挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

集団戦と夏休みの開始

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

313/325

ギルド戦・予選掲示板

【悲しみの】国家対抗・ギルド戦 予選スレ17【ルスト】

TBで開催中のギルド戦、予選について語るスレです。
スレはマナーを守って正しく使いましょう
次スレは>>930が宣言して立てること

345:名無しの魔導士 ID:KV9RNfN
やったぜ、初勝利ぃぃぃぃぃ!!

346:名無しの重戦士 ID:9VYhDya
壁を壊すタイミングが難しいよね

347:名無しの弓術士 ID:mWy3dQP
防御が上手い相手だと、空いた壁までしっかりカバーしてくる
で、じわ押しされて判定負けと
もちろん防衛線が横に伸びるから、突破できなくても無意味ってことはないが

348:名無しの騎士 ID:xYQ28eX
>>345
え、今頃?

349:名無しの武闘家 ID:FfJRyHL
忙しくて参加できなかったのか?

350:名無しの魔導士 ID:KV9RNfN
>>349
いや、普通に初日から参加しているよ?
だって通算成績が昨日で1勝23敗だもん!

351:名無しの軽戦士 ID:3QNztz4
だもんって、弱すぎるだろ……
それだとレートもかなり下なんじゃ?

352:名無しの魔導士 ID:KV9RNfN
相手もこっちもミスだらけのグダグダマッチだった!
ある意味いい勝負だったぜ……ふぅ……
そんなレート帯ということで、まあ、察してくれ
ついでに私はスレタイで言うところの、悲しみの国所属なので

353:名無しの神官 ID:QRkjKAa
本当、ルストはどうしてあんなことになってるんだ……

354:名無しの魔導士 ID:KV9RNfN
土が良過ぎるのがいかんのですよ
周り生産者ばっかり



「ちょっと、シュウヘイ! この内容では全然役に立ちませんわよ!」
「お、落ち着いてマリーっち! まだ、もう少し読めば良い情報がきっとあるって!」
「自分たちと違うプレイスタイルの人たちのお話って、面白いですねぇ。静さんはどう思います?」
「お嬢様もこの方たちほどとは申しませんが、もっと心に余裕をお持ちになられた方がよろしいかと」
「シズカ、あなたねぇ!」
「大事な情報というものは、案外何気ない場所で見つかるものです。お嬢様には、それをしっかりと掬い上げる目を養っていただきたいと、はばかりながら申し上げます」
「ぐぬっ……」

 静さんのド正論にマリーが黙る。
 まぁ、正直この先に有用な情報があるとは限らないのだが……。
 ともかく、見てみようじゃないか。
 最新のレスまではそれなりに量がある。



387:名無しの軽戦士 ID:uyuDMSJ
そういえば、単独突破で旗を奪った人っている?

388:名無しの神官 ID:47Jmj5A
>>387
それはどういう状況で?

389:名無しの軽戦士 ID:uyuDMSJ
砦内に思いっ切り押し込まれて、
最後の抵抗で野戦ゾーンを駆け抜けたのよ、一人で
防御がもたないのと目立たないように一人だったんだけど、
まずは敵砦の壁に見つからないように張り付く
で、リスポーンしてくる敵が途切れるのを見計らって、
潜入してゲット! って感じだった
長文失礼

390:名無しの重戦士 ID:EciaedH
それは凄い……どんな気分だったよ?

391:名無しの軽戦士 ID:uyuDMSJ
正直、脳汁出まくりだった
心臓もバクバク
最後までもたせてくれた味方に大感謝

392:名無しの武闘家 ID:FfJRyHL
ウチは野戦ばっかだったけど、そういうのもあるのか
押し込んだ時は見張りを立てた方がいいかもな、砦入口と旗の前

393:名無しの騎士 ID:xYQ28eX
砦内って結構入り組んでいるからね
上手くやればそういうこともできるみたいだよ
もちろん、野戦で押せるならそっちの方が良いんだけど

394:名無しの軽戦士 ID:a55ye6Q
砦内を罠で一杯にしておくのも悪くないよ
何戦か当たった相手だと警戒して砦に入って来なくなるから、
その間に体勢を整えたりも有効

395:名無しの魔導士 ID:rQs3JeY
あー、そういえば複数回戦ったギルドもあったなぁ

396:名無しの弓術士 ID:x8HYFnf
さすがにギルドはプレイヤーほど数はないし、
活動時間帯が近いと被るよね

397:名無しの弓術士 ID:GVyHUWE
段々と互いに人読みするようになってきて、それはそれで楽しかったり



「あ、これは使えるんじゃないか? 極々当たり前の、そもそも事前にやろうと思っていたことだけど」
「人読み、つまり相手の癖を掴むということですから……戦前の情報収集ですわね?」

 マリーの言葉に俺は頷いた。
 やはりこれくらいは気付いていたか。

「確か、公式サイトで予選の試合を何戦か運営が上げていましたわね。それでしたら、対戦相手のものは見ておくつもりでしたけれど。高レート帯のギルドは、大抵リストの中にありましたから」
「対戦相手に限らず、なるべく多くの試合を見ておくのをお勧めするぞ。自分たちにはない戦い方とか、劣勢の際の砦の使い方とか、参考になるから」
「ああ、それはいいですね。ボクたちシリウスの戦いって、不思議と大勝か大敗ばかりで――」
「……ツカサ」
「あ、はい! 失礼いたしました! 黙ります!」
「マリーっちの睨み、すげえ迫力あるなぁ……え、えーと、もう少しだけ続きを見ようか?」

 秀平が引きつった笑みでタブレットを渡してくる。
 俺はそれを受け取ると、掲示板の続きに目を通した。



412:名無しの弓術士 ID:eFNVnmH
そういや、応援NPCの特殊スキルを見たって人いる?

413:名無しの武闘家 ID:VL6VZUp
何それ、全然知らん

414:名無しの神官 ID:QWwAxtu
正直、応援NPCは見るだけで嫉妬で胸が痛むから嫌なんだが……
どんなの? それ
全キャラ共通?

415:名無しの弓術士 ID:eFNVnmH
いや、キャラクターによって色々
大抵は現地人の兵士に全体バフがかかるとかなんで、
現実でいう戦意高揚効果みたいな?

416:名無しの軽戦士 ID:CzyrBba
マジかよ、強いじゃん

417:名無しの魔導士 ID:kFMtrbm
まあ、現地人の数が多いほど有用だよね
それでもプレイヤーみっちりのラプソディが1位なんだから、
応援NPCが必須ってことはないんだろうが

418:名無しの神官 ID:QRkjKAa
強いよね、プレイヤーだけのチーム
ラプソディは別格としても、現地人多めよりも安定感がある気がする

419:名無しの武闘家 ID:FfJRyHL
俺はもう本戦は観る側に回ることが決まったようなもんだから、
応援NPCを一杯見たいんだがな

420:名無しの騎士 ID:s5zmxyk
そういえばそろそろ予選も終わりか
今回も累計報酬のスキルポイントの書を回収して終わりだったわ……

421:名無しの騎士 ID:WpeZyeD
俺もそんなもん

422:名無しの魔導士 ID:FVBF3y5
一回だけ序盤で強いギルドと当たったけど、
レベル差・装備差以上にプレイヤースキルの差が酷くて絶望したなぁ
ちなみにそのギルドですら国別10位止まりというね

423:名無しの武闘家 ID:AQDrzn3
僕は序盤で勇者ちゃんと本体を見られたんで満足です、はい



「そういえば、師匠たちも応援NPCを確保できたのですか?」
「も、ってことはシリウスは確保できてんのか。俺たちのところにもいるよ」
「応援NPCの使い方も大事ですわね。何と言いますか、取り立てて劇的な改善案のようなものはありませんでしたけれど、頭の中が整理されたような……やりますわね、掲示板。今までは噂や情報の確認にしか使っていませんでしたけれど、見直しましたわ」

 マリーが何度も頷きながら掲示板の存在を褒めている。
 確かにその通りで、掲示板というものは現状確認にうってつけである。
 結局本戦までの短期間で必要なのは、対戦相手の情報収集と自分たちの戦術の完成度を上げることだ。

「ありがとう、シュウヘイ。中々に実りのある時間を過ごせましたわ」
「いやいや、なんのなんの」
「ワタルもありがとう。帰ったら動画のチェック、してみますわ。自分たちのリプレイを見直すのも悪くないわね」
「ああ、俺も話していて色々と再確認できたよ。本戦で当たるかどうかは分からないけど、お互いに頑張ろうな」

 それからしばらく雑談に興じ、食事も済んでその場はお開きとなった。
 しかし別れ際に、マリーが俺たちにこんなことを言ってくる。

「お二人とも、来週のご予定をお聞きしてもよろしいかしら?」
「うん? 特に用事は入っていないけど。秀平は?」
「課題も終わったから、割と完全無欠に暇だけど? 何かあんの、マリーっち」
「実は、一緒に行く予定だった友人にキャンセルがありまして。もしよろしければ、わたくしの避暑地にご同行願えませんこと? あの猪女と、ワタルの妹さんも一緒に」

 その提案に、俺たちは思わず顔を見合わせた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ