまるんだけど……。


「お、おわった、のですか?」

 ハッ、と我に返ると、目の前のオレンジの瞳がこちらを向いていました。

「え、えぇ、そうですね……そのはずです」
「! こ、これで私も、つ、ついに!」
「あ、あはは、では今からあなたを鑑定して、どんな魔法を授かったのかを確認します。今回は能力おろしの日ですからサービスですが、次に鑑定してもらう時はもちろんお金を払ってくださいね」

 うーんさっきの何だったんでしょう。
 だいじょぶでしょうか。3年の神官生活で初めてです。
 でも能力おろしが失敗したって聞いたことないですし。
 弱い力を授かった子でも、生活魔法の水くらいは出してましたし。最悪それと同レベルでも、まぁ食いっぱぐれはないですよね。旅に水使いあり、です。

 さて、では……
 「鑑定(ステータス)!」


 …
 ……
 ………


 アンティ・キティラ
 人間(♀)15歳
 スキル:歯車法(はぐるまほう)Lv.1



 うわぁ、これどうやって説明しましょう。







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ